【あなたには渡さない】1話のネタバレ・視聴率・感想!第一戦は水野美紀の奪い愛が圧勝!

あなたには渡さない1話・水野美紀

【あなたには渡さない】1話のネタバレ・視聴率・感想!

木村佳乃主演、水野美紀、萩原聖人、田中哲司のドロドロ不倫ドラマがいよいよスタートしました。

第1話のしょっぱなから、濃厚で妖艶かつミステリーな雰囲気を醸し出しています。

今回は、【あなたには渡さない】1話のネタバレ・視聴率・感想について!

ドラマ【あなたには渡さない(あなわた)】のキャストとあらすじ! 木村佳乃主演のドラマ【あなたには渡さない】は10月スタート! …
スポンサーリンク

【あなたには渡さない】1話の視聴率

【あなたには渡さない】1話の視聴率は4.3%!

深夜ドラマなのに、初回からこの数字はなかなか! 豪華キャストを揃えた甲斐がありますね。

不倫ドラマなので「奪い愛、冬」のようにだんだんと熱量を蓄えて上がっていくパターンになりそうです。

【あなたには渡さない】1話のあらすじ

【あなたには渡さない】序章の始まりです。最初からこわすぎ!

料亭オーナーの妻・通子(木村佳乃)に夫(萩原聖人)から謎の電話

上島通子(木村佳乃)は、料亭「花ずみ」のオーナー兼板長の妻。

折り合いの悪かった姑・キクの仏前に備える菊の花を整えていたときに、夫・旬平(萩原聖人)から電話がかかってくる。その内容は…

「金沢の矢萩酒造の社長がくるから、東京駅まで迎えに行って銀座を案内してほしい」

どんな人かもわからないし、突然。そんな思いの通子に旬平は、「向こうはわかってる」と意味深な発言。通子は花瓶に入りきらなかった菊の花一輪を目印に持っていく。

夫の愛人・多衣(水野美紀)から離婚届が!

待ち合わせ場所にきたのは、通子(木村佳乃)が想像していた初老の男性というイメージとはまったく違う、着物姿の美人だった。

矢萩酒造の社長がなかなか現れないとヤキモキしている通子に、多衣(水野美紀)が声をかける。

「奥さんは、本当に“振り返らない女(ひと)なんですね。6年前にご主人がいっていました」

多衣は30分も通子が振り返るのを待っていたという。

通子は多衣のいうままにホテルのティーサロンに案内される。

多衣は、旬平(萩原聖人)の母で通子の姑であるキクと懇意にしていたこと、今締めている黒い帯もキクからもらったことを話す。

何を言われているかわからない通子に多衣が核心を突く!

多衣が「ご主人をいただきにまいりました」と宣戦布告

ちんぷんかんぷんな通子(木村佳乃)に多衣(水野美紀)は、これまでのしれっと含みをもたせた言い方を一旦やめて、どストレートに戦いを挑む。

「ご主人をいただきにまいりました」

6年前からご主人とは男と女の関係があった。とくに最初の夜のことを奥さんに知ってほしいと、事細かに通子に説明し始める。

奥さんの想像以上に汚れた夜

View this post on Instagram

【公式】「あなたには渡さない」次回は11月17日23:45〜さん(@anawata_ex)がシェアした投稿

旬平(萩原聖人)と多衣(水野美紀)の出会いは、6年前。

矢萩酒造の酒を「花ずみ」で出したいと、旬平が店を訪ねたのがはじまりで、互いに“ひと目惚れ”だったという。

2人の汚れた夜を事細かに説明する多衣。通子が「所詮、中年の遊びでしょ」というが「最初の夜から本気だったし鬼になる覚悟をしている」「これは女将さん(キク)の遺言でもある」という多衣。

突然突きつけられたとんでもない事実と多衣に対する意地から、「これから銀座だって案内しますよ」と言い始める通子。

そんな通子に多衣は「私、奥さんのこと大嫌いです。ホントにイヤな女」と言い放つ。

【あなたには渡さない】1話のネタバレ

ここからネタバレありますのでご注意ください!

通子(木村佳乃)が笠井(田中哲司)に頼んだことは?

多衣(水野美紀)の奇襲を受け、旬平(萩原聖人)に確認する通子(木村佳乃)。

しかし旬平は「離婚届にサインして」というだけ。

失意の通子が銀座の街を歩いていると、兄の友人であり、昔から妹のように可愛がってもらっていた笠井(田中哲司)を偶然みかける。

もともと通子が好きだった笠井は、声をかけられ舞い上がるが社用のため名刺を渡して去る。

平静を装う通子に娘・優美(井本彩花)は冷たい態度。

優美もまた、決して振り返らず、夫に関心のない通子のことを見抜いていたのだった。

通子は笠井を訪ね、3万円貸してくれという。

離婚の手続きにかかる費用と、「花ずみ」の料理を食べるお金を貸してほしいという。

夫の稼ぎを使いたくないから…。

笠井(田中哲司)の思いがダダモレしすぎ!

通子(木村佳乃)がうっかり財布のジッパーで怪我をした指から血が出ると、笠井(田中哲司)は

すかさずその血を口をつけて吸い出す!

「いつも子供にやってるから」と言い訳したが…(爆)。

通子は3万円の借金と2つのお願いを笠井に託す。

通子(木村佳乃)VS旬平(萩原聖人)!

通子(木村佳乃)は、笠井(田中哲司)に笠井の名で予約を入れてもらい、笠井から借りた金で「花ずみ」夫・旬平(萩原聖人)の料理を愉しむ。

料理を愉しみながら、多衣(水野美紀)の影を感じずにいられない通子。

デザートを持ってきた旬平と正面対決する。

多衣との最初の夜を旬平の口から聞きたいという通子に「お前はやっぱり振り返らない女だ」と逆ギレする旬平。

ご都合主義で妻扱いしないでー!  とキレる通子に、「花ずみ」が倒産すると伝える旬平。

「言ってくれなきゃわからない!」という通子に、旬平は優美(井本彩花)は気づいてくれていたという。

離婚は借金逃れの偽装?

旬平(萩原聖人)と通子(木村佳乃)の離婚は、借金逃れのための偽装? とも思われたが、多衣(水野美紀)とのことはすべて真実と言う旬平に、通子が痛烈ビンタ!

「バカにしないでよ!」

【あなたには渡さない】1話の感想

いやー、しょっぱなから水野美紀の先制攻撃がすばらしい!

原作をはしょってはいるけど、「私、さっき言いませんでしたっけ」的なネチネチ具合がよいですね!

【あなたには渡さない】1話のまとめ

木村佳乃さんの通子は20年近く、夫の職場の料亭に近づくなと夫と姑から言われていた専業主婦。

何かとすっとぼけた感じもよかったのですが、第一戦はまちがいなく多衣(水野美紀 )さんの大勝利でした!

が! 次回からは通子(木村佳乃)の大反撃が始まります! 乞うご期待!

記事内の画像出典:「あなたには渡さない」公式サイト・SNS

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク