ドラマ【スカム】2話ネタバレあらすじ!地獄の新人研修で杉野遥亮が覚醒?

ドラマ【スカム】2話のネタバレあらすじ!

若者の振り込め詐欺を描いたドラマ『スカム』の2話が放送されました。

杉野遥亮さん演じる誠実が受けた地獄の研修の先に待つものとは!?

『スカム』2話のあらすじとネタバレ、感想、放送局、放送日を紹介します。

ドラマ【スカム】2話はNetflixにて見逃し配信をしています。

スポンサーリンク

ドラマ【スカム】2話のネタバレあらすじ

地獄の新人研修

誠実(杉野遥亮)を待っていたのは投資用マンションの営業電話の研修。壮絶な厳しさで、実施される業務は、実は振り込め詐欺のスタッフになるためのテストであった。

周りは詐欺と知らずに応募してきた若者ばかりで、誠実はそこで子持ちのダメ男清宮(前野朋哉)と知り合う。鬼コーチ毒川(和田正人)のしごきで次々と脱落者が出るなか、誠実は前職の営業で培ったスキルで一目おかれる。

衝撃の社会見学

研修最終日、毒川は“社会見学”と称して最後まで研修に残った誠実清宮ら五人を外に連れ出し、裕福な年寄りと、貧乏な若者の生活の格差を見せつける。

番頭・神部(大谷亮平)の登場

現実にショックを受けた彼らの前に番頭の神部(大谷亮平)が現れる。神部は老人を“日本のガン”と言い切り、誠実たちを振り込め詐欺の世界へいざなうのであった。

ドラマ【スカム】2話の感想

ドラマ【スカム】2話に対してSNSでは様々な感想が飛び交っています。特に盛り上がっている感想をまとめました。

描写がリアル

作中に登場する年寄りや詐欺の描写がなんともリアルでした。

小林監督の魅力がさく裂!

ドラマ【スカム】を担当している小林監督は、社会派作品に定評がありますが、今回のドラマ【スカム】でもその魅力はさく裂!監督のファンもお気に入りの作品みたいです。

監督本人も満足の作品みたいですね。

ドラマ【スカム】2話のまとめ

遂に、詐欺グループの全貌が見えてきそうです。2話では、まだまだ研修中でしたが、3話以降では本格的な詐欺が始まりそう!

原作が鈴木大介さんのルポライト『老人喰い』を考えると、実際の詐欺描写も相当リアルになるかと!楽しみですね。

このまま最終回まで誠実の行く末を追いかけていきましょう。

『スカム』の放送は以下の通り
MBS:毎週日曜深夜0:50~
TBS:毎週火曜深夜1:28~
Netflixにて見逃し配信も実施中!

※記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク