【まんぷく】29話の視聴率とあらすじ!加地谷のハンコに泣かされるとは!

まんぷく表紙

朝ドラ【まんぷく】29話のあらすじと視聴率!

安藤サクラ主演、NHK朝ドラ『まんぷく』第29話が11月2日金曜日に放送されました。

今回は【まんぷく】29話の視聴率とあらすじネタバレについて。(見逃した方はU-NEXTで)

2018年度(平成30年度)後期の朝ドラ・連続テレビ小説は【まんぷく】。 ヒロインは安藤サクラ、夫役に長谷川博己。 脚本…
【まんぷく】第5週のあらすじネタバレと視聴率! 安藤サクラ主演、長谷川博己共演、福田靖脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説『まん…
スポンサーリンク

【まんぷく】29話の視聴率

【まんぷく】29話の視聴率22.1%

29話時点で、自己10位の高視聴率です!

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の99作目は『まんぷく』 ママさんヒロインの安藤サクラ主演、その夫に長谷川博己! 日清食品…

【まんぷく】29話のあらすじネタバレ

克子(松下奈緒)の旦那・忠彦(要潤)が戦争から帰ってきた。

みんながハンコ作りをする中、今まで通りに絵を描くように言われる。

しかし絵を描く場合でなく、義母・鈴(松坂慶子)の手伝いをすることに…。

実は、忠彦は色の区別がつかなくっていたのだ。

一方、神部茂(瀬戸康史)は、香田家の庭掃除をしていた。

彼は、福子(安藤サクラ)たちが居候している香田家に忍び込んできた泥棒だ。

戦争で家も家族も失い、路頭に迷った末に魔が差して泥棒に入ったとのこと。

実は大阪帝大出の秀才だということがわかり、子どもたちの家庭教師として家に置いてもらうことになる。

夜。忠彦は画家であるから諦められないはず、と福子は思う。

季節は冬になった。ある日、闇市に出かけた福子と萬平(長谷川博己)は、見覚えのある顔をみつけた。

萬平を裏切った加地谷(片岡愛之助)との因縁の再会だ…。

福子は怒り心頭だが、萬平は福子を止めた。もう憲兵はいないからだ。

加地谷は自分でも生きてる意味が分からなくなっていた。自分は「戦争で死んだ」という。

萬平は憲兵の拷問があって福子と結婚できたと告げ、福子に帰ろうと促した。

萬平は人を恨むことでは頑張れなかった。

翌日。萬平は神部を加地谷のもとへ行かせる。

「諦めないでください。あなたの人生の主役はあなただから。」という伝言と共に【加地谷】のハンコを渡した。

加地谷は「おおきに」と涙した・・・

【まんぷく】29話の感想

加地谷(片岡愛之助)のハンコに泣かされる!

【まんぷく】29話のまとめ

まさか加地谷のハンコに泣かされるとは!

なんという脚本・演出。

戦争で死んだという加地谷が、自分の名前が彫られたハンコをもらうことで、生きる勇気・力をもらったラストシーン。

観てる方も、もらい泣きです!

みんな、自分の人生の主役。…思い出すのは「天は自ら助くる者を助く」と説く名著『自助論』(著者:サミュエル・スマイルズ)の言葉。明治時代に翻訳され、それ以降、多大の影響を与えました。

「自分で自分を助けようとする精神こそ、その人間をいつまでも励まし、元気づける」「自分に対して最良の援助者になれ」と語る本書と、ドラマの萬平の想いがダブります。

結局、自分で自分を助けることが必要。そのために彫ったハンコをプレゼント。

自分で渡さず神部に頼むのも気遣いが感じられて心憎い。名前がある、ちゃんとここに加地谷がいる、というエールに感じられました。

復活した加地谷と萬平の再会も期待されますね。


【関連記事】

2018年度後期(10月-2019年3月)の朝ドラは『まんぷく』 ヒロインは安藤サクラ。夫役は長谷川博己!モデルはインスタント…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク