【半分、青い。】90話のあらすじと視聴率!鈴愛・永野芽郁が恋は盲目状態すぎる

半分青い15週表紙

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第15週「すがりたい!」第90話が7月14日土曜日に放送されました。

90話は、鈴愛・永野芽郁が恋は盲目状態すぎることが判明!ラストはまさかの”だめんず”ぶり発揮で驚きでした。

今回は【半分、青い。】90話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】90話の視聴率

半分青い89話

【半分、青い。】90話の視聴率は、21.8%

前回から0.2ポイントのアップです。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】90話のあらすじネタバレ

鈴愛(永野芽郁)は、お泊まりセットも準備して涼次(間宮祥太朗)の部屋を訪ねた。しかし、そこで涼次が祥平(斎藤工)と同居していることを初めて知ってショックを受ける。

祥平と鈴愛は険悪なムードに。そして2人はゲイで付き合ってると指摘。自分なんか相手されたのは目くらましと考えた。28年好きだった人が結婚したからだ。プロポーズしたくせに裏切った、と都合よく記憶を書き変えて涼次に伝える。

涼次はすっかり騙され、自分は裏切らない、と鈴愛の手を握った。「やってらんねえ」と祥平は立ち上がる。

祥平は涼次を弟のように思っていた。「結婚すると聞いて私は寂しかったのかもしれない。私は弱虫だったのかもしれない…」とつぶやく。

それは涼次を意識したきっかけとなった詩だ、と鈴愛は気づく。その詩は、実は祥平が書いたもので、『追憶のかたつむり2』の冒頭のナレーションであった。

翌日。鈴愛は、田辺(嶋田久作)に報告。許せない話しかと思ったら、鈴愛は許すと言う。しかも、もっと好きになったらしい。びくびくと言い出せなかった涼次を可愛いと思ったらしい。

一方涼次は、3人の叔母、光江(キムラ緑子)麦(麻生祐未)めあり(須藤理彩)、に鈴愛との結婚を報告。そんな涼次に光江は亡き姉からの預金通帳に色をつけて渡した。

鈴愛は弟の草太(上村海成)にも結婚報告。しかし草太は自身の結婚話しを言いそびれた。仙吉(中村雅俊)は鈴愛のことが落ち着いてからの方がいいとアドバイス。…相手が40才近くでバーのママひかりだと分かり、孫は騙されてると仙吉は内心で疑っていた。

鈴愛と涼次が楡野家に結婚のあいさつにきた。鈴愛の母・晴(松雪泰子)や父の宇太郎(滝藤賢一)は大あわて。まじめな雰囲気だったが、涼次は決まり文句をいう肝心のところで、笑いだしてしまう。鈴愛は内心、あかん、と思って笑えなかったが…

【半分、青い。】90話の感想

鈴愛(永野芽郁)が恋は盲目状態すぎる!

鈴愛(永野芽郁)が恋は盲目状態すぎで、視聴者心配のもよう。

ポエムが別人のものでも許せるのですね…

自分のことも、盲目状態。新聞部くん(こばやん)、まあくんをすっかり忘れて、律に一途(いちず)だったかのような言い方。

さらに「無理」と自分がふったことを忘れて、裏切られたと鈴愛も嘘をついて…いや、過去を都合よく書き変えていました。

ナレーションがつっこんでいましたが、こういうナレは有効かも?

【半分、青い。】90話のまとめ

ラストで笑いだす「あかん」状態の涼次。

これは心配しかない。

というか、上手くいかない伏線ばかりが提示されているかのよう。

4年周期の求婚なので焦る、風呂つきに住みたい、嘘も許すなど…

これって、誰かに求婚されたらぐらつくかも、お金(≒風呂)がないとダメ、嘘をつく(≒都合悪いことは言いだせない)男、とも言えるような。

”だめんず”に魅了されてしまう心理もあるとは思いますが…

心配しかない2人の今後が気になります。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第15週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第15週「す…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク