【半分、青い。】126話あらすじと視聴率!より子(石橋静河)のあくびに同情?

半分青い21週

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第21週「生きたい!」126話が8月25日土曜日に放送されました。

今回は【半分、青い。】126話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】126話の視聴率

【半分、青い。】126話の視聴率は、20.1%!

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】126話のあらすじ

鈴愛(永野芽郁)は葬儀の待ち時間、より子(石橋静河)があくびをしているのを目撃してしまう。そんな折、律(佐藤健)がいないため探しに行った。

河原で見つけてしばらく側(そば)にいた。生きている限り何かを失くし続ける…。鈴愛が左耳を失聴したときも、そして和子(原田知世)が亡くなったときも、2人は一緒だった。

健人(小関裕太)と麗子(山田真歩)が結婚の挨拶で、楡野家と西園寺家が顔合わせをしていた。麗子は式まで健人と一緒に働くことに。一緒にいたいからだ。家賃もとらなくなった。

鈴愛は、センキチカフェを訪れたブッチャー(矢本悠馬)が持っていたスポーツ新聞に、映画監督として活躍する涼次(間宮祥太朗)の記事を見つけた

律、ブッチャー、菜生(奈緒)らふくろう会のメンバーは、鈴愛の元夫の活躍に感心し、鈴愛は負けていられないと気持ちを新たにするが、最近、カフェにもつくし食堂にも居場所がないと感じていた。草太(上村海成)の妻・里子(咲坂実杏)が働いているのだ。息子・大地を私立の小学校に行かせるためにバイト代で稼いでいた。

帰り道、律は鈴愛に、来月、岐阜を離れる予定だと打ち明ける。

帰宅すると、花野が家族の前で2回転のジャンプを披露していたところだった。これが鈴愛の人生を変えることになるのだが…

【半分、青い。】126話の感想

より子(石橋静河)のあくびに同情?

【半分、青い。】126話のまとめ

より子(石橋静河)のあくびシーンは悪意があるのでは?

何の説明もありませんでしたが、あの時間は火葬で待っている時間なのでは?

おそらくより子(石橋静河)が和子に愛情がないという意味の描写でしょう。

でも、疲れていたのでしょうし、あくびくらいしてもいいのでは?

実際に親族は心労で疲れています。

退屈であくびという解釈もできますが、それも仕方ないこと。

鈴愛がより子を見つめる表情が何とも切ないです。が、妻を置いて幼なじみと河原で水切りをする律。そっちもひどいんじゃ?(笑)


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第21週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第21週「生…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク