【なつぞら】12話の視聴率とあらすじ!吉沢亮ついに登場、舞台は9年後へ!

【なつぞら】12話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第12話が2019年4月13日(土)に放送。

「小なつ」こと幼少期のなつ/粟野咲莉も12話で見納めか。舞台は9年後へ。

ついに国宝級イケメン・吉沢亮が登場します!

今回は【なつぞら】12話の視聴率・あらすじ・感想について。

朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
スポンサーリンク

【なつぞら】12話の視聴率

なつぞら12話

https://mantan-web.jp/article/20190411dog00m200048000c.html

『なつぞら』12話の視聴率は、21.6%

【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで! NHK「朝ドラ」こと連続テレビ小説の第100作『なつぞら』が2019年4月~9月まで…

【なつぞら】12話のあらすじ

12話のあらすじ(事前情報)

離農寸前の天陽(荒井雄斗)たち一家を助けてほしいと泰樹(草刈正雄)に願い出たなつ(粟野咲莉)。なつの思いを感じた泰樹は天陽の畑を見に行くと言う。なつととにも畑を訪れた泰樹は、いくら耕しても作物は育たない土地だと言うが…。それから9年。かつての荒地は一面の美しい畑に生まれ変わっていた。その畑に馬に乗って駆けて来るのは、18歳になったなつ(広瀬すず)であった。

出典http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-04-13&ch=21&eid=08542&f=4681

12話のあらすじから事前レビュー

11話で、なつ(粟野咲莉)は天陽の家の畑を「見てないのに」と怒っていました。

そのなつの想いを受け取った泰樹(草刈正雄)が手を差し伸べます。

11話の見どころは、大きくなった天陽役として、吉沢亮がついに登場。(第2週の予告でも映っていましたし、第12話の出演者一覧にも掲載されているので、ほぼ確定です)

ヒロインの広瀬すずも本格的に出演します。

子役たちの演技は名残り惜しいのですが、新キャストも楽しみです。

12話のあらすじネタバレ

天陽(荒井雄斗)の畑を見た泰樹(草刈正雄)は、天陽の両親に会いに行った。

天陽の父・正治は、子どもの話しなので真剣に話さないで欲しいという。

泰樹は、なつの話しを真剣に聞いて訪ねてきたと怒る。

天陽がここで生きたいと懇願しても、大人の事情があるという正治。

泰樹「事情なんかくそ食らえだ!大人の事情でこの子らに何やった!今こそ、この子らが何をやりたいのか。大人が聴いてやるべきだろ!」

天陽の母・タミも夫を説得。そして泰樹の呼びかけで、農地を耕すため大人たちが協力した。

泰樹は天陽へ馬も与えた。お金は稼げるようになったら返すという条件だ。

そして9年後。

成長したなつ(広瀬すず)は馬に乗り、「天陽くーん」と声をかけた。

「なっちゃん」天陽(吉沢亮)は笑顔で返答した。

【なつぞら】12話の感想

吉沢亮がついに登場したラスト1分。舞台は9年後となりました。

子役編が終わる寂しさとともに、ワクワクする視聴者が多いようです。

なつ役の粟野咲莉ちゃんをはじめ、皆さんお疲れ様でした。

真田昌幸のような掛け声で、泰樹(草刈正雄)のもとに集まった仲間たちとのシーンも話題。

泰樹となつの関係も、なつが「大好き」と抱き着くまで変化していったのも、感涙でした。

次週から高校生編へ。新たなキャストがまた毎朝、楽しませてくれそうです。

*次回・第13話のあらすじ・感想はコチラ

【なつぞら】13話の視聴率とあらすじ! NHK朝ドラ『なつぞら』第13話が2019年4月15日(月)に放送。 13話から、ヒロイ…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク