ドラマ【BRIDGE】のキャストとあらすじ!井浦新主演の阪神大震災復旧物語!

ドラマ【BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸】のキャストとあらすじ!

2019年1月15日放送のスペシャルドラマ。

主演は『アンナチュラル』で人気となった井浦新。脚本は震災を題材にした作品がある一色伸幸氏。

タイトルから分かるように阪神・淡路大震災が題材のスペシャルドラマです。

今回は、ドラマ【BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸】の基本情報、放送日、あらすじ、キャスト&相関図、スタッフ、みどころについて!

【SPドラマ】2019年放送予定のスペシャルドラマ一覧! 2019年のNHK、民放テレビ各局で放送予定の最新スペシャルドラマ、単発・特…
スポンサーリンク

ドラマ【BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸】の基本情報

ブリッジ

画像出典:https://www.ktv.jp/info/newpress/2018/20181107/

『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』は、2019年の1月15日(火)に放送されるカンテレ開局60周年特別ドラマ。

井浦新、野村周平、葵わかな、椎名桔平ら豪華キャストで阪神・淡路大震災後の復旧の実話をモデルに描きます。

しかも大手配信サービスの「U-NEXT」がコンテンツパートナーとしてドラマ連動コンテンツを制作・配信!

まさに『BRIDEE』プロジェクトと呼んでいい一大企画です。

【BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸】のドラマ関連作品を観るには?

ドラマ【BRIDGE】は、U-NEXTで以下の3つの作品を配信!

「U-NEXT」は国内の大手映像配信サービス。やや高めな月額料金ですが、最新作の配信が早いので毎月付与される1200ポイントを利用すればお得に視聴可能。雑誌・漫画・アダルトもあり、メリットは多いです。

“BRIDGE・プロローグドラマ”2作品を独占配信

…1月15日(火)の地上波放送前にU-NEXTで独占配信。本編にもつながるストーリーです。

・葵わかな主演:プロローグドラマ「ひと目、あなたに。」2019年1月1日(火)配信予定

・佐藤隆太主演:プロローグドラマ「ひと口、あなたに。」2019年1月8日(火)配信予定

“BRIDGE・ディレクターズカット版”も独占配信。

…地上波の放送終了後に配信予定。プロローグドラマと連動するエピソードや、地上波での未公開シーンも追加した“もう一つのBRIDGE”作品!

“BRIDGE・メイキングドキュメンタリー“もネットでは独占配信。

関西ローカルのみ、『BRIDGE』放送日の深夜に地上波(カンテレ)で放送予定。ドラマの撮影風景や関係者インタビューを通して、『BRIDGE』をより深く楽しめる作品となる予定。

ドラマ『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』の放送日

タイトル:【BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸】

放送局:関西テレビ(カンテレ)・フジテレビ系全国ネット

放送日時:2019年1月15日(火)21:00~23:18

『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』のあらすじ

1995年1月17日。阪神・淡路大震災は、数多くの命を奪い、人々の生活を容赦なく破壊。電気・ガス・水道、そして鉄道。インフラは寸断され、神戸は陸の孤島となった。中でも被害の大きかったJR六甲道駅は、線路ごと崩落し物資も届かない状態に。

そこに現れた一人の男・高倉昭。六甲道駅の復旧を担う建設会社・磐巻組の工事所長だ。通常2~3年かけて復旧させる規模の工事を、JRからの指示のもと、工期を大幅に短縮できる工法で復旧工事を進めることを決意。

そんな高倉と、ひょんなことから出会った一人の少年、春日豊。六甲道で生まれ育ち、ビデオカメラをぶら下げている春日を、高倉は工事の記録係に任命する。そんな春日は秘密を抱えていた。彼がいつも手にしているビデオカメラに記録されている幼い少女の姿。それは彼にとって、逃れられないほど大きな意味を持っていた。高倉はそんな春日の想いに薄々気づいていて…。

そして、2018年秋。神戸で阪神・淡路大震災の慰霊碑にスプレーで落書きをした少年の前に謎めいた男が現れる。23年後の春日だ。人を煙に巻くような態度で正体を明かさないまま、春日が少年に語ったのは、1995年の冬に見た、六甲道での物語だったーーー。

全てを失った神戸の人々と、そこに集まってきた人々。嘆きや悲しみを抱えながらも、助け合い、ぞれぞれの困難に力強く向き合う人間たちの姿が、時を超え、今を生き抜く勇気を我々に与えていく…!(出典:公式HP)

このドラマは、2つの年代が描かれていきます。

ひとつは1995年。

1995年1月17日午前5時46分52秒に起きた、阪神・淡路大震災は死者6434人の被害者を出しました。(平成18年5月19日消防庁)

主人公の高倉昭(井浦新)が、兵庫県神戸市灘区の六甲道ろっこうみち駅の復旧に取り組む物語です。

大阪から神戸へと東西を繋ぐ東海道本線の要所となる駅を74日で復旧させた実話をもとに描きます。

もう一つは2018年秋。

六甲道生まれ・神戸で少年時代を過ごした春日豊(野村周平)が、42歳(椎名桔平に変更)になった2018年版も描かれます。

現代の人々に春日が語り継ぐというスタイルです。

『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』の相関図

相関図はわかり次第追記します。

『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』のキャスト

井浦新(役:高倉昭)

View this post on Instagram

SPドラマ【BRIDGE】 夜の部の撮影始め〼 #bridge

井浦 新さん(@el_arata_nest)がシェアした投稿 –

登場人物:高倉昭(たかくら・あきら)……磐巻組・六甲道駅工事所長。多くを語らず、強靭な意志と使命感で工事に向き合う。誰よりも熱い情熱を秘めた人物。

高倉昭のモデルは、奥村組の岡本啓(おかもとあきら)氏(当時)。岡本氏は当初、六甲道駅の復旧には少なくとも1年、もしくはそれ以上かかると考えていた。しかし、東西を繋ぐ要所のため、仲間らと共にわずか74日間で電車を開通した。

キャスト:井浦新(いうら・あらた)

井浦新1974年生まれ。代表作に『ワンダフルライフ』『ピンポン』『リッチマン、プアウーマン』『同窓生〜人は、三度、恋をする〜』 『アンナチュラル』など。
井浦新のココに注目
・2018年1月期のドラマ『アンナチュラル』の「クソ」が口ぐせの役が人気に。第11回コンフィデンスアワード・ドラマ賞助演男優賞も受賞した。
・阪神・淡路大震災が起こった時は二十歳。
・モデルの岡本氏に会って役作りに生かしている。
・本作の神髄について:災害の時にどう生きたか、と解釈。主人公たちをヒーローとして捉えるだけでなく、絶望している人・工事する人が混在していると語っている。

野村周平(役:春日豊/1995年)

View this post on Instagram

とんちゃん通りにあるので是非

QS86_shuheiさん(@qs86_shuhei)がシェアした投稿 –

登場人物:春日豊……六甲道生まれ・神戸の少年。

高倉から工事の記録係に任命された。春日の秘密である、ビデオカメラに記録されている少女の姿は、瞳(葵わかな)と関係あるのか注目される。

キャスト:野村周平(のむら・しゅうへい)

野村周平1939年生まれ。アミューズ全国オーディション2009でグランプリを受賞し芸能界へ。2018年は『電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜』や『結婚相手は抽選で』で主演を務めるなど、注目の若手人気俳優のひとり。
野村周平のココに注目
・野村周平は兵庫県神戸市生まれ。
・米田孝(カンテレ)プロデューサーによると、春日の心情を表現するのに、神戸生まれの野村周平以外考えられないと抜擢された。

葵わかな(役:服部瞳)

登場人物:服部瞳……六甲道生まれ・大阪のホテル職員。

1995年版に登場。震災により徒歩通勤を余儀なくされる。厳しい現実を前にしても明るさを失わないキャラクター。瞳は、この物語を明るく照らす光。キラキラした笑顔とその裏の複雑な気持ちを、「わろてんか」仕込みの関西弁で演じる葵わかなさんの姿を早くご覧いただきたいです。

キャスト:葵わかな(あおい・わかな)

葵わかな1998年生まれ。小学5年生の時に東京の原宿でスカウトされ芸能界入り。数々の作品に出演していたが、NHKの朝ドラ『わろてんか』ヒロインで知名度を上げた。以降、TBS日曜劇場『ブラックぺアン』レギュラー出演、映画『青夏 きみに恋した30日』主演(佐野勇斗とのW主演、「キングオブコント2018」(TBS)の司会など活躍中。
葵わかなのココに注目
・神奈川県出身だが、朝ドラ『わろてんか』の撮影のため約10ヶ月大阪に滞在。
・米田孝(カンテレ)プロデューサーは、(吉本興業創始者役を)明るい笑顔と複雑な心情で演じきった『わろてんか』仕込みの演技に期待している旨をコメント。

椎名桔平(役:春日豊/2018年)

View this post on Instagram

#t校バスケット部#古澤健監督#志尊淳 本日完成披露試写会に行ってまいりました。主人公のお父さん役。11/3公開#東映

椎名桔平さん(@kippeishiina)がシェアした投稿 –

登場人物:春日豊(42歳)…阪神・淡路大震災の当時に記録係を務め、成長。2018年では六甲道工事の語り部という役どころ。

キャスト:椎名桔平(しいな・きっぺい)

椎名桔平1964年生まれ。三重県出身。主な出演作に『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』シリーズ、『謎解きはディナーの後で』シリーズ、『ラストチャンス 再生請負人』など。
椎名桔平のココに注目
・20数年も「ある思い」を抱えていたという難しい役どころを、映画・ドラマにひっぱりだこの椎名がどう演じるか。

その他のキャスト一覧

松尾諭…役:鶴義太郎(磐巻組・計画担当者)

波岡一喜…役:花祭俊貴(磐巻組・六甲道駅工事副所長)

浅香航大…役: 御手洗靖(磐巻組・安全管理担当):

佐藤隆太…役:國代寛治(磐巻組現場主任・長田の被災者)

佐野岳…役:佐伯有(瞳の幼馴染)

『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』みどころ

阪神・淡路大震災から2019年で24年。

関西地区に放送している「カンテレ」が開局60周年で、選んだのは阪神・淡路大震災。

多くの犠牲者・被害が出た出来事を題材に選んだ、その志がまず本作の見どころ。

「震災は、悲劇ばかりではない」と企画意図を米田孝(カンテレ)プロデューサーがコメントしています。

『カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』は、困難な時に力強く生きた人がいた、という人間ドラマが描かれます。

本作は視聴者にきっと「希望」を感じさせてくれる。そう期待しています。

『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』のスタッフ

脚本:一色伸幸(NHK特集ドラマ「ラジオ」…震災を題材にした作品、ほか)

音楽:イケガミキヨシ

特別協力:奥村組

コンテンツパートナー:U-NEXT (配信)

プロデュース:米田孝・萩原崇・杉浦史明(カンテレ)
日枝広道(電通)・高丸雅隆・水野綾子(共同テレビ)

演出:白木啓一郎(カンテレ)

『BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』のまとめ

以上、キャストやあらすじ・見どころをまとめてきました。

今後、追加キャストなど分かり次第、お伝えします。

『カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』は、1月17日でなく、1月15日に放送。ご注意を。

出典:カンテレ公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク