【まんぷく】28話のあらすじと視聴率!神部・瀬戸康史の泥棒が効果的で話題!

まんぷく表紙

朝ドラ【まんぷく】28話のあらすじと視聴率!

安藤サクラ主演、NHK朝ドラ『まんぷく』の第28話が11月1日木曜日に放送されました。

今回は【まんぷく】28話の視聴率とあらすじネタバレについて。(見逃した方はU-NEXTで)

2018年度(平成30年度)後期の朝ドラ・連続テレビ小説は【まんぷく】。 ヒロインは安藤サクラ、夫役に長谷川博己。 脚本…
【まんぷく】第5週のあらすじネタバレと視聴率! 安藤サクラ主演、長谷川博己共演、福田靖脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説『まん…
スポンサーリンク

【まんぷく】28話の視聴率

【まんぷく】28話の視聴率22・0%

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の99作目は『まんぷく』 ママさんヒロインの安藤サクラ主演、その夫に長谷川博己! 日清食品…

【まんぷく】28話のあらすじネタバレ

萬平(長谷川博己)のアイデアでハンコ作りを始めた福子(安藤サクラ)たち。

生活のめどが立ってほっとしたのもつかの間、アトリエから、なんと泥棒が忍び込んできた。

引き出しからお金を取ろうとしたその瞬間、鈴(松坂慶子)が「何をしているの!」とすりこぎを持って、追い詰める。

泥棒の名は神部(瀬戸康史)。戦地から戻ったが、天涯孤独になってしまった。

福子たちはお腹をすかせていた神部に食事をさせる。結局、警察には突き出さなかった。

そして事件は再び起こる。アトリエから忍びこんでくる男、その正体はなんと克子(松下奈緒)の夫・忠彦(要潤)だった!

「生きてた!生きてた!」克子は忠彦に抱きつき、泣いて喜んだ。

忠彦はフィリピンからの復員船がなくて遅くなったことを詫びた。

「戦争は地獄や」忠彦は無事に戻ってきて、眠る我が子を見ながらつぶやいた。

翌朝。子供たちが気づいて喜び合う。

「万歳!万歳!」みんなで喜ぶ中、なぜか神部も庭にいて万歳をしていて・・・

【まんぷく】28話の感想

神部・瀬戸康史の泥棒が効果的で話題!

瀬戸康史の泥棒の効果が視聴者の話題!

悪い人だけれど、事情がある。

世の中には不公平があるだけ、という世良の言葉がここにも当てはまります。

戦争に行った者と行かなかった萬平とも対比。

上手い脚本・演出が光りました。

【まんぷく】28話のまとめ

28話では、ほかに忠彦が帰ってきたシーンももらい泣きでした。

そんな感動をかっさらう神部(瀬戸康史)がなぜか庭にいるラストもシュールでクスリと笑わせます。

出演が発表されていた瀬戸康史が、ついに『まんぷく』に初登場でしたが、ここまで印象的な演技を魅せるとは!

NHK朝ドラは『あさが来た』以来の出演です。

が、NHKドラマは高評価だった『透明なゆりかご』(2018年7月 – 9月)の由比院長役でレギュラー出演していました。

物語などのスイーツ・レシピ紹介番組『グレーテルのかまど』(Eテレ)にレギュラー出演中ですが、ドラマは一か月あけてのNHK再登場。また帰ってきた、という感じの短いスパンです。

月9『海月姫』での女装も印象的な俳優さん。

毎朝のドラマがよりいっそう、楽しみになりそうです。


【関連記事】

2018年度後期(10月-2019年3月)の朝ドラは『まんぷく』 ヒロインは安藤サクラ。夫役は長谷川博己!モデルはインスタント…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク