【西郷どん】27話の視聴率は12.0%!玉山鉄二の願い届かず禁門の変!

【西郷どん】27話の視聴率は12.0%!玉山鉄二の願い届かず禁門の変!

NHK大河ドラマ「西郷どん」の27話が7月22日に放送されました。

玉山鉄二演じる桂小五郎がカッコよかったです!

しかし、思いが届かず悲劇が起こってしまいました。

【西郷どん】27話の視聴率とあらすじについて書いていきます。

スポンサーリンク

【西郷どん】27話の視聴率

【西郷どん】27話の視聴率は12.0%!玉山鉄二の願い届かず禁門の変!

【西郷どん】27話の視聴率は、12.0%!

【西郷どん】27話のあらすじ

物乞いに、長州が京を焼きに来るという絵を吉之助(鈴木亮平)に見せる。

侍は民を守るのが仕事だと優しく話す吉之助だったが、翌日その物乞いが吉之助を訪ねてくる。

長州の桂小五郎(玉山鉄二)という者で、長州藩の過激派たちが戦を始めようとしていると話し、一橋慶喜(松田翔太)と会わせる。

慶喜の身代わりが斬られた犯人は長州だと思っていたが、桂小五郎は長州ではなかったこの目で見たと話し、薩摩の「人斬り半次郎」と呼ばれる薩摩藩士(大野拓朗)ではないかと疑っていた。

その1ヶ月後。長州藩士が集まる池田屋を新撰組が襲撃し、9名を惨殺!

それを受け、桂小五郎の願い届かず長州が挙兵してしまう。

身代わりに斬られた平岡を斬ったのは水戸の者で、誰を信じていいのか分からないと錯乱する慶喜は、お前だけは裏切らないでくれよと吉之助に念押しをする。

薩摩も兵を出すことを決めた西郷は、蛤御門で来島又兵衛(長州力)率いる長州軍と戦う。

来島又兵衛を討ち取ったあと、命は奪いたくないと刀を捨てるよう呼びかける吉之助だったが、会津藩が長州に襲いかかるのだった。

【西郷どん】27話の感想

かっこよかったですね。

西郷どんはイケメンが多い。

八重の桜での禁門の変と比べると、西郷どんは良くなかったという声が多くありました。

そんなに良かったのかと八重の桜が見たくなりました。

私もその予告を見て笑っちゃいました(笑)

演技の幅が広い俳優さんですね!

※記事内の画像出典:NHK公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク