ドラマ【マンゴーの樹の下で】のキャストとあらすじ!岸惠子×清原果耶主演!

マンゴーの樹の下で

ドラマ【マンゴーの樹の下で】のキャストとあらすじ!岸惠子×清原果耶主演!

2019年8月8日放送のNHK特集ドラマは『マンゴーの樹の下で〜ルソン島、戦火の約束〜』!

W主演の岸惠子と清原果耶がヒロイン・凛子役をリレーで演じます。

今回はドラマ【マンゴーの樹の下で】のキャストとあらすじについて!

【マンゴーの樹の下で】の動画
動画はNHKオンデマンドまたはU-NEXTで配信予定。※当ページは2019年5月22日時点の情報です。

スポンサーリンク

ドラマ【マンゴーの樹の下で】の主演キャスト

主演は、岸 惠子と清原果耶の2人。同じ役をリレーして演じます。

岸惠子(役:凛子)

登場人物:凛子(平成時代)……戦後の昭和・平成を生き抜いたヒロイン。綾(渡辺美佐子)と小さな写真館を営んでいる。弟がいるが、昭和20年のマニラ空襲で戦死したと思われていた。しかしある日、弟から手紙が届いて―。

キャスト:岸惠子(きし けいこ)……1932年8月11日生まれ。舞プロモーション所属。

・映画の代表作は『約束』(主演)『君の名は』(主演)『かあちゃん』『たそがれ清兵衛』など。
・市川崑監督作品に多数出演している。
・ドラマ出演はNHKのスペシャルドラマ『太陽を愛した人~1964あの日のパラリンピック~』 (2018年8月)以来。

清原果耶(役:奥田凛子)


登場人物:奥田凛子(昭和時代)……本作のヒロイン。太平洋戦争の戦時中にフィリピンで暮らしていた。困窮する本土よりは安定した暮らしだったが、戦況が悪化。出航できず、ルソン島に渡る。さらに凛子には綾と2人だけの秘密があり―。

キャスト:清原果耶(きよはら かや)…2002年1月30日生まれ。大阪府出身。アミューズ所属。

・「アミューズオーディションフェス2014」グランプリを獲得し芸能界へ。
・2015年、NHK朝ドラ『あさが来た』で女優デビュー。
・2018年、NHKドラマ10『透明なゆりかご』でドラマ初主演。同作の演技で第13回コンフィデンスアワード・ドラマ賞・新人賞を受賞。作品自体も平成30年度(第73回)文化庁芸術祭賞テレビ・ドラマ部門大賞を受賞。
・2018年からファッション雑誌『Seventeen』専属モデルも務める。
・2019年はNHK BSプレミアムBS時代劇 『螢草』でも主演を務めている。
・『マンゴーの樹の下で』の撮影はタイで行われること、戦時中のお話しへの出演は初めてなこと、もうすぐクランクインでメラメラしていることを、2019年5月10日のラインブログで記している。

清原果耶(奥田凜子役)のコメント抜粋

「日本に生まれた私は日本で歴史や文化の教育を受け、知識を持ったつもりでいましたが

それだけじゃ到底見つけきれない 戦時中を生きられた方々の想いや葛藤に 今回の作品に携わらせて頂くことで 少しは気づくことが出来れば。。、

今だから 目を向けられることが あったとしたら。

この作品が 戦争や 過去に向き合う勇気を持って頂けるような そんな存在になれれば良いなと思います。」

lineblog.me/kaya_kiyohara/

ドラマ【マンゴーの樹の下で】のキャスト

渡辺美佐子(役:綾)

  • 綾……平成時代に、凛子と写真館を経営していたが、店をたたむことになる。

山口まゆ(役:?)

  • 戦時中のパートに出演。綾の青年期だと予想される。

林 遣都(役:門井)

  • 門井…不動産会社員。凛子に売却を迫る。

大東駿介(役:?)

福田転球(役:?)

安藤サクラ(役:?)

  • 田宮(伊東四朗)の娘役を演じる。
  • 朝ドラ『まんぷく』後、初めてNHKドラマに出演。

伊東四朗(役:田宮)

  • 田宮……凛子の写真館の現像機器のメンテナンス担当。凛子と綾を長年支えてきた。

ドラマ【マンゴーの樹の下で】のあらすじ

【物語】
地域で長年親しまれてきた駅前の小さな写真館が、平成の時代に入り、店をたたもうとしている。その店は、凛子(岸 惠子)と綾(渡辺美佐子)という二人の女性によって営まれてきた。だが綾が亡くなり、凛子はそろそろ潮時かと思い始めている。不動産会社員・門井(林 遣都)は、ここぞとばかりに売却を説得する。そこに田宮(伊東四朗)が訪ねて来る。彼は、現像機器のメンテナンスでこの店に通いながら、長年二人を支え続けてきた。そして田宮は密かな恋心を凛子に抱きつつけていた。

そこに一通の手紙が届く。昭和20年のマニラ空襲で亡くなったはずの、綾の弟からの手紙だった。フィリピン人社会に紛れ込み溶け込むことで生きてきた弟が綾の住所を探し出し、送ってきたのだ。凛子の胸に、あのルソン島の日々、そして、凛子と綾だけの秘密がよみがえってくる…。

出典:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/319843.html

本作のサブタイトルは、「~ルソン島、戦火の約束~」。

凛子と綾がルソン島でどんな約束を交わしたのか・・・。

メインタイトルの『マンゴーの樹の下で』何があったのか?

(ここから予想)

文豪・梶井基次郎の短編小説『櫻の樹の下には』や、それを元ネタにした太田紫織のミステリー小説『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』では、桜の木の下に死体が埋まっているのですが・・・。

メインタイトル『マンゴーの樹の下で』から推察するに、樹の下に遺体を埋めたのか!?多く亡くなっているので不思議ではないのですが、秘密にするということは、いったい誰を?

ドラマ【マンゴーの樹の下で】の原作

ドラマ『マンゴーの樹の下で~ルソン島、戦火の約束~』の原作はなし

本作は、劇団「てがみ座」主宰・劇作家の長田育恵(おさだいくえ)氏オリジナル脚本です。

長田氏はツイッターもしていて、フィリピンで取材したことを明かしています。

フィリピン攻防戦は太平洋戦争の中で最も凄惨(せいさん)といわれる。

フィリピンには、6000人以上の民間の日本人女性が暮らしていた。

昭和19年、アメリカ軍の猛攻が開始され、戦況悪化。

マニラ湾を出港する船はすべて撃沈され、彼女らは軍の指示に従い、ルソン島内北部へと向かいます。

しかし、多くの女性たちがその旅の途中で命を落としました…。

本作『マンゴーの樹の下で』は、そんな戦火を生きのびた女性たちが書き残した戦争体験をもとに、ドラマを描いていきます。

Based on the truth(真実に基づく)あるいは、Based on historical facts (史実に基づく)作品です。

ドラマ【マンゴーの樹の下で】はいつ放送?

放送日:2019年8月8日木曜

放送時間:よる10時 – 11時13分(73分)

放送局:NHK総合

回数:単発(=特集ドラマ)

※NHK BSプレミアムにて、2019年8月中に89分版も放送予定。

ドラマ【マンゴーの樹の下で】のスタッフ

【作】長田育恵(「豊饒の海」「地を渡る舟」など。紀伊国屋演劇個人賞受賞の演劇界の俊英)

【音楽】清水靖晃

【演出】柴田岳志

【制作統括】佐野元彦(NHKエンタープライズ)、雫石瑞穂(テレパック)、髙橋練(NHK)

の演劇界の俊英・長田育恵氏(『豊饒の海』『地を渡る舟』など)が物語を紡いでいく。

●元号が令和に代わり、最初の「終戦の日」関連のNHK特集ドラマ『マンゴーの樹の下で ~ルソン島、戦火の約束~』は2019年8月8日放送です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク