【相棒17】第16話の視聴率は16.7%!職務より友情を優先する内村刑事部長ってどうなの?

水谷豊主演のドラマ【相棒シーズン17】第16話の視聴率とあらすじ!

今回の容疑者は、なんと刑事部長の内村!

12年前の事件との関連をさぐる特命係!

第16話のネタバレをどうぞ!

【相棒17】全話あらすじ・感想・最終回ネタバレ!特命三人体制は青木殉職の伏線!?

スポンサーリンク

【相棒17】第16話「容疑者 内村完爾の視聴率

第16話の視聴率は16.7%!

脚本:児玉頼子  

監督:内片輝

【相棒17】第16話「容疑者 内村完爾」のゲスト

江藤潤(役:笹山隆文)

笹山隆文・・・内村刑事部長と大学の同期で、同じ山岳部だった。12年前に起きた通り魔事件で高校生の娘を失った被害者遺族。

あめくみちこ(役:笹山由美)

笹山由美・・・笹山の妻。12年前の犯人・須藤修史を恨んでいる。

佐野泰臣(役:須藤修史)

須藤修史・・・12年前、笹山の娘を殺害した犯人。12年の実刑判決を受け、服役後出所。

五宝孝一(役:小柳征矢)

小柳征矢・・・12年前の事件で須藤の弁護を担当した弁護士。

森聖矢(役:長嶋智博)

長嶋智博・・・須藤が出所後、働いている線香工場「薫花堂」の社員。

【相棒17】第16話「容疑者 内村完爾」のネタバレ

人権派として知られる弁護士・小柳征矢(五宝孝一)の他殺体が、神奈川県内の河川敷で発見され、現場にいた内村刑事部長(片桐竜次)が容疑者をして拘束される。中園参事官(小野了)が「今回だけは特別に捜査権を与える」と特命係に依頼し、捜査に乗り出した右京は、遺留品にバラの成分が含まれていたことを手掛かりに、近くの線香工場で聞き込みする。と、従業員の中に、12年前に女子高生殺害の罪で懲役刑を受け、最近出所したばかりの須藤修史(佐野泰臣)という男が、殺害された弁護士の紹介で働き始めていることが判明する。しかも、この男は、この日に無断欠勤しており、行方が分からないという。事件当時21歳だった須藤は理不尽な解雇宣告を受け苛立っている時に、横を通り過ぎた女子高生が自転車の鍵を落とし、拾って声をかけたところ、怯えた顔をされたため、殺してしまった。小柳弁護士は、その時の須藤の状況から情状酌量を訴え、懲役12年の判決となったが、納得のいかない両親はそれを不服とし、小柳弁護士に詰め寄っていた。須藤の出所後も居場所を度々尋ねていたという。

右京は、12年前の事件との関連を調べるため、12年前の被害者遺族・笹山夫妻の元へ向かう。母親の由美(あめくみちこ)とは会えたものの、父親の笹山隆文(江藤潤)は海外出張中とのことだった。自宅室内には複数の監視カメラが設置されていた。後追い自殺を監視するためのものと推測された。伊丹芹沢の調べで、須藤が行方不明になっていることがわかる。内村笹山は大学の同期で、12年前の事件の際も、内村は遺族の便宜を図っていたことも判明する。黙秘を続ける内村は、誰をかばっているのか?

そんな中、青木がネット上にアップされた須藤の写真を見つける。投稿主は”正義の使徒”。悪質な公開処刑の掲示板だった。そのやり取りの中に、居場所を尋ねる「aki sasayama」と名乗る書き込みがあった。笹山明希とは、12年前に殺された笹山夫妻の娘の名だ。青木の調べでは、発信場所は笹山家のPCで、”正義の使徒”との直接のやり取りで勤務先や住所を聞き出していた。

伊丹芹沢の調べで、笹山は搭乗手続きはしたものの、出国していないことがわかる。そして、その所在も不明のままだ。笹山須藤が行方不明になっていることを内村に話すと、内村はようやく重い口を開いた。出国直前に監視カメラのモニタリングで由美が包丁をバックに入れているのを見た笹山は、出国を取りやめ、内村に助けを求めた。連絡を受けた内村が河川敷に向かうと、逃げるように立ち去る由美とすでに殺害された小柳弁護士を発見した。現場にいた理由を聞かれると、笹山夫妻に嫌疑がかかってしまうと考え、黙秘していたのだった。「それは、警察官として間違った行為です」という右京の言葉に、「笹山を止めてくれ、あいつにまで罪を犯させたくない」と頼む内村

被疑者となった由美の話では、収監中の須藤から来た謝罪の手紙はとても短く簡単なもので、由美が送り続けたおびただしい数の手紙は、返事はもちろん受け取り拒否されていた。なんとか謝罪をしてほしいと小柳弁護士に居場所を尋ねたが、教えてもらえなかったため殴ったと自供する。

内村笹山須藤を監禁していそうな心当たりを聞いた右京は、山小屋へと向かう。そこには拉致された須藤と、今にも殺してしまいそうな笹山がいた。自らが容疑者となっても黙秘を続ける内村の思いを踏みにじってはいけないと言われた笹山は、思い止まり連行される。

取り調べでの笹山の話しで、モニタリングで慌てて帰宅した笹山由美のバックを探ると、使っていない包丁が出てきたため、一度は安心するが、冷蔵庫に血の付いた石を見つけた。包丁を持ってでたのになぜ石を使ったのか訝しむ右京笹山の供述から石を押収し鑑定すると、由美以外にもうひとりの指紋があることがわかる。

がアップされていた須藤の写真に写りこんだある人物を見つける。

須藤の写真をアップし、由美に住所を教えた”正義の使徒”の正体は、須藤と同じ線香工場に勤める長嶋智博(森聖矢)だった。長嶋は元犯罪者の須藤を金を払わなければネットに晒すと脅していた。それを小柳弁護士にとがめられ、落ちていた石で撲殺したのだった。その場に居合わせた由美は、長嶋を逃がし、凶器の石を持ち帰ったのだった。由美長嶋をかばった理由は、憎んでいた須藤を懲らしめてくれたからと言う。そんな由美右京は、須藤は仮出所の話を断り、「それしか罪の償い方がわからない」と満期出所を申し出ていたという。手紙の受け取りを拒否していたのは、謝罪の手紙を賭けないからだったと教え、ほんの一部だといって段ボールいっぱいに入った獄中から出所後まで書き続けた須藤の手紙を渡す。そこには、「何を書いても言い訳にしかならない」との涙で滲んだ手紙が入っていた。それを見て泣き崩れる由美

内村刑事部長は、3か月の減俸処分となり、よその事件に首を突っ込んだ特命係は、今回はお咎めなしだった。

【相棒17】第16話「容疑者 内村完爾」の感想

今シーズンは、主要メンバーがかかわる事件が多いような気がします。それにしても刑事部長の黙秘とかは、ちょっとありえないことですね。

記事内画像出典:公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク