【半分、青い】135話のあらすじと視聴率!律・佐藤健が気づいた原点とは?

半分青い23週

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第23週「信じたい!」135話が9月5日水曜日に放送されました。

律(佐藤健)は、TBS火曜ドラマでの佐藤健が演じる明るいキャラと正反対。

いつも自信がなく”目が死んでる”とネットで話題でしたが、ついに律が輝きだす?

律(佐藤健)が気づいた原点とは?

今回は【半分、青い。】135話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】135話の視聴率

半分青い135話

【半分、青い。】135話の視聴率は、22.9%

前回から1・0ポイントのダウン。

それでも、26話連続の20%超え。高視聴率キープです。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】135話のあらすじネタバレ

手の骨折をした律(佐藤健)を気遣い、光江(キムラ緑子)と花野(山崎莉里那)が律のもとを訪ね、食事(=チキンライスとスープ)を差し入れる。

一方の鈴愛(永野芽郁)は、女性用の恋愛マニュアルのソフトを作成中。恵子(小西真奈美)で試していると、兄・津曲(有田哲平)が帰ってきたという。

津曲は、会社の倒産で鈴愛を残しひとりで夜逃げした。鈴愛はラーメン屋で津曲と再会。

債権者への対応の苦労を訴える鈴愛に対して、津曲は鈴愛の好きな塩ラーメンの修業をしていたと説明する。

そんな中、律は転職先をパソコンで探していた。花野が紙コップでカニを作っていた。律がカニの足を動かす仕組みを手伝うと、鈴愛との幼少期の発明を思い出した。律の原点は、何か作りたい、人に喜んでもらいたいことだ。「何があってもあのときのトキメキを忘れるものか」そう思う。

その頃、津曲のラーメンを食べていた鈴愛に、岐阜にいる草太(上村海成)から電話があった。

…律の家に娘を迎えにきた鈴愛は、眠る娘を激しく起こす。異変に気付く律と正人(中村倫也)。鈴愛は、母・和子(原田知世)が癌(がん)だと告げた。

【半分、青い。】135話の感想

律・佐藤健が気づいた原点に反響!

【半分、青い。】135話のまとめ

律・佐藤健が気づいた原点は、人を喜ばせる・笑顔になってもらうこと、そのトキメキ。

これって、仙吉(中村雅俊)さんも言ってましたよね。

プロの漫画家になれなくて絵が描けなくなっていた鈴愛に対し、目の前の娘を喜ばすことの大事さを…。

鈴愛が秋風の漫画に感じたトキメキ。律が宇佐川教授の研究室でロボットに出会ったトキメキ。

幼いころの鈴愛と律で作った糸電話、ゾートロープ…。

それぞれ人の為の発明でした。糸電話は祖父を元気づけるため(天国へつなぐ電話)、ゾートロープは家族を安心させるため(鈴愛の失聴をこびとたちの楽しそうな様子を表現)。そしてロボットは鈴愛のため。

そもそも勉強も母・和子さんのノーベル賞獲って欲しいという夢のためでした。ついに動き出そうな律。今まで憂いのある目でしたが、ラストスパートの律の輝きに期待!


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第23週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第23週「信…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク