【半分、青い。】永野芽郁が涙のクランクアップ!異例の非公開の理由とは?

永野芽郁主演の朝ドラ『半分、青い。』がクランクアップ!

永野芽郁がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『半分、青い。』が2018年8月17日、クランクアップを迎えました。2017年11月からクランクインして、約10ヶ月。

片耳を失聴しながら七転び八起きで生きてきた楡野鈴愛の半生を演じきった永野芽郁。今、どのような思いなのかコメントなどをまとめました。

今回は『半分、青い。』のクランクアップ情報について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】クランクアップ!永野芽郁がコメント

半分青いクランクアップ

出典NHK

【半分、青い。】主演:永野芽郁のコメント

「長いようで短いような10か月でした。こんなに長期間の撮影は初めてだったので、先が見えずに不安になってヒロインとしては頼りない時もあったと思いますが、 共演者の皆さんやスタッフの皆さん、本当にたくさんの人に支えられて、乗り切ることができました

『半分、青い。』は私にとって永遠に自慢できる作品になったことは間違いないです!だから、朝ドラでまたヒロインをやりたいな、また戻ってきたいなって思っています(笑)

鈴愛の七転び八起きの人生をテレビの前で応援してくださっている皆さん、まだまだ驚きの展開が待っています!ハラハラ、ドキドキしながら最後まで見守ってください。きっと素敵なラストになっていると思います」

出典:モデルプレス

永野芽郁の公式ツイッターやブログでのコメントはまだ到着してない…

しかし2018年8月10日の公式ブログで、永野芽郁は、

「もちろん寂しさはあるけど とにかく嬉しくて笑笑 これほど壊れたことも無かったし でもこれほど達成感で溢れるのも きっと中々無いことで とんでもない経験が出来たんだなって」

と書き込んでいました。たしかに発想の才能はあるものの、自分勝手なところがあるヒロイン。壊れる役。見事に演じ切りました。

制作統括:勝田夏子氏のコメント

「永野芽郁さん、あなたは本当にすごかった。18歳の女の子が、ひとりの女性の波乱万丈な40年の悲喜こもごもを、たった10ヶ月で体験しながら、リアルに演じきってくれました。

北川悦吏子さんが描く『半分、青い。』の世界は、まさに人生の縮図です。全てのキャスト、スタッフが、自分の来し方行く末と照らし合わせながら、心をこめて取り組んでくれたと思います。皆さん、お疲れ様でした。

そして何よりも、番組をご覧くださっている視聴者の皆さま。いつもご声援ありがとうございます。鈴愛たちの人生の冒険も、いよいよラストスパートです。転んでは行く手を見失い、それでも立ち上がって前に進みながら、一体どこにたどりついていくのか? どうぞ最後までお見守りください!」

出典:オリコン

松雪泰子のコメント

脚本・北川悦吏子のコメント

【半分、青い。】クランクアップは異例の非公開!

非公開の理由とは?

朝ドラのクランクアップはメディアに公開され、取材が行われるのが通例だが、今回は異例の非公開。同局はネタバレを防ぎ、視聴者に物語に没頭してほしいこと、撮影が夜遅くに及んだことを主な理由とした。

出典:スポニチ

朝ドラ【半分、青い。】は『ビューティフルライフ』などの北川悦吏子オリジナル脚本。

朝ドラのクランクアップはマスコミが入り、写真や動画がアップされて話題が大きく広まるのが通例。

その反面、ネタバレの危険もあります。例えば、同じくオリジナルだった朝ドラ『ひよっこ』ではみね子(有村架純)とヒデ(磯村隼斗)が指輪をしていた、と画像付きでネットで広まりました。

非公開なのは、物語の結末が分かってしまうリスクを回避!?実は、ノベライズ版がすでに発売していて、物語がネタバレしています。

しかし日刊ゲンダイがNHKに問い合わせたところ…

ノベライズとドラマの結末は同じなのかNHKに問い合わせると「ノベライズはノベライズ。番組は番組で、次第に情報を出していきます。同じかどうかはお答え致しかねます」(NHK広報担当者)と回答があった。北川悦吏子氏にも問い合わせたが、期日までに回答はなかった。出典:日刊ゲンダイ

ヒロインの半生を描き、現代まで描くのは当初から明かされていました。

しかし現代を描くとなると、3・11の震災もあります。

非公開にしたのは、もしかしたら改変がある?

『ひよっこ』の教訓を生かした非公開で、鈴愛と律が結婚するのでしょうか。

【半分、青い。】クランクアップの反響

【半分、青い。】クランクアップのまとめ

ついにクランクアップした【半分、青い。】

ヒロインの永野芽郁は、1999年9月24日生まれの18歳。学年ではストレートで入った大学1年生の年です。就職している人もいるとはいえ、クランクインはまだ高校3年だったので、異例の若さ。

クランクアップ時点の第20週は2008年で37歳ですが、かなり若いアラフォーになっています。おばあさんまでは演じないようなので違和感はありませんが、未成年が出産・離婚の演技をするのは難しかったでしょう。

まだ若いので本人が言うようにまた朝ドラに戻ってきて欲しいです。

終盤は鈴愛や律がおひとりさまメーカーを目指すそうですが、ノベライズ版が早めに出版されたため、本とドラマとは違うかもしれません。

鈴愛と律の運命に最後まで注目です。


2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

※記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク