【この世界の片隅に】5話のネタバレと視聴率!村上虹郎の切ない演技に絶賛

この世界の片隅にドラマ表紙

【この世界の片隅に】5話のネタバレと視聴率!

ドラマ『この世界の片隅に』(TBS系)第5話が8/12(日)よる9時から放送されました。

すず(松本穂香)の幼なじみ・水原(村上虹郎)が会いに来た!?

視聴者は水原の切ない思いに感涙。

今回はドラマ『この世界の片隅に』5話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年7月期のTBS日曜劇場は、ドラマ『この世界の片隅に』! 主演はアニメ映画版の"のん"(能年玲奈)ではなく松本穂香。 …
【この世界の片隅に】視聴率と最終回ネタバレ! 2018年7月期の日曜劇場はドラマ『この世界の片隅に』 原作の同名漫画はア…
スポンサーリンク

【この世界の片隅に】5話の視聴率

【この世界の片隅に】5話の視聴率、関東地区は?

この世界の片隅に5話

関東地区での5話視聴率は、8.9%

番組ワーストの数字となりました。

【この世界の片隅に】5話の視聴率、広島地区は?

広島地区での5話視聴率は、20・9%!

広島地区の4話視聴率:17.8%から3.1ポイントの大幅アップとなりました。

【この世界の片隅に】5話のあらすじネタバレ

この世界の片隅に5話2

水原哲(村上虹郎)がやってきた

昭和19年12月。水原哲(村上虹郎)すず(松本穂香)に会いに来た。水原は北條家に今晩泊めて欲しいと言い出す。米やミカンの缶詰を手土産に、 サン(伊藤蘭)径子(尾野真千子)に強引に了解を得る。2人も水兵を無下に帰すわけにいかなかった。水原は水汲(く)みも径子の娘・晴美(稲垣来泉)とともに手伝った。

水原は、帰宅した周作(松坂桃李)の顔を見て以前会ったことを思い出す。周作と水兵隊のいざこざを止めたのが水原だった。

しかし水原は、周作たち家族の前で「すず」「すず」と呼び捨てにして、相変らずボーっとしてると笑う。周作は、自分が知らないすずの子どもの頃を聞き不機嫌に。水原はひたすら笑顔ではしゃぎ続ける。

やがて夕食も終わり、居間には水原と周作の2人だけに。水原は、戦艦青葉がまたも負傷で戻り、活躍も沈没もせず、死に遅れるのも焦(じ)れるものだと言う。しかし水原は、「いよいよ次は最期かのう」とつぶやく。

それを聞いた周作は、父がいない今日の家長として、泊められないと告げ、水原に納屋の二階で寝てくれと言い渡す。そしてすずにはあんか(行火)を持っていくついでに、2人で昔話をしてこいと告げた。

すずと水原、二人きりで…

すずは、白い羽根を水原からお土産にもらい、羽根ペンにしてみた。鷺(さぎ)の絵をノートに描くすず。しばらく談笑していたが、急に見つめあい…

水原「すずは温(ぬく)いのう、柔(やわ)いのう、甘いのう」

水原はすずの肩を抱き寄せ、頬を寄せ、においを嗅ぎ、口づけをしようとすると…

すず「うちはこんな日が来るのを待ちよったんかね」

初恋の相手の水原とこんなに近いのに、すずが今腹が立つのは周作のことだった。一日くらい甘えてもいいかと思った水原は、すずに困らせたと謝って、寝転ぶ。水原は、「すずが普通でうれしいわ。安心した」という。

水原は、自分が死んでも、すずにはずっとこの世界で普通でいて欲しい、英霊として一緒くたに拝まず、笑って思い出すか、できないなら忘れてくれと願った。

翌朝。水原はすずにだけ別れを告げて出発する。 円太郎(田口トモロヲ)が何も知らない顔で帰宅。サンは不機嫌だった…

兄の戦死と空襲

町内で餅つきが行われる。まだ大丈夫だと思う婦人たち。周作は、幸子(伊藤沙莉)に縁談を持ちかける。女心が分からないと思うすず。それでも幸子は戸惑いながら話しを受けた。

昭和20年2月。すずの兄・要一が亡くなった。浦野家にて、すずの祖母・森田イト(宮本信子)は周作に初めて会った。母・キセノ(仙道敦子)は息子じゃないと言い張る。

遺骨は軽かった。全部持ってこれないのだ。陸軍に開けるなと言われたがキセノは開けたという。空襲警報が鳴り、慌てる中で遺骨の箱が倒れ、中から出てきたのを見たすずは「いし」とつぶやく。

周作はイトに尋ねられたので、考えられるのは「部隊が全員玉砕した場合…」という。イトはもっと立派な石入れようと言うが、キセノはこらえきれず、声をあげて泣いた。

一方、すずはどう悲しんでいいか分からない、と帰りの電車で周作に話した。さらに、すずは周作への不満をぶつける。水原と二人にしたこと、穴の開いた靴下を今日はいてきたこと。

周作も水原への嫉妬をぶつけ声が大きくなり、車掌さん、から注意を受け、乗客たちから笑われた。電車が揺れたため、周作に抱き着いたすず。兄が仲直りさせてくれたのかもと感謝した。

すず、ザボンを買いに行く。

雪が舞うある日。すず以外、北條家のみんな風邪で寝込んでしまう。径子がザボンを食べたいとわめくため、すずは買い出しに行く。

そのついでに遊女のリンにリンドウの茶碗を渡しに行く。直接ではなく同僚らしき女性・テル(唐田えりか)に渡した。その人は若い水兵と川で心中しそこなって風邪をひいていた。すずは彼女にザボンを渡す。

平成30年8月。近江佳代(榮倉奈々)と江口浩輔(古舘佑太郎)は原爆ドーム付近にいた。呉の家の持ち主・北條さんと会う予定だ。佳代によると友達・親友だという。ある朝、仕事に行く前に、心も体も動かなくなった。そのとき「大丈夫?」と声をかけてくれたおばあちゃんだ。

昭和20年3月。段々畑にきたすずと晴美の上空に、米軍の戦闘機が多数飛んで…

【この世界の片隅に】5話の感想

【この世界の片隅に】5話のまとめ

水原哲を演じる村上虹郎の演技に視聴者絶賛!

はしゃぐ感じや、色っぽい演技まで幅広く演じました。

今度こそ戦死するかもしれない状況で、片想いの幼なじみに会いにゆく。

普通でいることが難しい時代。たしかに普通なすず。

笑って思い出してほしい、と言う水原の想いが切ないです(泣)

周作の夫としての気持ちも複雑。現代では考えにくいのでは?

すずが怒るのも当然。最後は仲直りして良かったです。

次回6話は、アジア大会放送のため、8月19日(日)よる10時からとなります。ご注意ください。次回も注目!

※記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク