【西郷どん】46話のあらすじと視聴率!西南戦争、糸の最後の言葉に涙!

ドラマ【西郷どん】の視聴率と最終回ネタバレ!坂本龍馬役にまさかのSMAP起用?

NHK大河ドラマ「西郷どん」の46話が12月9日に放送されました。

ついに西南戦争が始まってしまい、糸の最後の言葉に涙が止まりませんでした。

この記事では、「西郷どん」46話の視聴率とあらすじについて書いています。

動画はU-NEXTでどうぞ。

ドラマ【西郷どん】全話視聴率と最終回ネタバレ! 三度結婚し二回島流しになるなど、謎多き男“西郷隆盛”を、林真理子さんにしか書け…
出典:NHK 2018年1月7日から始まったNHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 主演の鈴木亮平さんをはじめ、豪華キャス…
スポンサーリンク

【西郷どん】46話の視聴率

【西郷どん】46話のあらすじと視聴率!西南戦争、糸の最後の言葉に涙!

【西郷どん】46話の視聴率は、11.4%でした。

【西郷どん】46話のあらすじ

西郷(鈴木亮平)が兵をあげたことを知り、慌てる政府。

西郷たちは政府への尋問を目的とし、鹿児島を出て、熊本の川尻まで来ていた。その時、熊本城と市街が炎に包まれる。

その二日後、夜襲を受ける西郷。政府から賊軍とされた西郷たちは、尋問のために上京するということが叶わない状況となる。

熊本の田原坂と吉次峠で政府軍と衝突し、激しい戦闘となる。両軍一進一退を続けていたが、最新の銃器などにより、西郷軍は劣勢となる。

小兵衛(上川周作)は撃たれて死に、菊次郎(今井悠貴)も足を銃弾で撃ち抜かれてしまう。

敗戦濃厚となり北上を諦め、人吉へと南下。その後、さらに兵を減らし、俵野まで追い詰められる。

足を切り落とした菊次郎を見た西郷は、みんなを座らせ、解散を宣言する。

そして、戦地に糸が駆けつけ、菊次郎の手を握り涙する。糸に菊次郎のことを任せ、別れの言葉を交わすのだった。

【西郷どん】46話の感想

糸の最後の言葉、辛かったですし、重かった。

今日は泣けましたね。

いよいよ来週が最終回。

あっという間の1年でした。

悲しいラストになりそうですが、最後まで見届けようと思います!

※記事内の画像出典:NHK公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク