【僕の初恋をキミに捧ぐ】1話のネタバレと視聴率!野村周平、桜井日奈子のプール場面が話題!

僕キミ

画像出典:テレビ朝日

【僕の初恋をキミに捧ぐ】1話のネタバレと視聴率!

【僕の初恋をキミに捧ぐ(僕キミ)】1話がテレビ朝日系にて、1/19に23時30分から放送。

野村周平・主演、桜井日奈子・ヒロインで贈る、限りある命の中での恋愛ドラマ!

今回はドラマ【僕の初恋をキミに捧ぐ】1話のネタバレ・視聴率・感想について。※見逃した方はビデオパスで配信予定。

画像出典:テレビ朝日 ドラマ【僕の初恋をキミに捧ぐ】のキャストとあらすじ! 2019年冬ドラマで、青木琴美の人気漫画「僕…
スポンサーリンク

【僕の初恋をキミに捧ぐ】1話のネタバレ

「僕キミ」1話のあらすじ・ネタバレの順で、1話を徹底紹介します。

見る前も見た方もドラマ鑑賞の参考に。

『僕の初恋をキミに捧ぐ』1話のあらすじ

18歳の垣野内逞(野村周平)は、写真館に来ていた。カメラを向ける店主に写真の用途を聞かれるが「何となく」と応え、満面の笑みでピースサインを出した――。

時は遡り、逞が8歳の頃。病院に入院している逞のそばにはいつも、同じ年の女の子・繭(桜井日奈子)がいた。ある日、病室を抜け出して訪れた夜の公園で、逞と繭は夜空を仰ぎながら結婚の約束を交わす。自分たちには未来があると信じて、疑わずに…。

それから7年後。15歳になった逞は、名門・私立紫堂高校に入学。新入生たちに向かって「学園生活をエンジョイしようぜ!」と叫ぶ生徒会長・鈴谷昂(宮沢氷魚)の挨拶に驚く逞だったが、次に新入生代表の挨拶で壇に上がった女子生徒の顔を見て、さらに驚がくする。なんとその女子生徒は、かつて星空の下で結婚の約束をした、幼なじみの繭だったのだ! 全校生徒を前に壇上から大声で「この私から逃げようなんて百万年早いのよ!ぜっっったいに、逃さないからね!」と逞へ向け宣言する彼女は…誰よりも会うのを避けていた大切な初恋の人物なのだった。

隠れて猛勉強してまで自分を追いかけてきた繭に対し、逞は戸惑いを隠せない。泣かせたくない大事な女の子との関係を「せっかく終わりにするって決めたのに」。小さい頃に偶然聞いてしまった自分の命のタイムリミットについての記憶が、逞の頭の中でまたよみがえるが…。

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/bokukimi/story/0001/

『僕の初恋をキミに捧ぐ』1話の見どころ

僕の初恋をキミに捧ぐ1話

画像出典:https://www.tv-asahi.co.jp/bokukimi/story/0001/

先行公開された場面写真のプールでの画像は桜井日奈子がタオル一枚!

制服姿の野村周平が守っているもの。

弓道の練習後・シャワーを浴びていたら大事なモノを紛失!

プールで見つけたため泳げないのに飛び込んだのですが、野次馬が殺到してしまうという展開。

撮影は真冬で半日がかり。室内プールとはいえ水は常温。カットがかかると野村周平・桜井日奈子は温水のジャグジーへ。それを繰り返しての撮影。

しかも大事なモノが浮かばないため発泡スチロールを下につけて浮かせたそうです。

キャスト・スタッフの苦労が結集したシーンは必見!

『僕の初恋をキミに捧ぐ』1話のネタバレ

体育を見学中の逞のもとへ3年の五十嵐優実(松井愛莉)が接近。「キミおもしろいね」といわれる。

大事なモノを奪うと予告された繭(桜井日奈子)は、パンツが盗まれプールへ飛び込む。

逞が助けたが、その後、苦しみだす。

運ばれた病院にて。繭は幼い頃を思い出していた。

(回想)
・かくれんぼ中に、逞が20歳まで生きられないと聞いてしまった繭(室内)、そして逞(室外)。
・繭は父に真相を聞いたが、父は笑っていた…そのとき「お父さんって嘘つくとき笑うんだ」と繭は思った。

担当医で繭の父・種田穣(生瀬勝久)に(微笑みとともに)「大丈夫だから」と言われ、帰らされた繭。

その後。

退院した逞は鈴谷律(佐藤寛太)にプールの時の倒れ方から心臓の病気と知られてしまう。

生田成美(富田健太郎)と神尾耕太郎(岐洲匠)が正坐する中、「大事なモノといえばパンツでしょ」と優実(松井愛莉)は言う。が、生徒会長・鈴谷昂(宮沢氷魚)の言った意味は違うらしい。

…放課後。繭は逞を屋上に呼び出す。

逞も話しがあって切り出す。繭が変で危ない女だから迷惑だと指摘。

逞「だから…(好きだ、だからもう近づくな)」

繭「でも私は…(好き、離れられない)」

逞・繭「あの!!」

「だったらさあ、ふたり友達になれば!そしたら全部まるく収まるしさ。周りも変に気を遣わなくてすむし、どうかな?」鈴谷律(佐藤寛太)がみかねて声をかけた。

2人は握手。友達になった。

逞は、18歳の誕生日に遺影のための写真を撮った。

死ぬ前に繭と決着したいと思っていた、繭が初恋の相手だから。

【僕の初恋をキミに捧ぐ】1話の視聴率

【僕の初恋をキミに捧ぐ(僕キミ)】1話の視聴率3・3%!

深夜枠とはいえ3%台スタートと厳しい数字。

枠としては、視聴率4.3%超えが期待されていました。

理由は、以下の通り土曜ナイトドラマ枠の平均視聴率だからです。

テレビ朝日・土曜ナイトドラマ枠の過去の視聴率

・土曜ナイトドラマ第1弾の『オトナ高校』から前作『あなたには渡さない』まで調べると、視聴率は以下の通り。

  • 『あなたには渡さない』1話の視聴率:4.3%
  • 『ヒモメン』1話の視聴率:4.6%
  • 『おっさんずラブ』1話の視聴率:2.9%
  • 『明日の君がもっと好き』1話の視聴率:4.3%
  • 『オトナ高校』1話の視聴率:5.4%

・同放送枠の5作品の平均視聴率は4.3%!※

※(4.3+4.6+2.9+4.3+5.4)÷5=4.3%

【僕の初恋をキミに捧ぐ】1話の感想

原作と違いすぎる!?


視聴継続決定!?

【僕の初恋をキミに捧ぐ】1話のまとめ

原作・映画ファンからは批判殺到

やはり原作あり、そして映画化もしている本作はココが違うと批判殺到。

別ものと見てほしいですが、それだけ漫画が愛されている証拠でもあります。

そして井上真央、岡田将生の映画版と比較して「劣る」「違う」と言う声も!

さらに年齢的にもドラマ版はどうでしょうか。

キャストの年齢が気になる!

桜井日奈子は1997年4月生まれの21歳で女子高校生役はまだ見れます。

しかし野村周平は1993年11月生まれの 25歳。20代も中盤で、高校1年・16歳役とはなんと9歳差!?

なのに歳の年代を演じるとは!

桜井日奈子のつたない演技力は仕方ない(?)にしても、野村周平の高校生役は違和感あり。

ちなみに2009年10月公開の映画版「僕キミ」のキャストの年齢は…

・井上 真央は1987年1月生まれで、映画公開時、22歳。

・岡田 将生は1989年8月生まれで、映画公開時、20歳。

2人とも20代前半でした。

「僕キミ」1話は我慢。2話がキーに!

原作との違いが気になりすぎる人の脱落は仕方ないとしても…

2話では、原作・映画ファンで我慢してみてる方の心をつなぎとめられるかがキーポイントになりそう。

初見の視聴者にはおおむね好評なので多くの本作。

鬼門の2話でも視聴者の心をとらえて欲しいところです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク