【半分、青い】112話のあらすじと視聴率!優しい律・佐藤健に胸キュン!

半分青い19週表紙

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第19週「泣きたい!」112話が8月9日水曜日に放送されました。

今回は【半分、青い。】112話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】112話の視聴率

【半分、青い。】112話の視聴率は、23.7%

自己2位の高視聴率をマークしました。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】112話のあらすじネタバレ

裕子(清野菜名)とボクテ(志尊淳)が突然、岐阜にやってきた。かつてオフィスティンカーベルでしのぎを削った2人との再会に鈴愛(永野芽郁)は大喜び。

晴(松雪泰子)ら楡野家のメンバーも歓迎し、茶の間で宴会が始まる。さらに律(佐藤健)も呼び出した。和子(原田知世)の声が聴きたくて家の電話にかけた。

それぞれの近況報告に盛り上がる中、飲めない酒を飲んで酔っ払ったボクテが、夏虫駅で鈴愛が律からのプロポーズを断ったときの真相を律に伝えたいといい始め…

無理だと言ったわけは律を嫌いと言ったわけでなく、「鈴愛ちゃんは律くんのことが好きなんだ!」

どうせ言うなら自分で言いたかった…と縁側から落ちた鈴愛。律は鈴愛の手を取って起こし、「今の話しほんと?」と尋ねて・・・

【半分、青い。】112話の感想

半分青い112話

律の手を差し出す優しさに胸キュン

【半分、青い。】112話のまとめ

あの夏虫駅でのプロポーズの真相がついに明かされる!?

佐藤健が演じる律が、縁側から落ちた鈴愛に手を差し伸べるシーンには胸キュン!

ただし、不倫だし、大人なのに今さらという指摘もあります…

111話では自己最高の視聴率を記録しているのですが、ここまで賛否あるドラマも珍しい。

37才になる律と鈴愛が、視聴者をざわつかせているのは事実ですが・・・


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第19週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第19週「泣…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク