ドラマ【再捜査刑事・片岡悠介11】のキャストとあらすじ!寺島進主演!

再捜査刑事201805
スペシャルドラマ【再捜査刑事・片岡悠介】のキャストとあらすじ!

寺島進主演の人気シリーズが日曜プライム(テレビ朝日系・日曜よる9時)に初登場!

過去の未解決事件に挑む再捜査班の活躍がみどころ。今回は日曜プライム・ドラマ第6弾となる本作のキャストとあらすじをご紹介します。

スポンサーリンク

【再捜査刑事・片岡悠介】のあらすじ

主人公は寺島進が演じる片岡悠介。

悠介は警視庁の“お荷物”部署・再捜査班に左遷された刑事でバツイチである。

再捜査班のメンバーは、“カタブツ美女”の奥村澪刑事(原沙知絵)、“ドM”な浅野直樹刑事(金子貴俊)、“定時退勤”がモットーの姉川恵津子班長(あめくみちこ)ら。

また佑介とイチャついてきた科捜研の研究員・一二三祐希(吉田羊)も本作のおなじみ。今回の第11作では2人の関係に変化が……!?

本作で片岡悠介が再捜査するのは、12年前に転落事故と処理された事件。天才バレエ少女をケガさせて、親友のバレリーナの母を転落死させた、恐るべき殺人犯を追います。

ケガをした天才少女に武田梨奈、その母親は有森也実が演じます。2人の親子関係の悲しくも切ない真相に注目です。

…発表されているあらすじはコチラ。

最近、ダンス教室に通いはじめた浅野から、美人インストラクター・沢木飛鳥(武田梨奈)の存在を聞かされた悠介は、いそいそと体験レッスンに参加。ところが、2人が刑事であることを知った飛鳥が突然、「“12年前の殺人犯”を見たかもしれない」と打ち明けてきたから驚く…!

12年前、飛鳥は元バレリーナの母・佳乃(有森也実)の期待に応えるためバレエに打ち込んでいたが、発表会のプリマの座を勝ち取った直後、石段で転落。足をくじいたことを隠して発表会に出たところ、結果は散々で、それがきっかけでバレエもやめたと話す。

だが、飛鳥が足をくじいた3日後、プリマの座を争っていた親友・紺野和美(荒井萌)の母・貞子(鈴木美智子)が、同じ石段で転落死する事件が発生。実は、飛鳥は石段から転落した際、帽子にサングラス姿の男に突き落とされたようなおぼろげな記憶を持っていたが、貞子の死もあって誰にも言い出せず、12年間心の中にしまい続けてきたという。

しかし、つい1週間前、古い友人と再会し、12年前のバレエ教室のビデオを見せてもらったところ、帽子にサングラスの男が貞子と口論している様子が、画面の片隅に映っているのを発見! 忌まわしい記憶がよみがえり、悠介たちに相談しようと思い立ったらしい。

12年前、飛鳥と貞子を突き落とした犯人は、誰なのか…。事件を調べはじめた悠介は、科捜研の一二三に映像分析を依頼。一二三によると、謎の男は体格から考察してバレエダンサーの可能性があると指摘。さらなる検証の結果、当時、事故死として処理された貞子が何者かに突き飛ばされ殺害された事実も判明する。

そんな中、12年前、佳乃が発表会で失敗した飛鳥をまったく叱らなかったことを知った、悠介。バレエ教育に熱心だったはずの佳乃がなぜ怒らなかったのか、どこか引っかかりを覚えるが…!?

【再捜査刑事・片岡悠介11】主演キャストは寺島進

寺島進(役:片岡悠介)

再捜査刑事11キャスト5

登場人物:片岡悠介

…第2作目までは警視庁捜査一課・第二特殊班。第3作からは、警視庁の“お荷物”部署・特命捜査対策室に異動。未解決の再捜査を行う“鼻つまみ者”の刑事となる。

人呼んで「再捜査の鬼」。バツイチで母と二人暮らし。下戸でヘビースモーカー。詰め将棋が趣味。
キャスト:寺島 進(てらじま・すすむ)は1963年11月生まれ。本作放送時は54才。警察ものでは『京都地検の女』の京都府警の刑事や『アンフェア』シリーズでの主人公・雪平の上司でもおなじみ。『真田丸』『コード・ブルー』ほか多数出演する名脇役で、テレビ東京のドラマ『バイプレイヤーズ』の主要6人のひとりでもある。ただし続編は出演していない。

【再捜査刑事・片岡悠介11】科捜研のキャストは吉田洋

再捜査刑事11キャスト2

登場人物:一二三祐希……警視庁科学捜査研究所の研究員。第3作から登場。

キャスト:吉田羊(よしだ・よう)は年齢非公開。朝ドラ『純と愛』で注目され、人気ドラマ『HERO』第2シリーズで知名度を上げた。以降、ドラマ『コールドケース〜真実の扉〜』や『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』映画『嫌な女』などで主演も務めている。

【再捜査刑事・片岡悠介】シリーズおなじみのキャスト

再捜査刑事11キャスト3

原沙知絵(役:奥村澪)※写真左

奥村澪 ・・・・第3作で、西青梅警察署から警視庁特命捜査対策室に異動してきた。片岡の後輩の刑事。片岡とは将棋のライバル。

第2作では西青梅署捜査課にて、片岡と共に迷宮入りの事件を解決した。

金子貴俊(役:浅野直樹)※写真左から2番目

浅野直樹・・・・第2作までは西青梅署・捜査課に所属。第3作であきる野署の捜査課に転勤。第5作で青梅東署の捜査課で再登場。第6作から片岡と同じ班になった。いじめられることで潜在能力を開花させる、“ドM”な面がある。

あめくみちこ(役:姉川恵津子)※写真右

姉川恵津子 ・・・・第7作から登場した、新任の警視庁特命捜査班の班長。“定時退勤”がモットー。事なかれ主義的だが本質的には強い正義感を持つ。

吉行和子(役:片岡美知恵)

片岡美知恵・・・・片岡悠介の母。元中学校の美術教師。

【再捜査刑事・片岡悠介11】のキャスト

有森也実 / 役:沢木佳乃 ・・・・元バレリーナで、飛鳥の母親。12年前になぜ失敗した飛鳥を叱らなかったのか、と悠介らから疑問視される。有森也実の知名度から12年前の犯人の可能性が高いか?あるいは視聴者の裏をかく?

武田梨奈 / 役:沢木飛鳥・・・・バレエの美人インストラクター。12年前の事故死の不審人物を思い出す。当時、飛鳥自身は発表会のプリマの座を勝ち取った後にケガをして、発表会では失敗したが…。

荒井 萌 / 役:紺野和美 ・・・・、紺野和美の母親。飛鳥が足をくじいた3日後に、同じ石段で転落死。事故と処理されたが…。

鈴木美智子 / 役:紺野貞子 ・・・・飛鳥とプリマの座を争っていた親友。

不破万作 / 役:本田勇蔵 ・・・・?(犯人候補か?)

【再捜査刑事・片岡悠介11】は2018年5月27日放送!

本作『再捜査刑事』の脚本は、深沢正樹。本シリーズ第7作から脚本を担当しています。テレビ朝日では小泉孝太郎主演『家裁調査官・山ノ坊晃』(全2作担当中)沢口靖子主演『鉄道捜査官』(15~18作目まで担当中)などスペシャルドラマを数多く手掛けています。

監督の伊藤寿浩も本シリーズ第7作から監督を担当しています。おなじみのコンビでもお送りする『再捜査刑事』11作目は2018年5月11日放送です。(見逃した方はTVerで期間限定配信、あるいはauビデオパスで配信予定です)

(出典のない記事内の画像・あらすじ引用は公式サイトより)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク