【中学聖日記】5話の視聴率とネタバレ!岡田健史の黒岩くん激走が切なすぎる!

中学聖日記表紙

【中学聖日記】5話の視聴率とネタバレ

有村架純主演の火曜ドラマ『中学聖日記』第5話がTBS系で11月6日に放送されました。

ついに先生と生徒の恋に別れが!

岡田健史の黒岩くんが自転車で激走!切なすぎると話題です。

今回は【中学聖日記】5話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

ドラマ【中学聖日記】のキャストとあらすじ! 2018年10月スタートのTBS火曜よる10時のドラマは、有村架純主演で『中学聖日…
【中学聖日記】5話の感想!勝太郎(町田啓太)が聖(有村架純)を恨んだ理由とは? 聖先生(有村架純)と晶(岡田健史)がついに別れ…
スポンサーリンク

【中学聖日記】5話の視聴率

中学聖日記5話

【中学聖日記】5話の視聴率は、6・5%

この数字は番組自己タイ記録の最高視聴率です。

初回から3話まで視聴率6%台。

前回の4話は開始40分遅れの影響もあり、自己最低の視聴率5%台でした。

通常の開始時間となり、6%台に回復を期待されていました。

6話から高校生編となり、さらにアップもあり得そうです。

【中学聖日記】の視聴率と最終回ネタバレ! 2018年秋のTBS火曜22時のドラマは【中学聖日記】 主演・有村架純、新人・…

【中学聖日記】5話のネタバレあらすじ

中学聖日記5話

ときは2015年7月。事件は夏休みの花火大会で起きた…。

夜の砂浜でキスをした聖(有村架純)晶(岡田健史)は、聖のマンションの前で勝太郎(町田啓太)愛子(夏川結衣)と鉢合わせ。

我に帰った聖は、勝太郎に話をしようとするが、勝太郎は「信じてる」というばかり。

翌日、塩谷(夏木マリ)から学校へ呼び出された聖は、同席した愛子の前でこれまでの経緯を説明し、退職届も出した。

しかし愛子は聖の「結婚への不安」関係ない、息子が退屈しのぎに利用されたと憤る。

塩谷教頭は、退職で済む話しではないと聖を処分決定まで謹慎とする。生徒との接触も禁じられる。

母・愛子が学校に行ったことを知った晶は、上布(マキタスポーツ)の制止を振り切って、学校に向かう。

そこで、自宅謹慎を命じられた聖と会う。聖の腕をつかむ晶…。

聖「あれは間違いだった。いけないことなの。あなたが15だから!

晶の手を振りほどき立ち去る聖。晶のことを他の教師たちが止めた。

晶「僕が辞めますから。もう話しません。だから先生をこのまま学校に…」

晶は勝太郎の会社がある大阪へ行った。受付で困る晶に気づいたのは原口(吉田羊)だった。

原口は「少年」と子ども扱いして「帰りな」と告げる。「悔しければ早くオトナになれ少年」

夜遅く自宅に帰った晶。愛子は晶の行動に、おとなしくしてないなら聖を辞めさせるからと脅した。

晶はあわてて行動を慎むことを訴えた。

晶「だから先生を辞めさせないで下さい。お願いしますお願いします」

聖は依願退職の処分が出た、と千鶴(友近)に話す。

聖「元々向いてなかったんです。教師はもう辞めます」

とりあえず実家に戻ることを告げると、実家に連れていかれる…。

教師を辞めるのは本気で考えたのか。応援してくれている親に報告することで支えになってもらおう、と千鶴は考えた。

聖は母(中嶋朋子)に事情を話す。母は勝太郎さえ良ければ結婚してもらうことを強く提案する。

その頃、大阪では、見て見ぬふりの勝太郎を気にかけた原口が料理を作り、家で一緒に食事をする。

晶は落ち込んでいた。上布(マキタスポーツ)は男としてしっかりしろと告げる。

聖は勝太郎に大阪に呼ばれたため、引っ越しを進めた。

クラスメイトに聖の引っ越しを知らされた晶は、愛子の静止を振り切ろうとすると…。

愛子は晶に父のことを打ち明けた。5歳の時、仕事が上手くいかず離婚したという話は嘘だった。

父と違う人を好きになったのだ。不倫相手も家庭があり、上手くいかなかった。だから晶も忘れた方がいいと告げる。

「一緒にすんな!」晶は家を飛び出して、聖に会いに行く…

聖を車で迎えに来た勝太郎に原口から電話があった。

原口「悔しいの。あんたは見どころあるの。好きなの。でも今のあんたは2人を引き離そうとするつまらない男だよ。あんたより好きな人に会ったの聖ちゃんは!いいの?このままで?

勝太郎は答えずに電話を切り、聖を乗せて出発した。

晶は高校でオトナになることを叫んだ。一方、聖は車を降りて、ひとりで生きると決めた。

聖はこうして晶の15の夏に、晶の住む町から消えた。

3年後。2018年、晶は18歳になった…

【中学聖日記】5話の感想

5話は聖(有村架純)と晶(岡田健史)の切ない別れが描かれました。

聖・晶・愛子・勝太郎・原口、そして千鶴・聖の母・上布まで、それぞれの立場で、みんな必死に生きています。真っ直ぐな気持ちで!

だから、どの立場の気持ちも見ていて分かります。(共感できるかどうかは置いといて)

どの人物も主人公のように、脇役も際立つように描いている脚本・演出が光ります。演じていてやりがいもありそう…。

ずっと我慢していた「勝太郎さんが切ない」という声も多いです。

が、黒岩くんの”ただ先生が好き”という真っ直ぐな気持ちも眩しくて…

岡田健史の黒岩くん激走が切なすぎる!

岡田健史くんの演技はたどたどしい。

けれどオトナになろう・なろう、というのが伝わります。

大阪にひとりで向かったり、吉田羊さんからの差し入れにジュースより(背伸びして?)コーヒーの方を飲んだり、教頭や母親に「先生を辞めさせないで」と懇願したり…。

もう必死です。

何より5話終盤の自転車で激走!そして転んで、転がっても走って「そこ(高校)でオトナになるから」の「行かないで」発言と「ああああ」の叫び・嗚咽。

切なすぎます。

「好き」という気持ちの力は凄い。その行動力を忘れないで欲しいのですが…晶の母が言うように一時のことなのでしょうか。次回も見逃せません。

視聴者の反響は?

【中学聖日記】5話のSNS反響

【中学聖日記】5話のまとめ

5話ラストで『中学聖日記』中学生編終了。

2015年の夏から3年後、黒岩晶・高校生編に飛びました。

2018年現在の聖(有村架純)は婚約破棄をしたものの、千鶴(友近)と同じ小学校で教師を続けていて…。

「末永、誰だっけ?」という晶(岡田健史)のショックなひと言が6話予告に!?

次回の『中学聖日記』第6話は2018年11月13日(火)放送!お見逃しなく!

※視聴率は関東地区・ビデオリサーチ調べ / あらすじ・画像出典:TBS公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク