【半分、青い。】154話あらすじと視聴率!悲しみと共存に視聴者共感も震災の展開早すぎ?

半分、青い最終週

永野芽郁主演、NHK朝ドラの最終週・26週「幸せになりたい!」

154話が9月27日木曜日に放送されました。

今回は【半分、青い。】154話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】154話の視聴率

半分青い154話

【半分、青い。】154話の視聴率は、分かり次第更新します。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】154話のあらすじネタバレ

「君がいなくなって私の世界は半分になった。」鈴愛(永野芽郁)は亡くなった裕子(清野菜名)に語りかける。

ふさぎこんでしまった鈴愛は、岐阜の実家に帰省する。晴(松雪泰子)や宇太郎(滝藤賢一)、ブッチャー(矢本悠馬)たちも、落ち込む鈴愛にかける言葉が見つからない。

鈴愛は晴の肩を借りた。カラスの声がが嫌いだというと、晴はスズメの天敵だという。鈴愛は裕子の名前に思いを馳せ、涙を流す。

夜。晴は寝床で、(東京へ行ったときの)ティラミスを思い出した…。

一方、律(佐藤健)津曲(有田哲平)は、そよ風ファンの量産に向け努力を重ねていた。ボタンが本体から飛び出すマイナーチェンジになってしまう。しかし鈴愛のデザインがかわってしまう。律は2人の会社なので「あいつを待つ、もう40年あいつを待ってた」と語る。

ある日、鈴愛は和子(原田知世)のお参りのために萩尾家を訪ね、弥一(谷原章介)貴美香(余貴美子)と話す。母の撮った写真を見ながら、ふと弥一のことが「偉い」「強い」と思った。和子おばさんのことを乗り越えたから…

しかし弥一は、違うと言う。いつまでも悲しい、悲しみとともに生きていて、忘れてはいないのだ。生きてると時は進み、いいことだってある。翼が写真で入賞したこと。貴美香先生の赤いスポーツカーに乗ったこと。

弥一「鈴愛ちゃん、おじさん思うんや、死んでしまった人がいなくなったわけじゃない。ここにおる」

貴美香「私たちは生と死の狭間に生きてる。 今は生きとる。いつかは死ぬ。 生まれることも死ぬことも特別な事やない。生まれることがめでたくて、死ぬことが悲しいって乱暴な気がするんや」

2人の言葉を聞いた鈴愛は、亡き裕子の家に向かった。

遺影の前で、夫の洋二(山中崇)に「裕子、抱いていいですか」と許可をとる。

骨壺を抱きしめ、鈴愛は涙を流した…

【半分、青い。】154話の感想

鈴愛・永野芽郁の悲しみと共存に視聴者共感

震災の展開早すぎ?

【半分、青い。】154話のまとめ

放送後、残り2回となった『半分、青い。』

賛否両論が分かれた作品でした。

今回154話も賛否。大きく分けて、弥一の言葉や骨壺を抱く鈴愛に涙する方。震災の描き方が雑だと批判的な方。

筆者個人的にはラストの鈴愛の涙に思わずもらい泣きしてしまいました。今まで何度も裕子と抱き合ってきたことが思い出されます。

忘れられないけれど、生きてると良いことがある、悲しみとともに生きることがとても現実的で胸に迫ります。

154話の冒頭は北川作品の悪い(?)くせ、ポエムのような鈴愛のナレーションで始まったので心配しました。

が、154話のラストシーンは余計なセリフや祖母のナレーションがなくて、かえって沁みます。「鈴愛は裕子を抱きしめて、〇〇と思いました」などいらないんですよね。

役者の演技は凄いんです。前回153話のボクテの声なんかも悲しみが伝わるし。賛否ある感想の中、これだけは一致。

これも個人的に言えば、せめて2回に分けて欲しかった。仙台へ行く決心で154話は終わりでよかった。鈴愛がどんな気持ちで仙台へ行ったのか。もう少しゆっくりでいい。バスに乗るまで、乗っている間、街並みを見て…。

あまりに早すぎて想像力が必要な展開になっています。気持ちが追い付かない。そんな154話です。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】最終週/26週のあらすじネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 …

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク