【やすらぎの刻~道】23話の視聴率とあらすじ!しの(清野菜名)と三平が密会!?

【やすらぎの刻~道】23話の視聴率とあらすじ!
倉本聰脚本『やすらぎの刻~道』23話が2019年5月8日に放送。
“満蒙開拓団”の話が持ち上がり、村は二分割に。三平としの(清野菜名)の間にはある約束が!?
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
第23話視聴率とあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】23話の視聴率

**

【やすらぎの刻~道】23話のあらすじ

『やすらぎの刻~道』23話・公式HPあらすじ

“満蒙開拓団”について近隣3村と合同の寄り合いが開かれた。

『やすらぎの刻~道』23話あらすじ・ここからネタバレ

ニキビ、ハゲ、青っ洟は満州に行くことになり、公平風間俊介)だけが取り残されることになる。
ニキビは、涙をこぼし話す。
「ふるさとはみんなが心に持っている記憶だ。それと離れるのは辛いことだ」という父の言葉に涙がでたという。
誰もが村を離れることを辛く感じていはいても“仕方ない”と考えているのだった。そして、家には家の事情があると、公平が残ることを認めるのだった。

**

三平風間晋之介)としの清野菜名)は2人きりで滝のところで会っている。
三平しのの姿を描いているのだ。

未来の話をしている。
10年後……その先を考える。三平は言う。
「もしかしたら、俺はこの世にはいないかもしれない」

しのは軍隊に入り、家族のために戦うつもりだと語る。
薙刀を銃に変えて、自分やみんなを守るために戦うと言うのだった。

ひとつ頼みがあるという三平。
それは、しのの全裸を描きたいということ。
しのはそれを承諾をした。

そこに鉄平平山浩行)が現れる。
熊のフミコがいたといい「ここにいちゃダメだ」と促され、その場を離れるしのと三平だった。

<続く>

【やすらぎの刻~道】23話の見どころ

やすらぎの刻名言

【やすらぎの刻~道】23話の感想

ニキビ、ハゲ、青っ洟、そして公平(風間俊介)の会話。
誰もが逆らえない時代の波。涙をこらえてもこぼれてしまう男の涙に感動。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク