【半分、青い】142話あらすじと視聴率!医者の描写に賛否も、これが半分青い?

半分青い24週

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第24週「風を知りたい!」142話が9月13日木曜日に放送されました。

今回は【半分、青い。】142話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】142話の視聴率

半分青い24週6

【半分、青い。】142話の視聴率は、21.8%

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】142話のあらすじネタバレ

晴(松雪泰子)の手術は無事に成功し、鈴愛(永野芽郁)宇太郎(滝藤賢一)たちに見送られ、岐阜をあとにする。

そのころ東京では津曲(有田哲平)を訪ねて、離れて暮らす息子・修次郎(荒木飛羽)がやってくる。久しぶりの再会に舞い上がる津曲。倒産したことはまだ伝えていない。一日任されているとごまかしてラーメンを作って出した。

修次郎は、小学生の時にいじめにあって以来、マスクをしていた。が、食事をしている時は外していた。津曲の元妻は電博堂の部長になっているという。

岐阜から戻った鈴愛と律(佐藤健)は来る日も来る日も、そよ風の研究に勤(いそ)しんでいた。木に当てて見たり、スモークマシンで風の形を可視化したり…。

その頃、草太(上村海成)から電話があった。5年生存率は50%だ、と晴の前で言う医者。癌はそんなものらしい。宇太郎は怒った。

その後、晴はゾートロープが見たくなって押し入れから出した。糸電話も出して「すずめ~」と呼んでみた。草太によると鈴愛が今週末に来る、という。

「聞こえたかね?」晴は微笑んだ…

【半分、青い。】142話の感想

【半分、青い。】142話のまとめ

医者の描写に賛否も、これが半分青い?

晴さんの手術は無事に成功したのですが、医師が5年生存率をあっさりと告げてしまう展開に!

こんな医者いるのか?いるいる!と視聴者の意見は分かれています。

まあ、実際にいるのかもしれませんが、朝ドラって病院でもかかっていることが多いので、ちょっと気まずい話題です。

晴さんの糸電話で鈴愛に呼びかけるシーンは良かっただけに少し残念な台詞でした。

ただそ『半分、青い。』はシビアなドラマでもあります。

努力は報われる、頑張れば夢は叶う、そんなことはない。世の中は甘くない。ということが次々に起こります。

また朝ドラのヒロインは純真だなんて幻想も壊す。嘘をついたり暴言もはく、人を傷つける(面もある)のが鈴愛。

そういう意味では、医師はみんな立派な先生ではない、という描き方も『半分、青い。』らしいかも?


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第24週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説【半分、青い。】第24…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク