【ハケン占い師アタル】最終回の視聴率とネタバレ!素敵な感動に続編を望む声!

ドラマ【ハケン占い師アタル】最終回の視聴率とネタバレ!

3月14日に最終回が放送されました。

アタルの本当の意味でハケン占い師アタルとしての再出発が描かれ、感動の声が多かったようです。

ここでは、ドラマ【ハケン占い師アタル】最終回のネタバレや視聴率をどうぞ。

ハケン占い師アタル】の全話動画は auビデオパス初回30日間無料で見逃し配信中です!

ドラマ【ハケン占い師アタル】の全話あらすじと最終回ネタバレ! 2019年1月スタートの新木曜ドラマ【ハケン占い師アタル】は、杉…
ドラマ【ハケン占い師アタル】の視聴率一覧! 2019年1月スタートのドラマ【ハケン占い師アタル】! 主演は伸び盛りの人気…
スポンサーリンク

ドラマ【ハケン占い師アタル】最終回の視聴率

最終回の視聴率は11.3%!

初回に次ぐ高視聴率で有終の美を飾りました!平均視聴率は10.56%になりました。

ドラマ【ハケン占い師アタル】最終回のネタバレ

占いをやめ、シンシアイベンツで働き続けることを決意したアタルが過労で倒れた。母のキズナによると、アタルは占いをした相手の不安や苦しみ、健康状態を引き継いでしまうらしい。そうとは知らず、これまで何度も占ってもらってきたDチームのメンバーは恐縮し、アタルの心身を心配する。そしてチーム内に占い禁止令を掲げた。ところが、実はメンバーはそれぞれに新たな悩みに直面していた。目黒神田にプロポーズをしようと指輪まで用意し、タイミングを見計らうが、神田に避けられていた。神田はと言えば元カレが復縁を迫り、揺れ動いていた。上野田端との結婚を真剣に考え、娘を紹介しようとするが、田端は働かずに頼っている父親と弟を紹介する気になれず、話をしようとするとぶつかり合ってしまう。代々木は、友人が立ち上げる会社に誘われているが、給料が半分になるため家族に相談できず、品川は新しい企画を生み出すことが出来ずに行き詰まっている。大崎は義母の介護を引き受けることになり、会社を辞める決心を固めつつあった。しかし全員、アタルはもちろん、誰にも相談することが出来ず、ため息をつく7人。そんな姿を目の当たりにしているアタルは、すべてを把握しているが、言葉をかけたい気持ちをグッと抑えている。

そんな中、Dチームは“豪雨災害で学校をなくした子どもたちのための卒業式”という、アタルが発案したCSRイベントの準備を開始。ところが、主催者である拝島建設は新しい復興支援の形に共感し、企画を採用したはずなのに、イベントの趣旨を度外視した身勝手な要望を次々に押し付けはじめる。来賓の挨拶を社長もしたい。時間がないなら、卒業証書の授与をひとりひとりでなく、代表だけにすればいい。学校旗の横に会社の旗を並べて飾りたい。その前で社長と子供たちの記念写真を撮りたい・・・等々、主役のはずの子供たちを置き去りにした要望を押し付けてくる。挙句の果てに会場の体育館の中を会社のイメージカラーで塗装し始める。アタルの提案で子供たちの思い出の絵で隠すことにし、慌てて学校側にお願いするチーム。

そして、迎えたイベント当日、卒業生に送る歌を歌ってもらうゲスト歌手の噂が広まり、町に関係ない人々が大挙押し寄せ、パニックに。入りきれない人に謝り、なんとかするが今度は当の歌手が不倫スキャンダルでドタキャンの連絡が!慌てる大崎たちだったが拝島建設の担当者は、会社のことしか考えていない。代々木が歌手のキャンセルを報告すると、歌手目当ての人々は帰っていく。なんとか始まった卒業式だったが、社長の長い挨拶に呆れる子供たち。先生が大崎にひとりひとりに卒業証書を渡したかったと本音をチクリ。記念撮影にも笑顔がない子供たち。そして、メインイベントの災害前の町の姿の映像を映し始めた時、電気が一斉に落ちてしまう。大慌てのDチーム。「どうなってるんだ!」「勝手なことやってるけど、誰が考えたんだこんな卒業式!」「建設会社の宣伝みたいで、俺たち町の人間の気持ちなんて全然考えてないじゃないか!」「私たちのこと、いったい何だと思ってんの!」客席から飛び交う怒号。帰りだす客たち、引き止めるチームのメンバー。その時、見かねたアタルが子供たちの横へ向かう。子供の本音を次々にしゃべりだすアタル。「大人たちが勝手なこと言ってんじゃねえよ」「これは私たちの卒業式だからね」「”呼びかけ”もしないで終わりたくないよあんなに練習したのに」最後にリーダーらしき生徒の前へ行き、「でももう無理だよね、こんな雰囲気じゃ」と言って、顔を見つめ、うなづく。すると、その生徒は意を決したように立ち上がり、”呼びかけ”を始める。「お世話になった先生方、どんな時も優しく指導していただきありがとうございました」「お父さん、お母さん、今まで僕たちを温かく見守ってくれてありがとうございました」感動的な”呼びかけ”が始まった。生徒たちは次々に感謝の言葉や、町の思い出を語りだす。聞き入る大人たち。「私たちの小学校はもうなくなってしまうけど」「この学校で学んだことは僕たちの誇りです」「僕たちは故郷の思い出をいっぱい抱えて4月から中学生になります」「さようなら、私たちの小学校」「さようなら」巻き起こる拍手。最後は涙の合唱で無事卒業式は終了する。

オフィスに戻ってくるDチーム。みんながにこやかな中、アタルだけは元気がない。占いを使ってしまったからだと言う。「子供たちの気持ちが見えたら、どうしても我慢できなくなってしまって」。すると、「いいんじゃないかなそれで」と大崎アタルは占いでたくさんの人を救ってあげるべき。その人にしか出来ないことってアタルの場合は占いだ。誰も持ってない特別な能力があるのに、それを使わないのは間違ってる。別れるのは寂しいけど、アタルちゃんにしか出来ないことをやったら?。皆、口々にアタルの背中を押す。「占いはアタルの仕事だって考えたらどうかな」と上野。しばらく考えていたが「わかりました。みなさんを視ます」とアタル

神田ちゃん、友達だから言います。もうすぐ赤ちゃんが産まれるんだから、目黒さんに自分の気持ちちゃんと伝えなきゃだめです。目黒さんの気持ちがわかってるなら、なおさら」「そうだね、目黒くんあなたはいい人だから、この子のこと、きっと自分の子のように可愛がってくれると思うし、あなたと結婚したら、きっと幸せになれるってわかってるんだけど、私やっぱり彼ともう一度やり直したい。自分でもバカだなって思うけど、なんだかんだいってこの子の父親だし、どうしても彼を忘れることができないの。ごめんね」「わかった、その代り絶対幸せになってね」と晴れやかな目黒。「目黒さんは、もうすぐ運命の人が現れる」というアタル。その人はピンクの物を持っていると教える。

品川には、将来上野に負けないくらいの伝説のイベントを作るから、今は出来なくてもめげずに悩み続けろ、と言う。

上野には、優しいけど、自分の気持ちを伝えるのがヘタすぎだから、大事な人にはちゃんと言葉で愛を伝えるようにと言う。上野田端に「愛してる」と言う。驚きながらも「私も」と返す田端。そんな田端には、いつも冷静だから物事を悲観的に考えてしまう癖があるから、結婚を躊躇しているが、上野なら大丈夫と安心させる。

大崎には、まず会社を辞めちゃダメと言う。驚くメンバー。大崎は、将来この会社の社長になる人間だから、介護は大変でも家族で話し合って、仕事を続けられる方法を見つけるようにと言う。

「みなさん、これからもチームみんなでいい仕事をいっぱいしてください」と終わらせるアタルに、慌てる代々木。「すいません、部長はどうせ会社辞めるから」とすでに見抜いている。そして友人の立ち上げるかいしゃには行った方がいい、給料が半分になってもほんとにそこで働きたいと言えば、家族もわかってくれる。50歳になっても昔の情熱を取り戻そうとするパパを必ず応援してくれる。と背中を押してやる。

自分は何でも視えると思っていたけど、みんながこんなに変わることは視えなかった。自分の占いが少しでも力になったのならこれからも自分の大好きな仕事として占いを続ける。と宣言するアタル

翌日、オフィスを覗くアタル。みんなに声をかけずに出ていく。食堂のおばちゃんや、清掃のおばちゃんに声をかけるアタル。清掃のおばちゃんにサングラスを渡す。エントランスに来たアタルを追いかけてくるチームのメンバー。最後の記念写真を撮り、出ていく。

それからのメンバーはみんながんばっていた。代々木は友人との新しい会社にはつらつと動き、大崎は家族の協力を得て介護をしながら仕事に向かい、品川は企画書にダメだしされてもまたチャレンジ。上野田端はお互いの家族を紹介する食事の場を設け、神田は出産、目黒は運命の人らしき女性・・・たち?を見つけたような・・・。

街角でひとり占いをしているキズナを見ながら、歩くアタルが向かった先は辛気臭い会社。そこで「ハケン占い師アタルです」と名乗るのだった。

ドラマ【ハケン占い師アタル】最終回の感想

すっきりとした、後味のよい終わり方で感動した方も多いようです。杉咲花さんも座長としての責任は十分果たされましたね。続編を望む声もありました。キャスト、スタッフのみなさん、3か月間お疲れ様でした。そして、感動をありがとうございました。

記事内画像出典 公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク