【私のおじさん】第4話の視聴率とネタバレ!脇役たちの高い視聴者好感度!

ドラマ【私のおじさん~WATAOJI~】第4話の視聴率とネタバレ!

おじさんの力を借りて少しずつ成長するひかり。

新米AD目線で、大人の厳しさを伝える中身の濃い作品になってきました!

第4話の視聴率とネタバレをどうぞ!

ドラマ【私のおじさん~WATAOJI~】の全話ネタバレと視聴率! 岡田結実主演のドラマ【私のおじさん~WATAOJI~】が1月…
スポンサーリンク

ドラマ【私のおじさん~WATAOJI~】の視聴率とネタバレ

第4話の視聴率

第4話の視聴率は5.5%でした。

前回より1.5ポイントのアップです。

第4話のネタバレ

突然オフィスで千葉(城田優)にキスされたひかり(岡田結実)。ついに恋の始まりか…!?と期待したのもつかの間、千葉はそのままどこかへ行ってしまう。
そんな中、『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』は視聴率が低迷。原因は裏番組がラーメンだったから?それとも天候のせい?会議室に重苦しい空気が流れる中、千葉は「最近攻めてねえからだろ」と言い放ち、“サバンナで一週間全裸サバイバル”という企画を提案。チーフADの出渕(小手伸也)たちは「久々に攻めた企画!」「これはバズる!」と沸き立つが、プロデューサーの(田辺誠一)の反応はどこか鈍く…?


翌日、案の定、から「全裸はコンプライアンス的にNG」「サバンナでロケも予算的にNG」という結論が。その代わりに伊豆あたりでロケをしてはどうかという謎の代案がもたらされ、スタッフ一同はあ然。
さらには「番組の最後に合唱してみてはどうか」「水着美女や筋肉ムキムキの外国人を出演させてみては?」、挙句の果ては「路線バスで温泉や絶品グルメを巡ってみたらどう?」と、視聴率アップと上層部の顔色だけを気にした無茶ぶりアイデアばかりを持ち込み、企画会議はますます混乱。ついに千葉は「そんなわけわかんない企画の何が面白いんだよ」とブチ切れ、上層部の元へ怒鳴り込みに行ってしまう!
一方、ひかりは今さらのように立ち上げた番組SNSを任されるも、企画段階の会議内容を投稿してしまい、あっという間に炎上。突然クビの危機にさらされてしまう。
繰り返される“プライドのないテコ入れ”に疲弊してゆくスタッフ。

実はは、上層部との付き合いでキャバクラへ行ったことを妻に責められたり、上層部の圧力と戦っていた。そんなと昔、「もっと自由に面白い番組を作ろう。千葉のことは俺が全力で守るから」と交わした約束も忘れてしまったに、「おまえ変ったよな」と嘆く千葉

一方、クビの心配で仕事が手に付かないひかりだったが、に「大したことじゃなかった」と言われ一安心。しかし、その後も忖度だらけのの姿勢に「番組愛とかプライドがないんですか?」と言ってしまう。そんなひかりに妖精おじさん(遠藤憲一)は「君は何にもわかってないよ」と冷たい言葉を浴びせる。昼休みに馬場(青木さやか)に呼び出されたひかりは、「あなたは一度でも頭下げた?頭下げたのはだよ。彼はみんなを守るために自分のプライドを捨ててる。あんたにに文句言える資格はないよ」とたしなめられる。

自分のことしか考えていなかったことに気づき、落ち込むひかりは、翌朝に謝ろうと会社に向かう。同じく文句のあった千葉と、上層部に呼び出されたの元へ向かった。上層部はまたまたにとんでもない企画を押し付けようとしていた。それをドアの外から見ているひかり千葉おじさん。再び上層部の理不尽な意見に流されそうなを見て、千葉が怒鳴りこもうとした。すると突然が上層部に土下座する。驚く三人。は、「申し訳ありません、全裸サバイバルやります」と言い始める。千葉と交わした約束を思い出していたのだ。「責任はすべて私がとります!」上層部たちは怒りながら出ていく。心配する千葉に、「大丈夫でしょ、面白いもの作れれば。信じるのが俺の仕事だから、あとは頼んだ」と

そうして出来た番組のオンエアを、帰宅したの妻と息子が大笑いで見ている。SNSでも”神回”の声が飛び交う。

翌日、スタッフが心配そうに見守る中、電話を受けたに、視聴率13%の連絡が入る。千葉に「約束ちゃんと守るから」と言う。初心に帰るふたり。そこへ上機嫌でやってくる上層部。ヘコヘコする。お偉いさんたちは、まるで自分たちの手柄のように言うと帰っていく。深々と頭を下げるひかりの頭も押さえつける。「俺は番組のためならいくらでも頭を下げられる」と言う

その夜、結婚の破断と新しい職に反対していた母親からひかるに電話が入る。母は、番組を見て面白かったと大いに喜んでいた。安心するひかる。するとそこへ、九条からメールが入る。そこには、また新しい女とキスをする千葉の写真があった。

ドラマ【私のおじさん~WATAOJI~】第4話の感想

全体的に脇を固める上司の好感度が高いようです。

記事内画像出典・公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク