【トレース~科捜研の男~】5話の視聴率とネタバレ!18年の時を経た家族愛に涙!

トレース3

月9ドラマ【トレース~科捜研の男~】5話が2/4(月)に放送されました。

暗い過去を持つ科捜研法医研究員が、新人研究員と捜査一課の刑事と共に事件を解決していくサスペンスドラマ。

山で見つかった遺体と、18年前の誘拐事件との関係とは?

今回は、【トレース~科捜研の男~】5話の視聴率とあらすじネタバレ、感想についてご紹介。

見逃してしまった方は、FODプレミアムにて視聴できます!

スポンサーリンク

【トレース~科捜研の男~】5話の視聴率

トレース5話

【トレース~科捜研の男~】5話の視聴率は10.0%。

前回より1.0%ダウンとなりましたが、依然2桁をキープしています。

【トレース~科捜研の男~】5話のあらすじとネタバレ

~【トレース~科捜研の男~】5話のあらすじ~

科捜研の 真野(錦戸 亮)のもとに、捜査一課の刑事・虎丸(船越英一郎)から鑑定依頼が届く。黒鷹山の山道付近で殺害遺体が発見されたのだ。被害者は、スナックに勤める海東奈津美(滝沢沙織)。死因は頭部を強打されたことによる脳挫傷で、死後3日が経過していた。また、遺体の周辺からは、被害者とは違う人物の毛髪が見つかっていた。

毛髪のDNA鑑定を行ったノンナ(新木優子)は、それが18年前に誘拐され、そのまま行方不明になっている幼児のものであることを知る。18年前に起きた『鶴竹町幼児誘拐事件』は、スーパーで買い物中の母親・島本彩花(矢田亜希子)が目を離した隙に、娘・ユウちゃんが誘拐された事件だった。彩花と父親の彰(山中 聡)は、誘拐犯からの指示に従って身代金を届けた。だが、ユウちゃんがいるというコテージにはその姿はなく、代わりに誘拐犯と思われる暴力団の準構成員・神崎徹(石垣佑磨)の遺体があったのだ。彩花たちはそこで初めて警察に通報したが、結局ユウちゃんは行方不明のまま。身代金も消え、神崎を殺した人物の正体もわかっていなかった。

虎丸は、今も娘の行方を探して街頭でビラ配りをしている彩花たちに事情を伝え、協力を要請した。そんな折、遺体で見つかった奈津美が、18年前に鶴竹町に住んでいたことが判明する。

一方、真野は、明日が休日だというノンナに、予定がないなら付き合ってほしい、と声をかけ…。

~【トレース~科捜研の男~】5話のネタバレ~

ノンナは妹・カンナ(山谷花純)から「デートの誘い」であると言われ、オシャレし真野との待ち合わせ場所へ。

しかし、迎えに来た真野はしっかりと制服を身に着け「臨場に行く」と言うのだった。

遺体発見場所へ向かう途中に掘られた形跡を見つけ、奈津美の上着ポケットに土が入っていたことから一度埋められた可能性を考え、辺りの土を持って帰り奈津美の毛髪や血痕を探し出すことに。

その頃、虎丸の元には奈津美が18年前に妊娠・中絶していた情報が入り、その相手の名前を凝視していた。

さらに奈津美のアパートの部屋からは、黒ずんで錆びている包丁が見つかる。

18年前、神崎を殺したのは奈津美なのか?

この推測には理由があり、奈津美が妊娠した相手の男が神崎だったのだ。

神崎に都合のいいように扱われていた奈津美は、妊娠が分かると無理矢理中絶させられた後に捨てられ、その時に子宮がんも見つかり子宮を摘出、二度と子供が産めない体となる。

その恨みから神崎が誘拐事件を企てていることを知り金とユウを奪い殺害、そしてユウは全てを知り復讐のために奈津美を殺したのではないかと考えられた。

奈津美の部屋から見つかった包丁から神崎の血痕が検出され、奈津美が犯人であるのが濃厚となる。

そんな中、ユウと思われる人物・島本優(山本舞香)が奈津美殺害を認め、出頭したとのニュースが。

優は1歳で児童養護施設に入れられ「レイカ」として育てられていたが、大人になるにつれ色々と調べ奈津美のことが分かり殺したと自供。

優の両親・島本夫妻に、親子鑑定の為DNAの提出を求めるが、どうも彩花の様子がおかしかった。

そして、優の証言の確認と養護施設の施設長・上野郁子(安藤玉恵)からも話を聞き、凶器は見つからなかったが鑑定結果から証言は立証。

その頃、優と両親の親子鑑定結果で、母・彩花の子ではあるが、父・彰の子ではないということが分かり、真野は「まだ何か真実の欠片は残っているはずだ」と確信した。

山から持ち帰った土からは奈津美の毛髪が見つかり、一度そこに埋められていたことが分かる。

では、なぜそこから山道付近にまで移動させたのか?

遺体を早く見つけてもらうため?

さらに真野は、ノンナの髪の毛を引っこ抜き服についている毛と比べさせた。

意図的に抜いた毛髪には、毛根鞘という毛根部分に透明なものが付いているが、自然に抜けた毛髪にはそれは見当たらない。

現場に落ちていた優の毛髪にはこの毛根鞘がついていて、これにより優が自分で髪の毛を抜き現場に置いていった可能性が出てきた。

何のために、誰かの罪を被ろうとしているのか?

そこで、郁子と奈津美が事件の一週間前に言い争っていたことが判明し、育ての親である郁子を庇うためではないかと思われた。

山に埋め三日後に掘り返しているのは他に目的があるためだったのか、最初から見つけやすい場所にしなかったことが気になる真野は、優の部屋への臨場を虎丸に要請する。

優の部屋で何かを見つけた真野は、とある場所の防犯カメラ映像を確認し、DNA型の鑑定を見直した。

そしてその頃、郁子が証言を始め、奈津美とは中学からの腐れ縁だったという。

18年前、奈津美は中絶した後に神崎から誘拐した子を預けられ、自然と手伝うという形で再びいいように使われていた。

その時に神崎から「子供も意外と可愛いもんだな。あの時産んでおけばよかった」と言われ、憎しみがこみ上げ刺し殺す。

急いで出ていこうとしたところまだ赤ちゃんだった優がぐずり出したので一緒に連れていき、身代金と共にそのまま逃げ育てようとした。

しかし子育てに慣れていなかった奈津美は、施設を経営している郁子を頼り一度は断られるが、当時資金難だった郁子は金を得ることと引き換えに優を預かり、その後の経営も順調に。

だが、一週間ほど前に奈津美が再び現れ郁子を強請り始めた。

その時の口論を優は聞いていて、奈津美の事を知ったのだが、優は殺してなどいない。

これらの話を、訪ねてきた島本夫妻に報告すると、彩花が「18年前、自分が神崎に優を預けた」と告白。

学生時代に神崎と付き合っていた彩花。

新婚の頃に現れた神崎に写真をばら撒くと脅され、仕方なく体を求められる要求に応じていた。

関係を続けていたある日、身ごもり不安に思った彩花はDNA鑑定し神崎の子供であることを知る。

しかし彰に打ち明けられるはずもなく、再び現れた神崎に子供のことを見抜かれた挙句三千万円を要求され、狂言誘拐の話に乗るしかなかった。

そして、奈津美殺害を認めた郁子から、事件当日に優を呼び出し手伝わせたことが明らかにされる。

虎丸は全てを知った優が郁子の身代わりとなったと主張。

真野「違います。本当に守りたいものは他にあった。お母さんです」

優は自分のことが公にされ、彩花に迷惑が掛からないようにしていた。

真野が見つけた、優の部屋にあったチラシは彩花たちがビラ配りしていたもの。

さらに防犯カメラの映像からも、両親二人に会いに行っていたことも分かっていた。

三日間かけ二人を探した優だったが、声をかけようとしたとき女の子が駆け寄り二人の子供だと瞬時に思い、三人の笑う姿を見て「家族の幸せを壊したくない」と、罪を被ることを決意。

奈津美の遺体が発見されやすいようにし、自分の髪の毛を抜いて置いていったのだった。

話を聞いた彰は「誰が何といっても俺の子だ。18年間、辛かったな。苦しみに気付いてやれなくて悪かった」と、彩花と共に泣いた。

その後、優も自供し郁子も逮捕され、面会に行った島本夫妻と優の間には笑顔が溢れる。

そして、真野・ノンナ・虎丸で家族の話になり、真野が「礼二」と言う名前から兄弟の話になると、突然顔が曇った。

さらに真野の携帯に非通知着信が入り、電話に出ると「話がある。君のお兄さんのことだ」と、見知らぬ男性の声がした…。

【トレース~科捜研の男~】5話の感想まとめ

原作者の古賀慶先生もこんな呟きをされていました。

今回のストーリーは、原作の『トレース 科捜研法医研究員の追想』3巻の第13・14話「土中の遺品」が元となっているようですので、気になる方はぜひ!

全く違った話なので、またこちらも楽しめると思います。

ドラマ版の方は、とにかく旦那さんも娘ちゃんもいい人・いい子で良かった!との意見が多数でした。

途中から矢田亜希子さん演じる彩花の様子がおかしく、きっと旦那さんの子ではないと気付いた方も多かったと思いますが、実の母親が犯人でなくて一安心。

遺体遺棄などの罪に優はなってしまうでしょうが、温かい家族が待っているというだけできっと彼女も救われるのではないでしょうか。

次回からは、新章となり真野の過去についても大きく描かれていきそうです。

記事内の画像出典:【トレース~科捜研の男~】公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク