【ラジエーションハウス】9話の視聴率とネタバレ!医師と技師の壁を越えた2人に進展が?

ラジエーションハウス4

月9ドラマ【ラジエーションハウス】9話が6/3(月)に放送されました。

放射線科=ラジエーションハウスに属する、放射線技師・科医たちの奮闘する姿をリアルに描いているドラマとなっています。

大物政治家の偽装入院を機に、あの二人がいい関係に?

今回は、【ラジエーションハウス】9話の視聴率とあらすじネタバレ、感想についてご紹介。

見逃してしまった方は、FODプレミアムにて視聴できます!

スポンサーリンク

【ラジエーションハウス】9話の視聴率

ラジエーションハウス9話

【ラジエーションハウス】9話の視聴率は6/4(火)に更新予定です

【ラジエーションハウス】9話のあらすじとネタバレ

~【ラジエーションハウス】9話のあらすじ~

唯織(窪田正孝)は、病院内で意識を失って倒れ、エスカレーターから転落した杏(本田翼)に駆け寄る。杏は、エスカレーターを転がり落ちた際に頭部を強打しており……。

同じころ、甘春総合病院に、大物政治家の安野将司(中村梅雀)が極秘入院することになった。辻村(鈴木伸之)の父親で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)が、鏑木(浅野和之)に依頼したのだ。安野は、政治資金に関するスキャンダルから逃れるために1週間ほど身を隠したいのだという。丈介は、辻村を安野の主治医にするよう、鏑木に頼んだ。

ところがその矢先、安野が甘春総合病院の裏口で、ゴルフスイングのまねごとをしている写真が週刊誌に掲載されてしまう。記事には「偽装入院」などという文字も踊っていた。押し掛けてきたマスコミに、出勤早々囲まれてしまう裕乃(広瀬アリス)小野寺(遠藤憲一)たまき(山口紗弥加)らラジエーションハウスの面々。一方、記事に激怒した安野は、何かしらの入院理由をつけてすぐにでも発表するよう、鏑木と辻村に命じるが……。

~【ラジエーションハウス】9話のネタバレ~

安野の検査を辻村は指示したが、それは「形だけの検査」。

その頃、唯織は杏の病室で肩の様子をみていた。

「もう痛みはない」と聞き何か怪しいと感じた唯織は、安野の検査を始めようとしていた辻村の元へ行き、杏の再検査を求めたが「患者を診るのは医師の仕事」と言い拒否。

そこへ丈介が現われ安野の検査中止を命じ、辻村自身も言われたい放題だった。

ラジエーションハウスのメンバーたちは「このままでいいのか」と辻村に問い、検査を続けることに。

次々に検査をするが何も見つからず不安そうにする辻村は、記者たちへの会見の準備をするため診断書を書きに戻る。

安野の検査は最後のバリウム検査だけとなり、検査終了後に何かを見つける面々。

スキルス胃がんが見つかった安野は、そのまま治療へ専念することとなった。

この一件により、技師たちへの見る目が変わった辻村。

そして唯織は杏の病室に向かい、肩が気になること、重い機能障害が残る可能性があると話し、再検査のオーダーを出してほしいと頼むが、そこへ辻村が現われオーダーを出してくれることに。

再検査で脱臼していることが分かりオペをしなければならなかったが、関節鏡の経験があまりない辻村は別の誰かに頼もうとしていた。

唯織は「他の医師の方が優秀だと思えない」と、辻村が丁寧な治療を行っていることをいつも写真で見ていると話す。

辻村はオペのシミュレーションを重ねオペを迎え、丈介から届いた入局の推薦状には辞退する返事を書いた。

杏のオペは無事に成功し、唯織の写真のおかげだと辻村は報告。

ラジエーションハウスのメンバーたちにもお礼を言い、唯織と握手を交わした辻村は「仕事も恋愛もライバル」と宣言したのだった。

【ラジエーションハウス】9話の感想まとめ

「医師は医師」、「技師は技師」という考えを捨て、謙虚さを身に着けた辻村先生は無敵になりましたね!

最後には、唯織と辻村が握手を交わし、「ライバル」宣言も!!

この2人のシーンには、胸キュンした視聴者の方も多かったのではないでしょうか?

最終回に近づいてきていますが、この2人のライバル関係にも更なる変化があるのかにも注目していきたいですね。

次回は元院長である杏の父親が登場するようです。

第10話は6/10(月)21時~の放送となりますので、お見逃しなく!!

記事内の画像・動画出典:ラジエーションハウス 公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク