【やすらぎの刻~道】28話の視聴率とあらすじ!原風景が繋ぐ恋人との時間は運命!?

【やすらぎの刻~道】28話の視聴率とあらすじ!
倉本聰脚本『やすらぎの刻~道』28話が2019年5月15日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
原風景の話で盛り上がる気になる28話の視聴率とネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】視聴率と最終回ネタバレ! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】28話の視聴率

**

【やすらぎの刻~道】28話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】28話のあらすじを紹介します。

『やすらぎの刻~道』28話・あらすじ

ニキビ(関口アナン)の祖父・茂(古川がん)が見つかった。茂は若い頃、思いを寄せあっていたトメ(東山明美)とともに、何十年も前に2人で逢引きしていた場所で、村の住人・ゆき(冨士眞奈美)によって発見されたのだ。根来公平(風間俊介)は、茂とトメの幸せそうな顔に衝撃を受けるが…!?

『やすらぎの刻~道』28話あらすじ・ネタバレ

ゆき(冨士眞奈美)の話によると、トメとニキビの祖父・茂は、いつも水車小屋のところで逢引をしてたそうだ。当時、トメはとても美人でモテていたという。そんなトメを塩沢がみそめた。塩沢は、権力を振りかざし、トメを妻にし、茂を婿養子に出すというこそくな手段で村を追いやったのだ。
当時は、親のいうことが絶対で逆らうことができなかった。二人は泣く泣く別れたのだった。

かつて水車小屋のあるところで、トメと茂は仲良く歌を歌っている。二人はとても楽しそうだった。

結局、茂は知り合いに預け、公平(風間俊介)、ニキビ(関口アナン)、鉄平(平山浩行)は村に戻ることに。
公平は不思議でたまらなかった。

<公平・心の声>
“それにしても、どうやって昔の恋人を探し出したのだろう。
どうやって、水車小屋にいけたのだろう”

**

途中、休憩をとる三人。
公平と同じ思いであったらしいニキビが
「どうしてじっちゃんは迷わずにこの道を歩けたんだろう」と疑問を口にすると、鉄平は珍しく色々なことを話してくれた。

「人にはそれぞれ原風景がある。意識していようがいまいが、子どもの頃にやきついた心の風景だ。誰にも邪魔されない心の景色。
最後はそこに戻りたいと思う。
懐かしくてたまらない景色だ」
トメと茂のことは「神様がそっちに運んでくれたんだ」とも。

満州に行くニキビに、満州は天国のような場所だと言われていることにふれ
「そういう天国に住んでいても、小さな村の風景を思いだすだろう。
それがお前の原風景だ。きっといつか思い出す」
と言うのだった。

その夜、三平に鉄平から聞いた原風景の話をする。
鉄平は
“しのちゃん、今日は公平から原風景の話をきいた”
と小枝にしたためた。それはこっそりとポスト(樹の根にある穴)に入れておく。

かご背負いお参りをする三平と公平のもとに
「公平!」ハゲが慌ててやってきた。

その日ハゲがもってきた話は、たまげるような話だった。

<続く>

【やすらぎの刻~道】28話の見どころ

やすらぎの刻名言

今日の名言は、原風景の話。
綺麗な景色がうつしだされ、癒されます。

公平とおにぎり

公平(風間俊介)がおにぎりを頬張る場面があります。
思い切り、まるまる1個。口に入れる。
思わず、吹き出しそうになり、それがおかしてく、吹き出してしまいました。

【やすらぎの刻~道】28話の感想

脳内劇『道』の物語が続いています。公平は着実に成長しているようですが、相変わらず笑えるところも。どうしてか、すっとぼけた表情とか驚いた表情とかが笑えてしまう。風間俊介さんの表情に注目です。
28話は、原風景の話でした。心の景色。思い出した人もいるのでは?

ハゲが話したいことって何でしょう。気になりますね。続きは明日♪♪

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク