【イノセンス-冤罪弁護士】8話の視聴率とネタバレ!死刑囚・片岡鶴太郎の再審請求の結果は?

ドラマ【イノセンス-冤罪弁護士】8話の視聴率とあらすじ・ネタバレ

ドラマ【イノセンス-冤罪弁護士】8話が3月9日(土)に放送されました。

黒川拓(坂口健太郎)と和倉楓(川口春奈)は、24年前の事件で極刑判決を受け長い獄中生活を送っている式根大充(片岡鶴太郎)の冤罪を晴らすため、再審請求に挑みます。

果たして、拓は開かずの扉と呼ばれるほど難しい再審請求を成立させ、この冤罪事件を解決できるのでしょうか。

ここでは、ドラマ「イノセンス冤罪弁護士」8話のあらすじをネタバレで紹介しています。

【イノセンス-冤罪弁護士】の視聴率と最終回ネタバレ! 黒川拓には、父親が無実の罪で収監され獄死した悲しい過去を引きずっている?…
【イノセンス-冤罪弁護士】の視聴率と最終回ネタバレ! 黒川拓には、父親が無実の罪で収監され獄死した悲しい過去を引きずっている?…
スポンサーリンク

【イノセンス-冤罪弁護士】8話の視聴率

【イノセンス-冤罪弁護士】8話の視聴率は、9.5%でした。

番組最高記録の前回と同じ視聴率をキープしましたが、今回も10%越えとはいきませんでした。

過去の同じ枠のドラマでは、平均視聴率が10%を超えているものが多いので、ジャニーズ出身の俳優が出演していないことを差し引いても、もう少し伸びてほしいところですね。

【イノセンス-冤罪弁護士】8話のあらすじ

【イノセンス-冤罪弁護士】8話のあらすじです。

事件が起きたのは、24年前、イトエ電機社宅のクリスマスパーティーでシャンパンに毒物が混入され、6人が亡くなった。

警察は当時、この社宅に暮らしていた、式根大充(片岡鶴太郎)を殺人容疑で逮捕した。

執拗(しつよう)な尋問の末に自白した式根は死刑判決を受け、長い獄中生活を送っている。

テレビ記者の聡子(市川実日子)は、式根と手紙のやり取りを続けてきた中で、当時の警察の捜査がずさんなものだったことを知り、がんを患っている式根のために冤罪を晴らしたいと、拓(坂口健太郎)に依頼するのだった。

しかし、過去に式根の事件を担当した弁護士の再審請求は、4度とも全て棄却されている…

接見した拓と楓に、式根は「今の私にとって希望は毒なんです、そっとしておいてほしい。」と再審請求を望んでいないことを伝える。

その日、事務所に戻った拓と楓は、聡子といっしょに別府(杉本哲太)に再審請求を認めてほしいと懇願する。

再審請求は、「開かずの扉」と呼ばれるほどの難関、これまでの事件とはわけが違うという別府に、拓は「出来る限りのことはしたい」と、想いを伝えるのだった。

翌日、拓と楓、穂香は今は使われていないイトエ電機の跡地に向かった。

周辺住民に事件当時の事情を聞くと、何人かの証言が事件の前と後で変わっていることに気付く。

その後、聡子と合流した拓と楓は、式根の娘、松ケ下玲子(星野真里)の元に行き、話を聞こうとする。

しかし、これまでマスコミから追われ続けて苦しんできた玲子に「これ以上苦しめないで」と言われてしまう。

聡子がマスコミの人間として罪悪感と無力感を感じている中、拓は警察の「引き当たり捜査」の写真に違和感を感じていた。

秋保恭一郎(藤木直人)の協力のもと写真を調べると、太陽の影が写真を撮られた順番と合わないことが判明、警察の捏造(ねつぞう)を疑う新事実が発覚したのだった。

しかし、この程度では再審請求は難しいと秋保は言う。

そんな中、拓と楓は式根が倒れて入院したと聞かされる。

すぐに2人が病院に行くと、突然昔の話をし始めるなど、式根の様子がおかしい。

拘禁反応と呼ばれる症状で、長い間強制的に自由を抑圧される環境に置かれた人が示す人格の変化だった。

その後、楓が8年前の式根の手紙を読んでいると「沼地のお化け」という記述に気付く。

拓は楓の一言で、なにかを閃いた様子で秋保に実証実験を依頼する。

そして、事件当時の沼地を再現した実験によって、拓と楓はついに事件の真犯人を突き止めるも再審請求の結果は…

【イノセンス-冤罪弁護士】8話のネタバレ!

ここからネタバレありますので、まだドラマをご覧になっていない方はご注意を。

沼地のお化けの証言

24年前、毒物(シアン化合物)が入った瓶が捨てられていた沼地は、現在は公園に変わっていた。

前任の弁護士が子供たちに聞き込みをしたノートによると、かつて沼地だったその場所は、黒い影を見ると命を落とすと言われていたところだった。

拓と楓は、玲子のところに行き、沼地のお化けのことを聞いてみることにする。

それは、事件当時、小さい女の子がそのお化けのことで泣いていて、玲子があやしていたという目撃証言があったからだった…

実証実験でお化けの正体が判明!

数日後、玲子は拓と楓に体育館に呼ばれていた。

そこには当時、沼地でお化けを見たと証言していた、樺名由美(酒井美紀)も来ていた。

さっそく、秋保は当時の沼地を再現した実証実験を開始する。

濃い霧が発生する中、後ろから光が当たると由美の人影が、前方に大きく浮立つ現象が発生する。

ブロッケン現象と呼ばれるもので、幼い子供が見るとお化けが出たと思うかもしれない現象だった。

由美が真実を打ち明ける

不思議なお化け現象に驚く由美に、拓は事件の日の気象状況を考えると、このブロッケン現象が起きていたと説明する。

そして、拓は由美に事件当時「本当は沼地に行っていたんですね」と問い詰める。

すると、由美は泣きながら「ごめんなさい」と何度も謝り、母親に言われて毒物(シアン化合物)が入った瓶を、沼地に捨てに行ったと告白する。

素手では絶対にさわらないようにと言われて行き、パーティーに帰ってきたらみんな苦しんでいたと証言するのだった。

再審請求は棄却

数日後、法廷に立った由美は、母から頼まれて瓶を、沼地に捨てに行ったことを証言する。

拓は、由美が辛い想いをしながら事件について証言したのは、式根と玲子のためだという。

審議をしてから、後日判決を言い渡すいう裁判長に、拓は「失った過去は取り戻せなくても、未来まで奪ってはいけない」と最後に思いを伝える。

しかし、再審請求はまたも、棄却されてしまうのだった…

【イノセンス-冤罪弁護士】8話の感想

【イノセンス-冤罪弁護士】8話のまとめ

今回は、無実であるにもかかわらず、死刑囚になってしまった式根と娘・玲子の、長年の苦労がにじみ出る深い内容でした。

しかし、視聴者の中には8話のストーリーが重すぎると感じる人も多かったようですね。

それでも式根役の片岡鶴太郎と、玲子役の星野真里の難しい役柄の演技が、際立って素晴らしかったです。

記事内の画像出典https://www.ntv.co.jp/innocence/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク