【半分、青い。】127話あらすじと視聴率!鈴愛・永野芽郁の子育てに視聴者絶賛

半分青い22週表紙

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第22週「何とかしたい!」127話が8月27日月曜日に放送。

127話は、花野がスケートを習いたいと言いだして…。

思ったことに真っ直ぐで、視聴者から何かと批判の多い鈴愛(永野芽郁)。

ですが、鈴愛の子育てに珍しく(?)視聴者絶賛でした。

今回は【半分、青い。】127話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】127話の視聴率

半分青い127話

【半分、青い。】127話の視聴率は、21.4%

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】127話のあらすじネタバレ

鈴愛(永野芽郁)は花野(山崎莉里那)が大地の肉まんを奪ったことを知り、怒る。

お小遣いは渡しているのに!何に使った!

実は、花野は浅田真央に憧れてフィギュアスケートの選手になりたかったのだ。習うためにお金を貯めていた…

鈴愛は、めったにわがままを言わない娘のために、何とかしてやりたい。

律(佐藤健)に相談しても現実的じゃないと言われる。名古屋や神宮外苑が有名だというが往復の時間がかかりすぎる。

花野は青いメダルを取るという。金・銀・銅は好きじゃないのだ。参加賞みたいだと言う鈴愛。しょぼいと思う花野に、鈴愛は参加したことは偉いと説く。…メダルは空から降ってこない、自分で取りに行くんや。そう意味では取りに行こうとしたことに価値がある、と…。

鈴愛は「その勇気に母は青いメダルをあげたい」と調子の良いことを言ってしまった。

娘のために、あきらめきれない鈴愛は、ブッチャー(矢本悠馬)菜生(奈緒)にも相談するが、打開策は出ない。

ブッチャーはこういう親バカがいてすそ野が広がり、メダリストが生まれると言って、菜生に叱られる。

花野は父と別れるときもわがまま言わず、鈴愛を慰めてくれた。しかも畳の上での見事な2回転に、鈴愛は希望を持っていた。

そんな中、以前ふくろう町に現れたうさんくさい男・津曲(有田哲平)が再び訪ねてくる。

【半分、青い。】127話の感想

鈴愛(永野芽郁)の子育てに視聴者絶賛!

【半分、青い。】127話のまとめ

鈴愛(永野芽郁)が、子どもの挑戦する心を折らない、見事な子育てに視聴者絶賛でした。

たしかに参加しないとメダルは取れません。

漫画家に挑戦したからこそ、漫画家の厳しさを知った鈴愛。

ずっと傷だったのに、仙吉に目の前の人を喜ばす大切さを教わり、絵を再び描いた鈴愛。

今では完全に乗り越えています。

挑戦してみることの価値を一番知っている鈴愛だからこそ。実感をこめた言葉であり、説得力もありました。

挑戦と挫折は『半分、青い。』のテーマかもしれません…。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第22週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第22週「何…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク