2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【二つの祖国】小栗旬主演、豪華すぎるキャストで話題に!ムロツヨシとの対立劇が面白い!

公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/futatsunosokoku/

 

テレビ東京開局55周年特別企画として、スペシャルドラマ【二つの祖国】が3月23日(土)、24日(日)に放送されました。原作は山崎豊子原作の大人気ベストセラーで、民放ドラマ化されたのは今回が初めて。重厚感たっぷりのとても見ごたえのあるドラマでした。主演を務めたのは大人気イケメン俳優の小栗旬で、注目を集めたのはムロツヨシはじめその豪華すぎる共演キャストたちです。小栗旬とプライベートでも親交のあるムロツヨシが、原作でも重要な役どころを演じ話題に。戦争によって関係が変わっていく男同士を熱演しました!

【スペシャルドラマ2019年放送の一覧】年末年始:加藤シゲアキ・ぎぼむす・木村拓哉ほか
【スペシャルドラマ2019年放送】の一覧と視聴率! 2019年のNHK、民放テレビ各局で放送予定の最新スペシャルドラマ、単発・特集ドラマ情報をまとめます。 地上波テレビを中心にBS・有料放送も放送スケジュール・キャスト情...
スポンサーリンク

【二つの祖国】豪華すぎる!まずは主要キャスト紹介!

小栗旬(天羽賢治)

日系二世の新聞記者で、天羽家の長男。太平洋戦争勃発後に強制収容所での生活を余儀なくされ、日系であることの葛藤を抱えながら苦渋の決断をすることになります。演じるのは人気俳優の小栗旬。若い女性たちがハマる恋愛ドラマや漫画・アニメが原作の作品などでも引っ張りだこの彼は、幅広い役をこなすことができる実力派です。【二つの祖国】では、プライベートでも仲の良いムロツヨシ、新田真剣佑とも共演。普段から熱い俳優論を交わす仲間と共に、この重厚感たっぷりの役柄に挑戦しています。

ムロツヨシ(チャーリー田宮)

日系二世。天羽賢治と一緒にカリフォルニア大学に通っていた。日本人に対して嫌悪感を抱いています。幼い頃から苦労を重ね、アメリカで成功をおさめようと野心を燃やします。ムロツヨシといえば明るくポジティブなキャラクターがイメージとして根強いですが、今作品では新たな一面を見ることができます。かつて学生時代の良き友人だった賢治と、戦争によって次第に対立する立場になっていく複雑で難しい役ですが、これまでにないムロツヨシの演技を観ることができます。

松重豊(天羽乙七)

天羽家の父。19歳の時に故郷鹿児島から移民としてアメリカへ。日系人として辛い環境に耐えながら生活している。太平洋戦争により経営していた店を没収され、収容所に入ることになってしまいます。国内の数々のドラマで名バイプレイヤーとして人気を誇る松重豊。日系移民の苦悩を抱えながらも必死に生きる天羽家の父親を演じています。

麻生祐未(天羽テル)

天羽家の母。日系一世。日系としての葛藤、苦労を妻として母親として支えます。戦争という逆らえない運命に翻弄される家族をしっかりと支える天羽家の母親を確かな演技力で見事に演じた麻生祐未。国内ドラマでもトリッキーで個性的な役柄までこなす実力派の女優さんです。

高良健吾(天羽忠)

天羽家次男。日本で大学に通っていましたが、太平洋戦争により日本軍に徴兵されるこなすことに。端正なルックスと堂々とした落ち着いた演技力で定評のある高良健吾。天羽家の三兄弟の中でも複雑な運命に足を踏み入れていく次男、忠を演じています。

新田真剣佑(天羽勇)

天羽家三男。日系人が収容された強制収容所でアメリカ軍へ志願し、戦地へ行くことに。日本で今激戦の若手人気俳優たちの中でも高い人気を誇る新田真剣佑。ネイティブな英語力がいかんなく発揮されています。この作品で更に飛躍の予感!

【二つの祖国】ドラマに華を添える美しい女優陣も!

多部未華子(井本椰子)

日系二世。賢治と同じ日本語新聞社に勤めます。エミー(仲)と学生時代からの友人。賢治とチャーリーとの間で二人の友情や愛情に悩み続けることになります。最近グッと大人の女性らしい雰囲気になってきた多部未華子。コミカルなキャラクターから、はかなく可憐なキャラクターまで実はこれまでに幅広い人物を演じてきた彼女。今回は戦争という悲劇に自分の運命を翻弄されていく女性を演じています。

仲里依紗(天羽エミー)

日系二世で賢治の妻だが、太平洋戦争によって賢治と離ればなれになってしまいます。椰子の学生時代からの友人。パンチのある個性的な役柄を演じることが多いイメージの仲里依紗ですが、今回のエミー役では奔放ながらもどこか愛らしいキュートな女性を演じています。後半になるにつれ変わっていく姿も見ものです。

池田エライザ(井本広子)

椰子の妹で、太平洋戦争により椰子と一緒に強制収容所に送られます。悲しい運命に翻弄される椰子を献身的に支えようとします。今若者の間で人気急上昇中の池田エライザ。この作品ではしっかりとした芯の強い女性を演じ、これまでの彼女のイメージとはまた違った一面を見せてくれています。

橋本マナミ(小田万里子)

チャーリー田宮の妹。太平洋戦争勃発のときに日本にいたことで、その後の人生が大きく変わっていきます。最近すっかり女優業も定着してきた橋本マナミ。戦争という大きいテーマの中、繊細な心境を持つ難しい役どころを一生懸命チャレンジして演じている印象でした。

【二つの祖国】小栗旬VSムロツヨシの対立関係にさらに彩りを添える豪華キャスト!

  • 仲村トオル(松井竹虎)・・・賢治、椰子が務める日本語新聞社の社長。
  • 田中哲司(オーソン相川)・・・日本語学校の主任教官。
  • 江本佑(池島努)・・・収容所でチャーリー田宮たち率いるプロアメリカンと対立するプロジャパンのリーダー。
  • 甲本雅裕(倉石隆信)・・・広島日赤病院の医師。
  • リリー・フランキー(広田弘毅)・・・元総理大臣、政治家。
  • 中村雅俊(横山喜三郎)・・・国際法学者。
  • 余貴美子(天羽薫)・・・賢治の父、乙七の姉。
  • 泉谷しげる(畑中万作)・・・エミーの実父。

【二つの祖国】夢の競演!超豪華ベテラン俳優も参戦!

ビートたけし(東条英機)

陸軍軍人、元総理大臣。戦後、極東国際軍事裁判(=東京裁判)でA級戦犯として絞首刑となります。ビートたけしが東条英機を演じるのは実は2度目。前作は2008年にTBSで放送された『あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機』です。同じ人物を今作品で更に違った角度で演じています。ビートたけし本人もかなりの知識人。この作品でもかなりの存在感が光っていて、その確かな経験値と本人に備わっている知識が演技に滲み出ています。

笑福亭鶴瓶(大川周明)

思想家。東京裁判において唯一民間人としてA級戦犯として起訴されるが、梅毒による精神障害として後に釈放されます。見た目も完全に役になりきった笑福亭鶴瓶。噺家としても、バラエティでも活躍の場が幅広い彼は、数々のドラマや映画でも独特の存在感を放っています。今回、あの有名な東条英機の頭を叩くシーンは見ものです!

【二つの祖国】プライベートで仲の良い友人同士の小栗旬とムロツヨシが劇中では対立!

小栗旬とムロツヨシは、実はプライベートでも仲の良い友人同士。その付き合いは15年程になるのだとか。小栗旬といえば同じ俳優仲間とよく集まり、同年代だけでなく幅広い人脈を持っていることで有名です。お互いを普段から深く認め合う小栗とムロならではの信頼関係がこの作品にもいい意味で影響していて、このドラマの一つの見どころになっています。小栗旬演じる天羽賢治と、ムロツヨシ演じるチャーリー田宮は学生時代からの友人で、良いライバルでした。ですが、太平洋戦争によって日系人たちはその後の立場を自分でどうしていくか、決断を迫られます。そこで賢治は日系人として、アメリカ人としても日本人としても同じように誇りを持ち、一方チャーリーは日本人であることを捨て去ろうと賢治とは真逆の決意を持つのです。戦争がいたずらに二人を翻弄していく様子がとても切なく印象に残ります。テレビ東京ドラマ制作部の田淵俊彦プロデューサーも、二人の共演について次のように仰っています。

近年は二人でコミカルな作品や演技に取り組むことが多い、小栗さんとムロさん。この二人の「ガチ芝居」を見てみたいという気持ちも強かった。真剣勝負の二人の演技で、ステレオタイプのイメージを引きずっている視聴者を“いい意味で”裏切ってみたかった。その狙いが間違いでなかったことを実感した出来事が、二人のシーンの撮影初日にあった。「小栗旬より先に準備をする」と早めにスタジオ入りしたムロさん。その後に、小栗さんがスタジオに入ってきてその場の空気が変わった。大の仲良しであるはずの小栗さんとムロさんだが、そこにはそんな雰囲気は微塵もなかった。私は、「ああ、もう勝負は始まっている」と感じた。二人は阿吽の呼吸で、微妙な緊張感を既に創り出していたのだった。私は、この瞬間に作品の成功を確信した。

引用元公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/futatsunosokoku/

【二つの祖国】小栗旬・ムロツヨシらが本気で俳優魂をぶつけ合った作品

歴史的な史実を題材にしたドラマに出演することは、役の大きさに関わらず出演する俳優陣にとってとても緊張感とプレッシャーを感じるものです。それだけでなく、この【二つの祖国】のように「戦争」や「日系移民」など現在も問題となっている大きなテーマであればなおさらです。普段から忌憚なく本音で語り合う小栗旬とムロツヨシがあえてこの作品で対立する二人の関係を演じ、本気でこの作品に懸ける思いが伝わってきました。そしてその二人の対立劇をさらに盛り上げるその他キャスト陣も、難しいテーマに真摯に取り組み作品を作り上げていて、私たち視聴者が純粋に作品に入り込めるようになっています。時代の先端で活躍する小栗旬・ムロツヨシの共演はこの作品だけでなくても観てみたいと思わせる作品でした!

タイトルとURLをコピーしました