ドラマ【駐在刑事】第4話の視聴率とネタバレ!山への愛が起こした悲しい事件の結末!

ドラマ【駐在刑事】第4話の視聴率とネタバレ!

11月9日に放送された第4話。山を愛するがゆえの悲しい殺人事件。

ひかりを思う江波に綾乃も心を開くのか!

ドラマ【駐在刑事】の視聴率と全話あらすじ! 人気ドラマ【駐在刑事】が10月19日より連ドラとしてスタート! 奥多摩・水根…
スポンサーリンク

ドラマ【駐在刑事】第4話の視聴率

第4話の視聴率は8.1%!

なんとか8%台をキープしました!

ドラマ【駐在刑事】第4話のゲスト

萩尾みどり(役:根本かおる)

根本かおる・・・美也子の幼馴染。美容院の店長。

森矢カンナ(役:津山理沙)

津山理沙・・・フリーの山岳ガイド。

小林涼子(役:根本遥)

根本遥・・・かおるの娘。

山崎まさよし(役:謎の男)

ドラマ【駐在刑事】第4話のネタバレ

山の沢で殺人事件

江波と山岳ガイドの孝夫遼子は、フリーの山岳ガイド・津山理沙(森矢理沙)と共に子供たちにトレッキングの指導をしていた。理沙は近々、念願だった国立公園レンジャーになることが決まっていた。

奥多摩署署長・綾乃は、登山にそぐわない恰好で雲取山へ登ったホスト風の男とハイヒールの女のカップルがいたとの連絡を受け、江波に捜索を依頼する。

江波と山岳ガイドの孝夫はカップルを探しに行く。二人は別ルートで挟み撃ちにする形で登り、江波がカップルを見つけるが、孝夫からの悲鳴を聞いたという電話を受け、詳しい事情を聞けず帰してしまう。一方、孝夫は沢に転落して死んでいる女性を発見。転落現場には争ったような形跡があった。亡くなったのは、美容院チェーンを経営する竹田千恵子(山野海)。一緒に登山していた美容院店長は山根旅館の美也子の幼馴染の根本かおる(萩尾みどり)。かおる千恵子と別れて下山したと話す。

江波は、美也子の頼みでかおるを現場へ案内する。線香をあげるかおるの横で沢に花が手向けられているのを見かける。

水根旅館でかおるを見送った江波美也子から旅館の金10万円が盗難されたと聞く。

盗難事件を耳にした綾乃は、水根旅館でアルバイトを始めた娘のひかりを疑い、またしてもひかりから嫌われてしまう。

捜査で、かおるの店は経営難から千恵子に買い取られ、かおるは雇われ店長であること、店のお金200万円を5年に渡り着服していたことがわかり、聴取されるがお金は少しずつ返済することで話しがついており、殺してなどいないと否認する。そして娘に急ぎの用事があると、軽部の付添で都内に帰る。

軽部からかおるの自宅の場所を聞いた江波は、都内のマンションへ向かう。するとそこから、例のカップルが争いながら出てくる。逃げようとした男を捕まえた江波は、ふたりを連れ奥多摩署へ戻る。

女は、かおるの娘で根本遥(小林涼子)。買い物依存症で借金があり、男はその取り立てやだった。千恵子なら金を回収出来ると言ったため、ふたりで千恵子を追って山へ入ったのだが断られ、逆に脅されたと言う。しかし殺人は否認。そのまま帰ったのだった。

の話から、10万円盗難の犯人はかおると睨んだ江波は、綾乃ひかりの無実を証明するからかおると会わせてほしいと頼むが拒否される。しかし帰り際に「ひかりのためにありがとう」と礼を言う綾乃

沢に手向けられた花が気になった江波は、孝夫遼子と事件現場へ。遼子の調べで花は”カンパニュラ”とわかる。しかし、わざわざ崖を降りて花を置くのはおかしいと江波。犯人は沢を使って逃げたのではないか?だから江波にも孝夫にも遭遇しなかったのだ。江波の腕の傷に気づき遼子に手当してもらった江波は、の足に手当された痕があったことを思い出す。

期限切れの鮭フレークを使って作ったおにぎりを遼子からと言って軽部をだまし、に会わせてもらった江波は、から足の手当をした人物像を聞く。

山岳ガイドセンターに向かった江波は、津山理沙に事情を聞く。「”カンパニュラ”の花言葉は後悔、あなたは罪を償いたいんじゃないんですか?」素直に認める理沙

理沙は、山野草を取っていた千恵子を発見し、注意したが受け入れてもらえなかったため、取った山野草を没収しようともみ合いになり、千恵子が転落してしまったと言う。一度は警察に連絡しかけたが、国立公園レンジャーの話がご破算になるのを恐れ、逃げてしまったのだった。

水根旅館に来たが、かおるを叱責する。そんなを引っ叩く美也子。「お母さんがどんな思いで…」と諌める美也子。盗難の件を謝罪し、「もう二度と顔を出さない」と言うかおるに、「逃げずにと向き合って、またふたりで来て」と美也子。「みんな水根で待ってますから」と江波

ひかりの件

電話に出てくれないひかりの元へ父親の中瀬時雄が現れる。中瀬はひかりにトランクルームの鍵を渡し、「お母さんの遺品が入っている。困ったことがあったら中を見るように。父親らしいこと、何もしてやれなくてごめん」と言って去っていく。鍵を見つめていたひかりは、それを旅館の池に投げ入れてしまう。

小宮山の件

小宮山の元へ挨拶に来た綾乃。去り際に中瀬の写真を見せ、この男を知らないかと尋ねる。小宮山は「知らない」と答えるが、秘書の葛城と一緒のところを見たと言うと、葛城は「小宮山ハウスに勤めている者だ」と言う。「聞きたいことがあるが連絡がとれない」と言う綾乃に何を聞きたいのか尋ねる小宮山綾乃は「残土処理場が大きな利益を生む構造になっていること…とか」と言い残し、出ていく。残った小宮山は、「あの女、やはり面倒なことになりそうだな。すぐに中瀬を探し出して始末しろ」と葛城に命令する。

見逃した方は

ネットもテレ東で11月16日まで配信しております。

ドラマ【駐在刑事】第4話の感想

主題歌を歌う山崎まさよしさんがカメオ出演!

単純な展開ですが、ほのぼのした庶民派ドラマということで、楽しみにしているファンも多いですね。

記事内画像出典:公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク