【ラブリラン】5話ネタバレと視聴率!古川雄輝の「ありがとう」に反響!

ラブリラン

中村アンの初主演ドラマ『ラブリラン』第5話が5/3(木)に放送されました。

今回は【ラブリラン】5話の視聴率・あらすじネタバレをご紹介します。

主演は中村アン!30才処女役で連続ドラマ初主演です。 共演に古川雄輝、大谷亮平が決定。記憶喪失になった中村アンが2人の男の間で…
スポンサーリンク

【ラブリラン】5話の視聴率

ラブリラン5話1

【ラブリラン】5話の視聴率は3・0%

前回から0.4ポイントの上昇となりました。

ドラマ【ラブリラン】の視聴率と最終回ネタバレ 2018年春クールの読売テレビ・日本テレビ系の木曜プラチナイトは『ラブリラン』が…

【ラブリラン】5話のあらすじネタバレ

『ラブリラン』第5話のあらすじは…

3か月の記憶を失った主人公・南さやか(中村アン)は、町田翔平(古川雄輝)との同居生活や、デザイナーの仕事も慣れ、順調な日々を送っていました。

さやかは自身のSNSの書き込みを目撃。町田に「好きだ」とキスをされたバレンタインから3日後(2月17日)のもので、“まさか、私がこっちサイドに立てる日が来るなんて……”とありました。「こっちサイドって何?私に何があったの?」と不思議がるさやか。

しかも前回4話のラストで、さやかは小笠原杏子(大政絢)と町田のキスを目撃。以来、早く記憶を取り戻して、町田の部屋をでなきゃ…と焦っていました。宇野友美(佐津川愛美)と藤崎隼人(市川知宏)によるとその日、さやかと町田は初デートだったもよう。

…そんな折、杏子の提案で、町田と水族館での”再現デート”を行います。さやかの2月17日の記憶を取り戻すためのものでした。

さやかは思い出したふりをして帰ろうとすると、町田に「ちゃんとやれよ。こっちは休日返上で付き合ってんだぞ」と叱られました。その時、後ろにいた客に押された町田は杏子に壁ドンする格好に…

さやかの記憶が不意に蘇る…。デートの日、同じ姿勢で、さやかを人混みからかばってくれた町田。「私、彼にすごく女の子扱いされていたんだ……」と。

町田は仕事の電話があって、去っていきます。残された杏子は町田と別れた事情をさやかに話します。「あの人は、仕事が何よりも大事なの。自分の仕事も他人の仕事もね。だから私たちは別れるしかなかった」…つまり町田は杏子がモデルとして売れるために別れたといいます。

杏子が事務所から「チャンスをものにしたかったら、恋人とは別れろ」と言われているのを町田は知っていたのです。

杏子「だから私、決めているの。次は絶対に私が彼の助けになるって。……あなたはいいのよね?本当に翔平のこと、もう何とも思ってないの?」

さやか「はい。記憶が戻れば彼の家を出ることになっています」

杏子「知ってる。私が彼のもとに戻ることになっているの」

さやかはショックを受けます。その夜、さやかは2度目のデートを再現したいと町田に迫るも断られてしまいます。早く思い出して町田から離れようと必死ですが、心はざわざわ…

そんな折、ジュエリー会社からさやかの企画の白紙撤回が!デザイナーの小松健司(尾上寛之)が自社でやると言い出したからでした。小松は「以前、俺のデザインが気に入らないって切り捨てたよね」と突き返します。

それでも町田は、明日の朝までにサブ案のデザインのカラー印刷、モニター資料を用意できたら、考えてもいいというチャンスを得ます。

一方、さやかは、鷺沢亮介(大谷亮平)からデザイナーの仕事を紹介され、代理店との親睦会に参加します。さやかが親睦会に出ると、そこに小松もいて、小松が町田に復讐していると知ってしまいます。「どんだけコドモなんですか!」さやかは声を荒げてしまいます。小松は「二度とオタクの会社に仕事を頼まない」と強気。…さやかは去ったが、今度は亮介が小松の顔にビールをぶっかけました。

その頃、町田は風邪で倒れて病院に運ばれていました。さやかは、町田の仕事の手配を済ませて町田のもとへ駆け付けます。小松に暴言を吐いたことを伝え、「明日、一緒に行って頭を下げて頼み込むから」とさやかが言うと、町田は「ありがとう」とさやかを抱きしめました…。

翌朝。さやかと町田が出社すると、社長の泉(ふせえり)の元に、小松のジュエリー会社から謝罪の電話がきていました。正式に制作依頼が来て、ホッと安堵するさやかと町田。

さやかは思い出す…。2月17日の初デートの日、水族館近くの写真スポットで、さやかが、いつも『写真撮ってください』と頼まれてばかり、と町田に話すと…

町田は、「じゃあ一緒に写真を撮ろう」と言ってくれて、さやかは、「まさか私がこっちサイドに立てるなんて」と写る側になり思わず呟いたのでし。た…。

現在のさやかはその時の町田との写真を見て、「いいなあ」と思わず涙が……。

【ラブリラン】5話の感想

古川雄輝が演じる町田が「ありがとう」と言って、さやかを抱きしめるシーンに多くの視聴者がキュンとしたようです。

記憶喪失の30才処女とか同棲など刺激的な展開ながらも、全体的にはピュアなラブストーリーになっていて共感が得られるドラマです。

この2人の恋の行く末は気になりますね。

※視聴率は関東地区・ビデオリサーチ調べのリアルタイム視聴率

※記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク