【半分、青い。】24話ネタバレと視聴率!中村雅俊ギター弾き語りが話題!

半分青い第4週

永野芽郁がヒロインの朝ドラ【半分、青い。】第4週「夢みたい!」第24話が4月28日(土)に放送されました。

鈴愛(永野芽郁)と律(佐藤健)は秋風羽織(豊川悦司)のトーク―ショーを観覧し…。

今回は朝ドラ『半分、青い。』24話のネタバレあらすじ・視聴率・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

『半分、青い。』24話の視聴率

半分青い24話

『半分、青い。』24話の視聴率は、5/1(火)発表予定です。わかり次第更新します。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

『半分、青い。』24話のネタバレあらすじ

半分青い24話2

4月28日(土)放送の第24話あらすじは…

鈴愛(永野芽郁)の両親は、娘の就職が祖父・仙吉(中村雅俊)のおかげと知り感謝する。

つくし食堂で鈴愛(永野さん)の就職祝いパーティーが行われる。仙吉の弾き語りを筆頭に、宇太郎(滝藤賢一)らも加わった「センキチ・アンド・ジジーズ」が鈴愛の生まれた1971年のヒット曲「あの素晴しい愛をもう一度」を歌った。

律から就職祝いに、少女マンガ家・秋風羽織(豊川悦司さん)のトークショーのチケットをもらう鈴愛。当日、律と2人で会場を訪ねた鈴愛。

「べつに…」と答えない秋風の重苦しいトークにも鈴愛は真剣に耳を傾ける。司会(加藤綾子)が「漫画とはひとことで何か?」と聞いた際、「言いたくない」とばっさり斬る。ひとことで言えるなら命を削る意味がない、ということだった。話しがかみ合わないとしてトーク-を打ち切るが、最後に観客に向けてつまらない話しを謝罪し、「作品は裏切らない。また作品でお会いしましょう。」とあいさつした。

鈴愛はあわてて秋風を追いかけて、廊下で差し入れを渡す。控室にもどった秋風は五平餅を食べて、本物だと感動し、鈴愛を探すよう菱本若菜(井川遥)に指示。そして鈴愛と律は秋風に対面し…。

『半分、青い。』24話の感想

中村雅俊のギター弾き語りに視聴者絶賛。2番まで歌い聞かせました…

加藤綾子の朝ドラ初出演がヤフーニュースになっていましたが、往年の青春ドラマで活躍した中村雅俊の方が視聴者の心をわしづかみ。

しかもコネと五平餅で鈴愛を助けて、ギターで祝うという、中村雅俊の活躍回。

中村自身のヒット曲「ふれあい」を期待した視聴者も多数でした。

「あの素晴しい愛をもう一度」とは?

あのすばらしい愛を

出典:Amazon

「あの素晴しい愛をもう一度」とは?

作詞:北山修、作曲:加藤和彦、歌:北山修・加藤和彦

レコード発売:1971年4月5日(鈴愛の生まれる3か月前)、CD発売:1994年3月30日

正確には「素晴らしい」の「ら」は入らないようです。シモンズのデビュー曲の予定でつくられました。

北山修は1946年生まれの精神科医。作詞家。『戦争を知らない子供たち』や『さらば恋人』(堺正章の歌)作詞でも有名。

加藤和彦(1947-2009)は 「ザ・フォーク・クルセダーズ」「サディスティック・ミカ・バンド」や坂崎幸之助とのユニット「和幸(かずこう)」などで活躍。

当時を知らなくても認知度が高いのは中学校の音楽教科書に載ったことも関係あるでしょう。学生時代に合唱曲でも歌った、というツイートも多いです。

今回の第24話では、中村雅俊の声とギターで、ノスタルジックな曲を歌いあげ、現代の視聴者も泣かせました。カバー曲としても人気なので今後も歌い継がれるだろう名曲ですね。

『半分、青い。』24話の関連記事

23話で登場した鈴愛(すずめ)が描いた漫画、「カセットテープの恋」アニメーションがNHK1.5chで公開中!

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第4週のネタバレあらすじと視聴率! 永野芽郁がヒロインを務めるNHK朝ドラ。ついに高校生編も終了へ。進学・就職…

U-NEXTで動画配信中】

永野芽郁主演のNHKオンデマンド『半分、青い』見逃し配信中! 見逃した、もう一度見たい方にオススメ。

U-NEXT

(記事内の画像出典は公式サイトより)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク