【ドロ刑ー警視庁捜査三課ー】5話の視聴率とネタバレ!感動回で中村倫也がカッコイイと話題!

ドロ刑2

新土曜ドラマ【ドロ刑ー警視庁捜査三課ー】5話が11/10(土)に放送されました。

新米刑事と大泥棒のコンビという異色さが楽しめる新感覚ドラマ。

関わりを持った真逆の立場である2人、空き巣常習犯を追う内に意外な過去が明らかに?

今回は、新土曜ドラマ【ドロ刑ー警視庁捜査三課ー】5話の視聴率とネタバレ、感想をご紹介。

見逃してしまった人は、Huluにて視聴できます。

スポンサーリンク

【ドロ刑ー警視庁捜査三課ー】5話の視聴率

ドロ刑5話

【ドロ刑ー警視庁捜査三課ー】5話の視聴率は、8.4%

面白さも継続で、視聴率も前回と変わりなくキープ!

2018年秋クールの新土曜ドラマ【ドロ刑ー警視庁捜査三課ー】が10月13日22時より15分拡大でスタート! 中島健人さん演じる…

【ドロ刑ー警視庁捜査三課ー】5話のネタバレ

13係でいまだに非協力的な皇子山おうじやま(中村倫也)の態度を嘆く鯨岡くじらおか(稲森いずみ)は、その心中を探るため、斑目まだらめ(中島健人)を使うことに。同僚を調べることはエリートにしか許されない仕事だとおだてられ、すっかりその気になった斑目が早速バーで煙鴉けむりがらす(遠藤憲一)に報告していると、ちょうど皇子山がやってくる。相変わらず煙鴉の身辺を嗅ぎ回る皇子山だが、煙鴉は「色眼鏡で世の中、見てちゃ何も見えないよ」と言い残して…。泥酔した斑目を残し、煙鴉を尾行していた皇子山は、その途中一軒家で老人が殺されているのを発見する!

翌日。13係ではどのネタ(=事件)を扱うかを鯨岡に一人一人がプレゼン。鯨岡の厳しい審査を通過できず皆が頭を抱える中、斑目がプレゼンした空き巣の常習犯“白昼の蝙蝠こうもり”こと東村洋介ひがしむらようすけ(三遊亭好楽)のネタがなぜかあっさりと選ばれる。さらに鯨岡から現場の汚れ仕事よりも皇子山の事を優先するようにと言われた斑目はますます調子に乗り…。

優秀な刑事だった皇子山が捜査一課から三課に来た理由について様々な噂が飛び交う中、斑目は皇子山に直球で質問を投げる。ある男を追っていたら突然異動になったと話す皇子山は、煙鴉は人を殺していると言い…。そんな時、皇子山の携帯に煙鴉から電話がかかり、ある住所を告げられる。そして、向かった先で発見したのは、なんと、また女性の死体で…。

一方、動きのない東村のアパートを張り込んでいた瑤子ようこ(江口のりこ)美希みき(石橋杏奈)は高齢の東村を見て空き巣に入れるわけがないと判断。斑目は張り込み部屋の撤収を命じられる。意気消沈して部屋を片付ける斑目だが、東村が自宅で怯えながら一心不乱に祈っている姿が気にかかっていた…。
そして、ひょんなことから東村に気に入られアパートに入り浸るようになった斑目は、東村が一人になると祈る理由がどうしてもひっかかっていて…。斑目と皇子山、二人の刑事が近づくことで事件は意外な展開を見せて行く…。

斑目は東村の部屋の中を観察するが、祈るようなものなどは何もなく本人からも天涯孤独で仏壇はないと話を聞く。

張り込み部屋の撤収に伴い斑目が転勤と理由を付け別れを告げに向かった時、玄関先のカレンダーは東村が逮捕された時期から変わっていないことに気がついた。

柿をくれた東村にそのことを指摘すると、「誰もくれないし買うほどのものでもない。昔のでもないよりマシ、生きてなくてもいいよと言われているよう」と言われ別れた斑目。

煙鴉を呼び出し東村について「何か臭う」と話すと、勘を信じ「現場と資料証拠を捜査すれば何か見えてくるはず」と言われ、引き続き東村の部屋を張り込んでいたがそこに皇子山もやってきて撤収となってしまう。

斑目は事件の資料を見ながら現場に向かうと、現場全てに規制線が張られたままで窓の鍵の部分が割られていることに気が付いた。

一方で、皇子山も自身に送り込まれていた情報のネタ元が全て煙鴉からだったことに気付き、直近の一軒家で起きた殺人を調べさせ、さらに「一人暮らし」であったかどうかも確認。

そして、とある殺人のあった一軒家では、東村が盗みを働き遺体があった場所で祈っていた。

そこへ斑目と皇子山がやって来て、東村の犯罪を暴く。

東村は犯罪現場専門の窃盗で、現場検証後、一人暮らしの家だと規制線が張られたままなことを利用し遺品を盗み、その罪悪感から祈っていたのだった。

取り調べで東村の話を聞いた斑目は、最後に「柿のお礼」として手書きのカレンダーを渡し、「出てきたらまた話しましょう」と約束する。

事件解決後、再び煙鴉から電話がかかってきた皇子山。

煙鴉は「これ以上、俺に近づいたら今度は殺す」と話したが、皇子山との戦いは続く。

バーにて、斑目に「大切な人を煙鴉に殺された」と話す皇子山の姿があった…。

【ドロ刑ー警視庁捜査三課ー】5話の感想まとめ

今回は、また斑目の優しさが滲み出て、感動の第5話だったのではないでしょうか。

皇子山の出演もここにきて増え、意外な煙鴉との過去も明らかになり今後どうなっていくのかにもさらに面白さが加わりましたね。

中村倫也さんのカッコよさが呟かれていた直後に、『今日から俺は!!』の予告が流れその違いに驚いたという方も多かったです(笑)

次回からの煙鴉と皇子山の戦いに注目していきたいと思います!

記事内の画像出典:ドロ刑ー警視庁捜査三課ー 公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク