2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【なつぞら】53話の視聴率とあらすじ!なつ(広瀬すず)合格でラブレター熊に変身!?

なつぞら子記事

【なつぞら】53話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第53話が2019年5月31日(金)に放送されました。

なつ(広瀬すず)がついに合格で、ラブレター熊に変身(!?)して…。

今回は【なつぞら】53話の視聴率・あらすじ・感想について。

【なつぞら】52話の視聴率とあらすじ!咲太郎(岡田将生)の生き方になつ混乱?
【なつぞら】52話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第52話が2019年5月30日(木)に放送されました。 咲太郎(岡田将生)の生き方になつ(広瀬すず)が混乱、視聴者も賛否あるようで…。 ...
朝ドラ【なつぞら】のキャスト一覧・相関図とあらすじ!広瀬すず主演!
朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生!2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【なつぞら】(当初の「夏空-なつぞら-」から「なつぞら」へタイトル変更されました。2018年4...
スポンサーリンク

【なつぞら】53話の視聴率

『なつぞら』53話の視聴率は、20.1%!

【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで!なつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)の夢はあの「火垂るの墓」!
【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで! NHK「朝ドラ」こと連続テレビ小説の第100作『なつぞら』が2019年4月~9月まで放送! 気になる最終回では、広瀬すず演じるヒロインの育ての祖父・泰樹(草刈正雄)がなんと90才...

【なつぞら】53話のあらすじ

53話のあらすじ(事前情報)

咲太郎(岡田将生)がどんな思いを持って今の生活を選んだのか、亜矢美(山口智子)から知らされたなつ(広瀬すず)。兄の本心を知ったなつは、風車の2階に住む咲太郎を訪ねる。すると咲太郎は、自分が余計なことをしたせいで、なつが東洋動画の試験に落ちたのだと打ち明ける。落ち込む咲太郎に対し、なつは、再び秋にある東洋動画の試験を受けること、そして、もしそれが駄目でも、必ずいつか漫画映画を作ると宣言する…

出典https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-05-31&ch=21&eid=10858&f=4681

53話のあらすじから事前レビュー

前回、咲太郎の思いを知ったなつ。今回で、ついに和解に至るようです。

すぐに勘違いする咲太郎。そして、なつの激昂(=兄のすることが分からないと叫ぶ)など…。

北海道十勝編とは違って、朝から穏やかでない展開の続く『なつぞら』。

それだけ兄には感情を抑えてないとも言えますが、

周りが動いてばかりのヒロイン、という視聴者の批判もあります。

そんな中、第53話ではアニメーターという目標を兄に改めて宣言する、なつ。

しかも「必ずいつか漫画映画を作る」というあらすじのひと言が希望的。

「どうせ私なんか」と言って、あまり応援できないヒロインから、前向きなヒロインへの成長に期待です。

53話のあらすじネタバレ

なつは兄のせいじゃない、自分の実力がなかっただけだと言う。そしてこれだけは諦めないと宣言。

自分には諦めきれないものがない、そんな自分が他人の力になるなんて…咲太郎は自分を卑下した。

なつ「お兄ちゃんはそこにいるだけで私の力だよ

なつは父の描いた絵を兄に渡し感謝を述べたが、返された。

咲太郎は、なつが命を吹き込んだ絵をずっと見せて欲しいからだ、という。

その頃、柴田家に手紙が届く。落ちたが再募集に挑戦すると知った。

〈9月〉

東洋動画の仕上げの部署に挑戦したなつは、ついに合格を果たす。

足をバタつかせ「やったやったやったやった」

柴田家でも熊をなつに見立てて祝杯が上がる中、北大の夕見子(福地桃子)からもなつへ電話がくる。

夕見子「おめでとう、なつ。負けんな。中に入ったらとにかく負けんな。負けたらつまらんぞ。」

なつ「負けない。とくに夕見には」

夕見子「はいはい。お金もったいないからきるね」

なつは、亜矢美(山口智子)に住まわせてもらえないか頼んだ。

入社が決まったので川村屋の寮を出るのだ。亜矢美は快諾した。

【なつぞら】53話の感想

なつ(広瀬すず)合格におめでとうの声!

あっという間に9月。なつがついに合格しました。

柴田家が熊の木彫り(≒なつ?)を前に乾杯、夕見子も照れながらなつに電話をかけ、同部屋の佐知子(水谷果穂)も祝福。

不穏な展開が続いた東京新宿編でしたが、ほっこり温まる『なつぞら』が帰ってきました。

なつが熊に!別名:ラブレター熊!?

しかしナゼ、熊がなつになったの?

熊=なつは意味不明ですが、熊に微笑む照男(清原翔)の様子から、分かることがあります。

ラブレター熊で分かる照男(清原翔)の恋

なつが木彫りの熊に変身したことで分かるのは…

砂良(北乃きい)と照男の関係が良好

なこと。

(付き合ってるかは分かりませんが、少なくとも照男の想いが続いているのは明白。)

末っ子の明美(平尾菜々花)曰く、「ラブレター熊」らしいです。

そもそもこの熊は、第40話で砂良が柴田家に持ってきた返礼品。

鮭を頬張る木彫りの熊を初めて見た際、「クマがラブレターくわえてる!」と明美が言っていました。

それは、なつが楽しく話した砂良のエピソードから。

「山奥に住む砂良のもとへ、熊がラブレターのように鮭を持ってきてくれるの」という笑い話が元ネタです。

砂良を思い起こす「ラブレター熊」をなつに見立てると、砂良のことも思いだしてしまうはず!

なのに、照男が熊に祝杯を上げるということは関係良好、というより照男の恋に進展があった?(と想像させます。)

※次回54話のあらすじと感想はコチラ

【なつぞら】54話の視聴率とあらすじ!広瀬すず「裏方が好き」が意味深!?
【なつぞら】54話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第54話が2019年6月1日(土)に放送されました。 なつと暮らすことになった咲太郎(岡田将生)が父の得意料理ふるまって…。 放送後、広...