【グッドドクター】4話のあらすじと視聴率!天才子役の高松咲希の演技に視聴者号泣!

【グッドドクター】のキャストとあらすじ!山崎賢人がサヴァン症候群の小児外科医!

「グッドドクター」4話が8月2日に放送されました!

高松咲希という子役の演技力が高すぎて衝撃を受けました。

涙無しでは見られない【グッドドクター】4話の視聴率とあらすじについて書いていきます。

ドラマ【グッドドクター】が2018年7月12日から放送されることが決定しました! 木曜夜22時からフジテレビ系列で放送され、初…
山崎賢人がサヴァン症候群の医師役を演じる「グッドドクター」 実は原作は韓国で作られたドラマで、今回日本でリメイクされることにな…
スポンサーリンク

【グッドドクター】4話の視聴率

【グッドドクター】4話のあらすじと視聴率!天才子役の高松咲希の演技に視聴者号泣!

【グッドドクター】4話の視聴率は、10.6%!

2018年7月12日から山崎賢人主演でスタートしたドラマ「グッドドクター」 2013年に韓国で人気を集めたドラマが原作で、日本…

【グッドドクター】4話のあらすじ

【グッドドクター】4話のあらすじと視聴率!天才子役の高松咲希の演技に視聴者号泣!

お腹がドンドンウンウン言うと痛みを訴える綾瀬奈緒(川島夕空)。

検査では異常がなく瀬戸夏美(上野樹里)は理解できなかったが、新堂湊(山﨑賢人)は術後の回復過程で心配は無いと症状を言い当てる。

子供のことを理解する新堂に瀬戸が関心していると、病院内で大暴れする少女がいた。

公園で倒れていたところを緊急搬送されてきた少女が検査を始めようとすると暴れ出し、手につけられない状況の中、湊が近づくと静かになり、取り押さえることができた。

新堂が少女の担当医になりたいと申し出て、高山誠司(藤木直人)がダメだと言うが、猪口隆之介(板尾創路)の指示により間宮啓介(戸次重幸)が新堂の担当医を許可する。

少女あかりちゃんはお母さんが病院にやってくる。

あかりちゃんは手術が必要な状態だとお母さんに説明するが、自宅近くの病院に転院させたいと話しだすお母さんに「あかりちゃんを渡しません」とあかりちゃんを抱きかかえて逃げる新堂。

お母さんは新堂に突き飛ばされたと訴え、処分が決まるまでは自宅謹慎することになる。

あかりちゃんは母親から虐待を受けていて、そのことを書いた日記を見た新堂は、誰にも言わないでと言われていたから事情を説明しなかったのだ。

そんなとき、あかりは腹痛で倒れ緊急手術をすることに。

新堂の的確なアドバイスもあり手術は無事成功。

ノートを見て真実を知った父親は衝撃を受け、母親と別れたあとあかりちゃんに謝るのだった。

【グッドドクター】4話の感想

あんな状況でもお父さんの幸せを考え、虐待されていることを言わずに耐えてる姿には泣けると共に危機感を覚えました。

周りの人、今回ならお父さんが気づいてあげないといけなかったですね。

高松咲希ちゃんは天才子役ですね。

将来、大物女優になること間違いなし。

この場面が私も一番泣けました。

古坂大魔王のツイートがバズってる。

上野樹里の演技も絶妙ですよね。

グッドドクターを見逃した人は、FODプレミアムで無料で見られます。

また、韓国版も無料で見られるので、ぜひ見比べてみてください!

FODプレミアム

※記事内の画像出典:公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク