【大恋愛】4話の視聴率とあらすじ!尚の病気がバレてクリニックが危機に!

大恋愛~僕を忘れる君と

前回のラストで尚は真司の名前を間違えて呼んでしまいました。こんなにもはやく恋人の名前を忘れてしまうという衝撃的なシーンでしたね。

それでは、【大恋愛~僕を忘れる君と】4話の視聴率、あらすじ、感想について紹介します。

スポンサーリンク

【大恋愛~僕を忘れる君と】4話の視聴率

【大恋愛~僕を忘れる君と】4話の視聴率は9.6%。

前回より1.3ポイントダウンしました。これまで右肩上がりでしたが初めて1桁になりました。ただ、静岡地区では15.1%と高視聴率をマークしているので地域性もあるかもしれませんね。

【大恋愛~僕を忘れる君と】4話あらすじ

大恋愛~僕を忘れる君と 4話

過労で倒れてしまった真司(ムロツヨシ)が入院している病院に駆け付けた尚(戸田恵梨香)ですが、お互いの愛を確かめ合って抱き合った時に間違えて侑市(松岡昌宏)の名前を呼んでしまいました。

真司は気づかないフリをしますが、ショックを受けます。すべては病気のせいと思おうとするのですが、一方で自分を好きになってくれた気持ちも病気のせいなのかもと感じてしまいます。

自宅に帰った尚ですが、やかんでお湯を沸かしていたことやお風呂にお湯を張っていたことを忘れてしまったりと自分の病気の進行を感じてしまいます。

そんな中、昨日真司の名前を呼び間違えたかもしれないと不安になります。退院した真司に確かめてみた尚でしたが真司は知らないフリをします。

自宅に帰り2人でくつろいでいると、引越屋の先輩・木村(富澤たけし)が職場に置いてあった真司の荷物を届けに来ました。

そこで木村は真司が書いた小説「砂にまみれたアンジェリカ」を見つけます。真司が小説家であることを知らなかった木村に対して尚は、その本の好きなところを一生懸命語ります。

一方、侑市は母の勧めで見合いをしていました。お相手は梓澤レイ(桜井ユキ)。尚と同じように血液検査の結果を持ってきたり尚と印象が重なります。

梓澤の結婚を前提にお付き合いしてほしいという申し出を侑市は受けました。

退院した真司は、以前のように働きたいと木村に頼みますが、真司が再び小説を書くように後押しをします。

再び小説を書く決意をした真司は尚に「尚ちゃんのことを書いても良い?」と訊きます。自分と尚の大恋愛の顛末を小説にしたいと言います。

真司の申し出を承諾した尚でしたが、「自分たちのことだと知っている人にわかっても良い?」という真司の問いに躊躇します。

尚の迷いを感じた真司は「じゃあ、まったく違う人物にしよう」と言い、尚とはまったく違う人物像を語りますが、それが面白くて尚は笑ってしまいます。

そして、真司の申し出を承諾し真司の書きたいように書いてと言います。

若年性アルツハイマーの症状が進んでいるのではないかと不安になった尚は外来で侑市の元を尋ねます。

そんなに急激に進行する病気ではないという侑市は尚の気が晴れるように会話をすることにしました。

その中で真司が侑市を尋ねてきた話になり「正式にご結婚されてはいかがですか?」と提案します。

尚は「自分が誰だかわからなくなる女を一生背負えなんて言えない」と拒みます。

そんな時、尚が若年性アルツハイマーであるという噂が口コミサイトを中心に広がっていました。予約のキャンセルが相次ぐ中、厚生労働省の医師免許審議室から呼び出しを受けます。

尚と母・薫(草刈民代)は厳しい追及を受けますが、侑市が間に入ったおかげで審議対象ではないと判断されました。

真司の前で侑市への感謝の言葉を語る尚。そんな尚に真司は「尚ちゃんが心の中で俺より井原先生を頼りにしている」と語ります。

「私が好きなのは真司なの」と語る尚に真司は「そうかな?この前、俺のこと侑市さんって呼んだよ。」と言います。

「俺とのことだって病気のせいで思いこんでるんじゃないの?」と言われた尚はショックを受け飛び出してしまいます。

すると、そこに侑市が待っていました。侑市は「どうしても会いたくなって来てしまった」と言います。

「尚に僕が必要なんじゃない、僕に尚が必要なんだ」と言う侑市に尚は「私が愛しているのは間宮真司なんです。彼の存在が一番私の生きる力をくれるんです。」とはっきりと断ります。

家に戻った尚は真司に謝ります。「私病気だから真司に夢中になったんじゃないよ」という尚に真司は「別れよう」と別れを切り出しました。

【大恋愛~僕を忘れる君と】4話の感想

【大恋愛~僕を忘れる君と】4話のまとめ

最後はまさかの展開でしたね。真司が別れを切り出すとは。
真司の真意は何なのでしょうか?

次回は第1章が完結ということで真司の真意も明らかになることでしょう。

また、今回カッコ良かったのが井原侑市でしたね。結婚式をドタキャンされた元婚約者のために懸命にかばっていました。

そして、振られてしまいましたが、告白の言葉も良かったと思います。恋愛にのめり込んだことがないと言っていたのに、尚が必要だという言葉は素敵でしたね。

真司と尚は、本当にこのまま別れてしまうのでしょうか?

次回が待ちきれませんね。

2018年10月12日よりTBS系列にて戸田恵梨香主演ドラマ【大恋愛~僕を忘れる君と】がはじまります。若年性アルツハイマーに冒された…
2018年10月12日よりTBS系列にて戸田恵梨香主演ドラマ【大恋愛~僕を忘れる君と】が放送されます。ラブストーリーの名手と呼ばれる…

記事内の画像出典:ドラマ公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク