【緊急取調室3】最終回ネタバレと全話あらすじ!史上最悪の敵として浅野温子が登場!

緊急取調室3

2019年4月11日よりTV朝日系列にて天海祐希主演ドラマ【緊急取調室3】がはじまります。取調室という密室で凶悪犯とキントリメンバーが心理戦を繰り広げる人気シリーズが2年ぶりに復活します。

一般的な刑事ドラマは刑事が犯人を推理し逮捕するところが描かれますが、緊急取調室シリーズでは犯人が逮捕されてからドラマが始まります。派手なアクションはほとんどなく密室で行われる心理戦が見どころですね。

今回はドラマ【緊急取調室3】の全話あらすじと最終回ネタバレについて書いていきます。

スポンサーリンク

【緊急取調室3】全話あらすじ

「緊急取調室3」2話のあらすじ

とある旅館で、女流棋戦の最終対局が行われていた。対戦するのは20歳の新進女流棋士・橘日名子とベテラン女流棋士・宗形あずさ(紺野まひる)。日名子は女性初のプロ候補として期待される逸材であり、ここで勝てば、あずさがかつて打ち立てた記録をしのぐ22連勝も達成することになる。そのため、この対局は世間の注目度も高く、ネットで大々的に生中継されていた。
ところが対局中、とんでもない事件が起こる。解説を担当していたスポンサー・大庭広夢(合田雅吏)が、体調を崩して退席。その後、控室で絶命しているのが見つかったのだ! 不測の事態を受け、対局は急きょ延期されることに…。そんな中、死因は中毒死だと判明。大庭が水筒に入れて持参していたお茶に、毒キノコの粉末が混入していたことが明らかになる。しかも、あずさの“ある証言”により、疑いの目は日名子に注がれ…!
真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」はさっそく日名子の取り調べを開始。日名子は関与を否定するが、調べれば調べるほど容疑は深まっていく結果に…。というのも最終対局中、日名子はあずさが長考している間に約5分退席。しかも、このとき日名子が触れた蘭の花から、毒キノコの粉末が発見されたのだ。 だが、有希子はどうも話が出来過ぎだと、いぶかしがり…。
これぞという決め手がなく、見えそうで見えない真実。やがてキントリ・チームは王手をかけるべく、なんと日名子とあずさを同じ日時に別室へ呼び出し、前代未聞の“二元同時取り調べ”を始める――。

引用:公式サイト

「緊急取調室3」1話のあらすじ

全取り調べの完全可視化が実行される日を数カ月後に控えた警視庁では、各署の幹部を集め、被疑者への接し方を穏やかにするよう、極端な指導が行われていた。ところが幹部たちが見学する中、「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の取調官・真壁有希子(天海祐希)は反省の色がまったく見られない被疑者を、激しい剣幕で一喝。警視庁初の女性刑事部参事官・菊池玲子(浅野温子)から、しばらく取り調べを控え、新任の教育係に専念するよう命じられてしまう。
その矢先、傷害致死・死体遺棄事件で懲役12年の判決が確定し、護送中だった受刑者・野本雄太(淵上泰史)が逃走。主婦・藤沢さおり(市川由衣)を人質にして民家に立てこもった野本は、なぜか交渉役に玲子を指名する。しかも、この事件は期せずして、警視庁を揺るがす事態へと発展! なんと、たったひとりで家内に突入した玲子が、野本に対して発砲し、死なせてしまったのだ。
人質救出のためにはやむなし…との見方が世間に広がる中、キントリは事件の経緯を記録するため、玲子の取り調べを開始する。キントリの面々が目を光らせる中、終始落ち着いた様子で応じる玲子。殺害時の状況に関する証言もさおりのものと一致しており、職務執行法に抵触する点は見受けられない。だが、彼女が交渉役に指名された理由はもちろん、突入から発砲までの時間の短さが、どうも引っかかる有希子たち。しかも、玲子はどういうわけか威嚇射撃は行わず、2発も発砲して…!?

引用:公式サイト

天海祐希主演ドラマ「緊急取調室3」が4月11日(木)夜9時にTV朝日系列でスタートしました。 過去2シーズンとドラマスペシャル…

【緊急取調室3】の最終回ネタバレ

ドラマ【緊急取調室シリーズ】は原作のないオリジナル脚本です。そこで【緊急取調室3】の最終回を予測してみたいと思います。

まず、過去の2シーズンの最終回を振り返ってみたいと思います。まずシーズン1ですが、夫・匡の死の真相が明らかになるというものでした。刑事部長であった郷原(草刈正雄)の悪行を阻止するために動いたことで殺されてしまったのでした。

シーズン2の最終回は、犯人が有希子の夫・匡そっくりだったというものでした。シーズン1,2共に共通するのは夫に関わる最終回だったということです。

おそらくシーズン3でも、この部分は踏襲されるのではないでしょうか?夫に関する新事実などが明らかになる可能性がありますね。

今回、初回ゲストとして浅野温子さんが警視庁初の女性刑事部参事官・菊池玲子役として出演することが発表されています。

菊池玲子は警察組織としての有希子の上司にあたり「史上最悪の敵」として登場すると言われています。

初回から菊池玲子と対決させて、さらに最終回にも対決させるという流れになるのではないかと予測します。

また、そこに夫が死んだ8年前の事件に関する真相が絡んでくるのではないかと思います。シーズン1では明かされなかったものが出てくる可能性がありますね。

「史上最悪の敵」として登場する菊池玲子は本当に敵なのか?もしかすると最終回では「史上最高の味方」になるかもしれませんが、再登場し有希子との対立シーンは描かれると思います。

記事内の画像出典:ドラマ公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク