【高嶺の花】2話視聴率は一桁9・6%に陥落!野島伸司脚本が視聴者不快?

高嶺の花2話1

ドラマ【高嶺の花】2話の視聴率!

石原さとみ主演のドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)第2話が7/18(水)に放送されました。

初回二けた視聴率で好発進。第2話は視聴継続か、脱落か、審判される回。

今回はドラマ『高嶺の花』2話の視聴率についてまとめます。(見逃した方はHuluで)

2018年7月期の水曜ドラマは『高嶺(たかね)の花』 主演は、石原さとみ!相手役は峯田和伸。原作なしでおくる、美女と野獣の格差…
【高嶺の花】の視聴率と最終回ネタバレ! 主演・石原さとみ(『アンナチュラル』)×脚本・野島伸司(『彼氏をローンで買いました』)…
スポンサーリンク

ドラマ『高嶺の花』2話の視聴率

高嶺の花2話5

ドラマ『高嶺の花』2話の視聴率は9.6%!

『高嶺の花』初回の視聴率は、11・1%。

第2話は、前回から1・5ポイントのダウンとなりました。

同じ放送枠の前クール「正義のセ」(主演・吉高由里子)の初回視聴率は11・0%。

同「正義のセ」2話の視聴率は9.9%。

やはり2話はダウンして1・1ポイント下がっています。

ただし「正義のセ」3話では視聴率10.3%、と二ケタに回復しているので、『高嶺の花』も挽回が期待されます。

しかし視聴率低下の原因には、やはりクセのある野島伸司脚本が影響か?

ドラマ『高嶺の花』2話の反響

ドラマ放送中、ツイッターのトレンド(つぶやきが多いワード)に#高嶺の花が入っていませんでした。

しかも「不快」が高嶺の花の検索の関連ワードに出てきます。

野島伸司脚本が不快?

高嶺の花2話3

確かにくさいセリフ、急にキーンコーンカーンコーンと言い出す不自然なセリフがあります。

さらに千葉雄大が演じるキャラクターが石原さとみの義母に肉体関係を要求し、さらに芳根京子に迫ったりと生々しい…

万人受けしない点が多々あるとは思われます。

逆にいえば野島伸司はこういう作風。

地上波だからと縛られず、のびのびと描いているとも言え、ささる人にはささるのですが…。

ドラマ『高嶺の花』2話のまとめ

ドラマ内容は、華道の名家の娘・月島もも(石原)が、婚約者に結婚式当日にフラれてしまう。どん底の中、自転車店主の風間直人(峯田和伸)と恋に落ちる超格差ラブストーリー。

ほか共演には芳根京子、千葉雄大、髙橋ひかる、戸田菜穂、小日向文世らが集います。

脚本は『ひとつ屋根の下』などの野島伸司が担当。

今回、人気女優・石原さとみが野島伸司脚本の恋愛ドラマを待望し、実現しました。

石原さとみは、『地味にスゴイ!』『アンナチュラル』などヒット連発の人気女優。

初回はその石原の最新作、ヒットメーカー・野島伸司脚本で注目を集め、2桁視聴率をマーク。

しかし鬼門の2話は一ケタ視聴率に落ちました。このまま下がるのか、挽回できるのか第3話に注目が集まります。


※視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ。

※記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク