【刑事7人】シーズン5のキャストとあらすじ!4の二つの大失敗は改善なるか?

2019年夏のテレビ朝日「水9枠」の刑事ドラマが「刑事7人」シーズン5に決まりました。

シーズン5というロングランとなった東山紀之演じる刑事・天樹悠らがますますパワーアップして帰ってきます。

「刑事7人」シーズン5のキャストとあらすじなどをまとめました。

2019年夏、テレビ朝日水9の刑事ドラマに「刑事7人」が帰ってきます。 新たに発足された「専従捜査班」に加わった主人公・天樹悠…
【夏ドラマ2019】7〜9月期放送新番組情報の一覧と番組表! 7月スタートの夏ドラマの主演は、石原さとみ、深田恭子、上野樹里、黒木華、…

前シリーズを視聴するには?

前回の「刑事7人」シーズン4は「U-NEXT」で配信中です。

初回入会に限り31日間無料で楽しむことができます。

シーズン5に備えて予習しましょう!!※全て2019/6/13現在の情報

スポンサーリンク

【刑事7人】シリーズ概要

テレビ朝日水曜9時に放送されている主演・東山紀之とチームを組む6人の活躍を描いた刑事ドラマです。

5年目のロングランに突入!!

テレビ朝日の「水曜9時」といえば数々の人気刑事ドラマを放送してきました。

  • 「はぐれ刑事純情派」:全18シーズン
  • 「相棒」:現在17シーズン
  • 「特捜9」:「警視庁捜査一課9係」と合わせて現在14シーズン

と上記三つが別格ですが、「刑事7人」も第5シーズン突入のロングラン作品に仲間入りしました。

平均視聴率

  • シーズン1:9.6%
  • シーズン2:10.3%
  • シーズン3:11.3%
  • シーズン4:11.8%

とシリーズを重ねるごとに上昇しており、シーズン4は1度も1桁台を出すことはありませんでした。

「水9」の看板ドラマへ

そして、テレビ朝日の水曜9時

  • 春:「警視庁捜査一課9係」→「特捜9」
  • 夏:「刑事7人」
  • 秋・冬:「相棒」

というローテーションが定着しました。

「刑事7人」も看板刑事ドラマになるのでしょうか?

【刑事7人】シーズン5のキャスト 主要人物

チームを組む7人は変更ありません。

シーズン4開始時点から1年が経ち、により凶悪な事件に対抗する「専従捜査班」を兼任することになります。

東山紀之(役:天樹悠)

警視庁刑事部刑事総務課刑事資料係 兼 専従捜査班

階級:巡査部長

捜査資料を保管・維持・管理する「刑事資料係」に配属され日々膨大な資料を読み込んでおり、”人間犯罪ビッグデータ”と呼ばれている。

地道に証拠を積み重ねるスタイルで事件を解決し、犯人に対しては辛辣な言葉を浴びいせることも多い。

白洲迅(役:野々村拓海)

警視庁刑事部刑事総務課刑事資料係 兼 専従捜査班新人刑事

シーズン4から配属された「事資料係」。

刑事にあこがれていたが好奇心旺盛でおっちょこちょいなのが玉に瑕。

天樹らの元で学び経験を積み「専従捜査班」で第一線に立つ刑事となる。

吉田鋼太郎(役:片桐正敏)

警視庁刑事部刑事総務課刑事資料係 係長 兼 専従捜査班

階級:警視

善悪定かならぬ人物であり、超権力主義者。さらに「多くの失態がありながらも現在の階級にいるのは上層部の弱みを握っているから」という噂も立っている。

ベテランで階級も高いために警察組織に従っているが、熱い正義感も持ち合わせており天樹の捜査を後押しすることも多い。

シーズン5で「専従捜査班」の必要性を上層部に強く押して実現させた。

倉科カナ(役:水田環)

警視庁刑事部捜査一課12係 兼 専従捜査班

階級:巡査部長

容姿端麗、アメリカに留学経験がある帰国子女で高い観察力の持ち主。

男社会である警察組織に息苦しさを感じつつも同時に嬉しさも感じており、そんな自分に戸惑っている。

シーズン4からは青山とコンビを組んで捜査をすることが多い。

塚本高史(役:青山新)

警視庁刑事部捜査一課12係 兼 専従捜査班

階級:巡査

非常に強い正義感をを持つ刑事で、それゆえに暴力を振るい謹慎処分になったこともあった。

一般的な感情や常識が欠落した犯罪者(サイコパス)の行動原理を肌感覚で掴んでいる。

天樹にかわって新人の野々村の面倒を見ておりやんちゃだった自分自身も成長していく。

だが、「組織に組み込まれない」という自身の信念は忘れていない。

田辺誠一(役:海老沢芳樹)

警視庁刑事部捜査一課12係 主任 兼 専従捜査班主任

階級:警部補

出世欲とプライドが高い刑事。また、過去の事件から警察上層部への不信も強く他の人物とも深く関わらないでいた。

が、天樹らと行動をすることで考え方が変わっていった。

「チームのため」に昇進試験に挑んでいるが結果は上手くいっていないのが悩みの種。

北大路欣也(役:堂本俊太郎)

法医学者で東都大学医学部長

第11方面本部準備室と管轄・司法解剖担当

天樹の義父にあたる人物で50年近く身を置く法医学界の世界的な権威。

その高い法医学に関する知識と技術で天樹達をサポートする。

【刑事7人】シーズン5のキャスト 継続キャスト

片岡愛之助(役:山下巧)

シーズン1から3まで「刑事7人」としてともに捜査をしていた人物。

現在はある場所にいてシーズン5第1話では天樹に事件に関わる重要な情報を提供した。

「この山下にお任せを」という決め台詞も健在。

【刑事7人】シーズン5のキャスト 新キャスト

シーズン5から登場する新しいキャストはまだ発表されていません。

どのような人物が新しく登場するか楽しみですね。

【刑事7人】シーズン5のあらすじ

2019年夏ー

日々凶悪化、複雑化していく犯罪や未解決事件に対して警視庁は「専従捜査班」という独自部署を発足しマスコミにも大々的に発表された。

特に凶悪な事件を扱う「専従捜査班」は警察組織とは別に独自の判断で行動することができ、時には「司法取引」を実行するなど組織の論理を超えた行動も可能となったのだ。

第1話では金曜日に”金ぱくを口に詰め窒息死”、土曜日に”植木鉢を遺体に被せる”といった曜日に見立てたかのような殺人が発生、現場には「オマエタチ ハ ムリョク」等警察を挑発するメッセージが残されたいた….

「刑事資料係」と「専従捜査班」を兼任することになった主人公・天樹悠ら7人が再び事件に挑む!!

【刑事7人】シーズン5のみどころ

シーズン4からどう変わる?

主要メンバーはシーズン4から変化ぜず、専門部署になり組織のしがらみなどを抜けてより凶悪な事件に挑めるようになるようです。

第1話あらすじも考えると事件は「ストロベリーナイト」のようにより凶悪・猟奇的になるかもしれません。

雰囲気も全体的に重めになるのでしょうか?

【刑事7人】シーズン4の大失敗は改善される?

田辺誠一と吉田鋼太郎の出番が少なかった

シーズン4はこの2人の活躍が少なく「7人になっていない」という不満・厳しい声もありました。

田辺誠一(海老沢芳樹)

シーズン4より登場、ある過去の事件により警察組織に不信感を抱いており優秀だが周囲との折り合いも悪い刑事でした。

この過去の事件は早々と扱われましたが、それ以降は後半まで出番すらありませんでした。

海老沢芳樹を演じる田辺誠一のスケジュールの都合なのか元々出番は序盤と終盤で決まっていたようです。

その結果、「新メンバーである海老沢が馴染みきれなかった」という印象が残りました。

吉田鋼太郎(片桐正敏)

片桐正敏を演じる吉田鋼太郎は「おっさんずラブ」でまさかのヒロイン?も演じていたこともありシーズン4ではコミカルな面もありました。

一方、吉田鋼太郎は2019年5月のスペシャルドラマ「死命~刑事のタイムリミット~」では死期に直面しながら最期まで事件を追う”刑事魂”を熱演していました。

田辺誠一の出番や吉田鋼太郎の渋い刑事に期待したいです。

謎を残したままだった

シーズン4最終回では片桐が追っていた18年前の事件「九頭竜商店殺人事件」が扱われ、最後に7人が集結するシーンがありました。

事件を解決して大団円……..と思われましたが、

天樹「この事件はまだ終わっていなかった!」

と机を叩き、あるDVDを見せました。そして、そのDVDを見て驚愕する一同で終了しました。「九頭竜商店殺人事件」の真実なのか、別の事件なのか天樹の真意は分かっていません。

「次のシリーズに引っ張らないで欲しい」という不満も多かったです。

このことはシーズン5全体の中核となるのでしょうか?

【刑事7人】シーズン5のスタッフ

  • 脚本:吉本昌弘ほか
  • 監督:兼崎涼介ほか
  • 音楽:奈良悠樹
  • エクゼクティブプロデューサー:山内聖子(テレビ朝日)
  • ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)
  • プロデューサー:山川秀樹(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)、井元隆佑(東映)
  • 制作:テレビ朝日、東映

【刑事7人】シーズン5放送はいつ?

放送日 2019年7月10日(水)~
放送時間  21:00~21:54
放送局 テレビ朝日

4の大失敗は改善されて、

夏の刑事ドラマといえば「刑事7人」!!

と看板として定着するでしょうか?7人の新しい活躍が今から楽しみですね。

この記事で使用している画像の引用元:テレビ朝日「刑事7人」公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク