【やすらぎの刻~道】34話の視聴率とあらすじ!やすらぎの郷の未来が危ない!?

【やすらぎの刻~道】34話の視聴率とあらすじ!
倉本聰脚本『やすらぎの刻~道』34話が2019年5月23日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
34話の視聴率とネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】視聴率と最終回ネタバレ! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】34話の視聴率

**

【やすらぎの刻~道】34話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】34話のあらすじを紹介します。

『やすらぎの刻~道』34話・公式HPあらすじ

 菊村栄(石坂浩二)ら一同に見守られながら、息を引き取った“大納言”こと、岩倉正臣(山本圭)――。だが、高井秀次(藤竜也)は死に顔のスケッチをやめないばかりか、大納言はまだ自分が死んだことに気づいていないのではと無神経なことを言い出し、白川冴子(浅丘ルリ子)を怒らせる。
そして大納言の葬儀の夜――。菊村栄(石坂浩二)といつもの仲間たちが、『カサブランカ』に集まって…。

『やすらぎの刻~道』34話あらすじ・ネタバレ

大納言に別れを告げた冴子、マヤ、マロの三人の会話。

「大納言のあとに誰が入るかな」などとマヤ(加賀まりこ)は言い始める。
『やすらぎの郷La Strada』の入居希望者は160人もいるという。「いいものがある」とマヤが見せたのは、空室待ちのリスト。
リストを見ながら、誰が入居すればいいとか悪いとかチェックを始める冴子。
リストをどこから手に入れたのかは、明かさないマヤ。

**

理事長・名倉と菊村は、大納言の墓地についてを相談する。
大納言の墓地が遠いので、近くに石碑だけでもと考えていると名倉は話す。
名倉の妻みどり(草刈民代)はメモリアルガーデンにしたいと話す。
菊村の年表について話がふれ、これからどんどんと少子化になっていくき認知症が増えていくだろうと想定していく名倉。

「やすらぎの郷は、いつまで継続できるか」と自分たちが老いていき、入居者が増えていくことへの不安を語る。

**

カサブランカで。

ロク(橋爪功)、マヤ(加賀まりこ)、冴子(浅丘ルリ子)、マロ(ミッキーカーチス)、菊村の5人がいる。
ロクが大納言の話をしていると、カウンターにあるろうそく(キャンドル)が揺れている。
それは、心配しているような様子にもみえる。
5人は、そこには大納言がいるのだろう、と推測する。

冴子は、ろうそくに向かい話しかける。そして、お酒をろうそくの横に置き、「いかにも」と献杯する。
すると、ろうそくの炎の揺れが収まった。

菊村らは、そうして大納言を見送ったのだった。

<続く>

【やすらぎの刻~道】34話の見どころ

やすらぎの刻名言

34話の名言はこれ↓↓

【やすらぎの刻~道】34話の感想

『やすらぎの刻~道』勉強になるドラマ!?

確かに色々と考えさせられたり、昔のことを知るきっかけにもなっているのでは。

少子化問題

本日の話の中で少子化にふれています。なんと、女性の過半数が50歳以上になってしまう。出産可能な女性が減るということに。この先どうなる!?日本の未来にも触れていた34話です。

大納言がいなくなり、次は新しい住人が登場しそうですね。
それにしても、入居者希望リストをマヤはどこから入手したのでしょうか。気になります♪♪

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク