ドラマ【黄昏流星群】最終回の視聴率とネタバレ!ふたご座には勝利するも視聴者モヤモヤ!

tasogare_title1

ドラマ【黄昏流星群】最終回の視聴率とネタバレ!

折しもふたご座流星群の夜に放送された【黄昏流星群】最終回!

全員ハッピーエンドに視聴者のモヤモヤも爆発!!!

ドラマ【黄昏流星群】の全話あらすじと最終回ネタバレ!大人の恋の行方を最終回まで追う! 複雑な大人の恋を描くドラマ【黄昏流星群】…
スポンサーリンク

ドラマ【黄昏流星群】最終回の視聴率

最終回の視聴率は6.5%!

有終の美は飾れませんでしたが、平均視聴率は6.69%になりました。

ドラマ【黄昏流星群】の視聴率一覧!

ドラマ【黄昏流星群】最終回のあらすじ

元のサヤに?

若葉銀行へ戻り、不正融資の内部調査を行っていた完治だが、同僚・井上が不正融資の責任を負い、自殺を図ってしまう。

の目も次第に見えなくなってくる。面接をした茅野緑(美保純)がの病を察知し、気遣って食堂で働くよう勧める。その際、ここへ来るまでのことを洗いざらい話させる。

春輝といっしょにをホスピスに送った真璃子は、これまでの献身的な世話に感謝されるも、春輝との関係は今日で終わりにしてほしいと釘を刺される。他に行くあてのない真璃子は、瀧沢家に戻る。帰ってきた完治は驚いたが、真璃子を連れ、井上の見舞いに行く。完治は上からの命令があったと考えているが、井上は何も言わない。

春輝から「会いたい」とLINEが来るが、真璃子は「もう会えません」と断り、春輝の連絡先を削除する。そして、井上のため不正融資の調査に没頭する完治と何事もなかったかのような生活を送る。

ひとりぼっちの栞

茅野の計らいで食堂で働く。だが、病のせいで手が思うように動かない。休憩中にテレビから流れた若葉銀行の記者会見で話す完治の姿を食い入るように見つめる茅野が見ていた。

夜、自分のために買ってきたデコレーションケーキでひとりぼっちで誕生日を祝う。遺影に恋が終わったことを報告し、「しっかりしなきゃ」と自分を励ます。

聞き取り調査をする完治。だが、上司たちは白を切り、部下たちは口をつぐむ。井上の独断ではない証拠がつかめない完治は、井上の妻に話を聞く。すると、偶然撮った動画に証拠を見つける。記者会見で真実を話し、井上を守った完治

真璃子と祝杯を上げる完治。その夜は、久しぶりに真璃子のベッドへ…。

真璃子の決断

翌朝、突然真璃子が離婚届を差し出す。完治の心に別の人が住んでいるという確信、自分も新しい人生を生きていく決断をしたと言う。しかも、好きな人がいることまで話す。驚きながらも納得する完治

それぞれのの再出発

完治は銀行の執行役員の椅子を蹴り、残りの人生は自分の新しい可能性を探ると言って退社する。

「じゃあ元気で」「あなたも」と爽やかに言葉を交わし、家を出ていく完治

アパートでの一人暮らし、山登りとひとりを満喫しながら3か月が経った。

仕事中に倒れてしまった。病院に付き添った茅野が栞の部屋に、お金を取りに行く。財布が入った引き出しに、大事にしまわれていた完治の写った週刊誌の記事や名刺を見て、の好きな相手が完治だと気がつく茅野

ベーカリー店で働くようになった真璃子。ロンドンの美咲から幸せそうな動画が送られてくる。そんな時、春輝からの電話。が会いたいと言っていると言う。

ホスピスでと話す真璃子に離婚の報告をする。は、「会うな」と言ったことは間違っていたとし、「あの子を見守ってあげて、笑顔でいられるよう助けてあげて」と懇願するのだった。

瀧沢家に若葉銀行の封筒が送られてくる。真璃子が開けると、一枚のハガキが入っていた。

完治の電話が鳴る。真璃子は、茅野という人物から来た全文を読んで聞かせる。から聞いた話で好きな相手が完治だと確信し、お節介と思いつつ知らせたとのことだった。病を知ってお荷物になるまいと身を引いたとのことだった。

「私なら会いに行く」と真璃子。その言葉に後押しされるように、栞のいる町に向かった完治。そして、再会。顔を見るなり泣く完治は優しく抱きしめる。

時が経ち、完治は山の近くでの夢だった『エーデルワイスカフェ』を営んでいた。

一方、真璃子春輝も楽しそうに過ごしていた。

ドラマ【黄昏流星群】最終回の感想

もう、都合が良過ぎるにもほどがあると思いました。これまでのキャラクターを無視してみんな心変わりが早すぎます。まるで素人の脚本ですね。誰か一人でも不幸にしては視聴者の共感が得られない内容だったので、こういう結末しかないのはわかりますが…。

ふたご座流星群には勝てたようですな(笑)

見逃した方は

FODで配信中です。
FODプレミアム

記事内画像出典:公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク