【半分、青い。】53話あらすじと視聴率!仙吉・中村雅俊のサザンに2つの違和感

半分青い9週表紙

6/1(金)に放送された、永野芽郁ヒロインの朝ドラ『半分、青い』第9週「会いたい!」第53話。

視聴率が6/4(月)に分かりました。

今回は【半分、青い。】53話の視聴率とあらすじについて。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】53話の視聴率

半分青い9週金曜2

【半分、青い。】53話の視聴率は20.5%!

前回から0.3ポイントのアップ。

第9週の月曜放送から、5話連続の20%台キープです。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】53話のあらすじ

【半分、青い。】53話のあらすじは・・・

鈴愛(永野芽郁)と正人(中村倫也)はキス寸前でおわった。服が燃えかけたからだった。

オフィス・ティンカーベルに晴(松雪泰子)がやってきた。久々の再会となる秋風(豊川悦司)らは、晴を歓迎。

晴は、菱本(井川遥)の案内で豪華なオフィスを見て回った。その後、鈴愛が住んでいる秋風ハウスを訪れるが、あまりの落差があり、晴は驚いた。

そのころ梟(ふくろう)町では、残された楡野家の男三代、仙吉(中村雅俊)、宇太郎(滝藤賢一)、草太(上村海成)が思い思いに羽を伸ばしていた。仙吉はサザンの「真夏の果実」ギター弾き語りを披露。自分の時代にはこんな歌はなかった、としみじみ歌いあげる。戦争の影を草太は感じていた。

【半分、青い。】53話の感想

中村雅俊の歌が話題でした。

しかし、またも時代考証問題が勃発!

大きく2つの点で視聴者は違和感をもったようですが…

ひとつは仙吉の設定について

戦前生まれでサザンを歌うのはおかしい、という声が殺到しました。フォークソングを歌うのは・・・演じている中村雅俊の世代です。そこは大目にみて楽しめるかどうか分かれ目。

2つ目はサザンの『真夏の果実』が発売前という点。

楡野鈴愛は1971年7月7日生まれ。高校卒業して直後の19才になる年ですから、1990年。今は春から夏の時期。誕生日を第10週の放送で迎えることから7月7日よりは以前。

一方、『真夏の果実』は1990年7月25日発売。なので発売前ではあります。

ただし、BGMでかかっていたそうですし、おそらく歌番組では歌っていたでしょうし、これくらいの誤差は見逃してほしいところですが・・・


【半分、青い。】関連記事

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第9週のあらすじと視聴率! 永野芽郁が主演のNHK朝ドラ。第9週「会いたい!」(5/28~6/2放送)は、鈴愛…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク