【半分、青い】145話あらすじと視聴率!涼次・間宮祥太朗が娘に会いたいに賛否

半分青い25週

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第25週「君といたい!」

145話が9月17日月曜日に放送されました。

今回は【半分、青い。】145話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】145話の視聴率

半分青い145

【半分、青い。】145話の視聴率は、20.9%

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】145話のあらすじネタバレ

鈴愛(永野芽郁)のひらめきで、そよ風の扇風機の開発は前進したように見えたが、そう簡単には進展しない。

試作品1号機「たらい型扇風機」を体験した恵子(小西真奈美)の感想は、モワッとするし見た目もよくない、という。

そのころ岐阜の晴(松雪泰子)が何か始めたいと思っていた。食堂は人を雇っていた。宇太郎(滝藤賢一)とでなく一人で考えるつもりだ…。

鈴愛と律(佐藤健)のふたりはもう1か月も行き詰まっていた。

2号機キノコ型両翼扇風機のデザインを鈴愛は描く。律(佐藤健)のアイデアも底をついてしまう。

そんな中、スパロウリズムに光江(キムラ緑子)が訪れてくる。

光江は鈴愛の元夫・涼次(間宮祥太朗)が花野(山崎莉里那)に会いたがっていると鈴愛に伝える。

鈴愛が躊躇(ちゅうちょ)したように感じた光江は発言を撤回して謝る。

鈴愛は3オバに面倒見てもらえることは感謝しかない。しかし亮次のことは言葉にならない。元気ですかと尋ねるのが精一杯だ。

そのころ律は、花野から手を繋いで滑った話しを聞く。皆のスピードが合わないとラインが崩れるとの話しをヒントに、律は二重構造の羽根を思いつく。

スピードの違いで風の渦を壊すのだ。はたして再現できるのか?

【半分、青い。】145話の感想

涼次・間宮祥太朗が娘に会いたいに賛否!

【半分、青い。】145話のまとめ

涼次・間宮祥太朗が娘に会いたい、と言っているそうです。

視聴者からは賛否両論が!

家族を捨ててて映画1本にしぼったくせに!(怒)

隠れて会わないなんて誠実だ。

という2つの意見が多いです。

まだ再婚していないし、娘くらいには会わせそうなものですが、別れ方がひどかっただけに、複雑なのでしょうね。

涼次は成功して余裕が出たということなのか。そこも気になります。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第25週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第25週「君…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク