【花のち晴れ】1話のネタバレと視聴率!道明寺(松潤)登場でTwitter落ちるも7.4%の衝撃!

「花より男子」の新章【花のち晴れ】がいよいよスタート!

1話から松潤の道明寺登場で「花男」ファンも大興奮!

連ドラ初主演の杉咲花をはじめ、キンプリ平野紫耀率いるC5キャストの実力は?

今回は、ドラマ【花のち晴れ】1話の視聴率、ゲスト・キャスト、あらすじ&ネタバレ、感想について!

スポンサーリンク

ドラマ【花のち晴れ】1話の視聴率

ドラマ【花のち晴れ】1話の視聴率は7.4%!

道明寺司(松潤)のホログラム&リアル登場で視聴者大歓喜! 一時はTwitterのサーバーがダウンするほどの盛り上がりを見せたのに、7.4%とは…。

もともと「花より男子」のキャストや物語より、全体的にパワーが弱いと思われていた【花のち晴れ】。

F4頼みもこの低視聴率という結果に。次回も道明寺が出演するので、少しはアップしていけるでしょうか。

ドラマ【花のち晴れ】1話のゲスト・キャスト

松本潤(役:道明寺司)

道明寺司…「花より男子」のメインキャラ。道明寺財閥の御曹司で英徳学園を仕切るF4のリーダー。自意識が高いが日本語に弱かったり、やたらにピュアだったり、憎めないというより愛すべきキャラ。映画「花より男子ファイナル」で牧野つくし(井上真央)と結婚し、子供もできたが、その後は…?

1話では神楽木晴が、カツアゲにあっている友人を助けられずにいるところに出くわし、不良どもをやっつけ、晴に英徳を頼むと言い残す。

翔(役:神楽木晴/幼少期)


アレックス翔…2006年5月9日生まれ。インスタグラムのフォロワー数20万人超えというインスタ美少年。ドイツ人の父と日本人の母を持つ。キンプリ平野紫耀演じる神楽木晴(ハルト)の幼少期を演じる。

ドラマ【花のち晴れ】1話のあらすじ

主人公・音(杉咲花)がセレブから隠れ庶民に!

セレブな子女が通う名門・英徳学園。F4の卒業から10年を経た英徳学園はかつての輝き華々しいオーラを失い、ライバル校・桃乃園学院に志願者を奪われるという情けない状況に。

そんな英徳学園高等部に通う江戸川音(杉咲花)。

英徳に通い始めたころは父・江戸川誠(反町隆史)経営の大手化粧品メーカー「エド・クオリティ化粧品」のセレブ女子だったが、会社が倒産してからボンビー生活に一変。

父が漁船に乗って出稼ぎをするなか、母・由紀恵(菊池桃子)ボンビー生活。コンビニでアルバイトをしながら家計を支え、“隠れ庶民”として英徳に通っている。

無理してまで英徳に通うのは、母親同士が決めたいいなずけの馳天馬(中川大志)と結婚するため…。

道明寺司(松本潤)に晴(平野紫耀)が憧れる理由とは?

道明寺財閥と肩を並べる日本三大財閥・神楽木ホールディングスの御曹司で現在の英徳学園のカリスマである神楽木晴(平野紫耀)。

幼少期に、同級生のイジメから救ってくれたF4リーダーの道明寺司(松本潤)に「英徳学園を頼む」と言われたことから、英徳学園に栄光を取り戻すことを誓う。

幼馴染の平海斗(濱田龍臣)らとF4(フラワー4)ならぬC5(シー5)“正しき5人”を結成。

「学園に寄付金を払えない庶民は英徳にふさわしくない」と“庶民狩り”を行っている。

ドラマ【花のち晴れ】1話のネタバレ

音(杉咲花)と晴(平野紫耀)の最悪の出会いとは?

神楽木晴(平野紫耀)は、道明寺司に一歩でも近づくために、背を伸ばすグッズ、願いを叶えるグッズなど怪しい通販グッズを取り寄せては、執事の小林(志賀廣太郎)に受け取らせていた。

しかしあるとき腰を痛めた小林の代わりにコンビニに受取に行った晴は、アルバイト中の江戸川音(杉咲花)に遭遇!

カリスマの面子がつぶれた晴、隠れ庶民がバレた音もヤバイと焦りまくる。

音(杉咲花)と道明寺(松潤)に非難され、晴(平野紫耀)が立ち上がる!

英徳学園門前で、女生徒が不良にからまれていたが、スルーするC5。

いつも偉ぶってるのに、指をくわえているだけでしょうもない! 何がC5だ…

と音に言われた晴は、幼少期・道明寺に同じことを言われたことを思い出し、ガラにもなく不良に立ち向かう。

たまたまよろけた瞬間に繰り出したパンチが鳩尾に命中して倒れる不良。

学生たちは「さすが英徳のリーダー」ともてはやす。

音は晴の行動に驚くが通販をネタに晴に自分を英徳から追い出すなと宣戦布告。

音が好きな晴の勘違いな愛情表現と肉パンチ

人間は所詮金で動くと考えている晴は、音とコンビニバイトの先輩(木南晴夏)と自宅に招待。豪華なガーデン・バーベキューに呼べば、自分を王子様のように思ってくれると妄想していたが、晴の高級スーツを汚した先輩に暴言を吐く晴に音は激怒。

バーベキュー会場にあった大きな肉の塊(ローストビーフ?)で晴をぶんなぐる。

妄想と180度違う現実と、友人のために真剣に怒る音に衝撃を受ける晴。

帰り道、かねてよりセクハラをしかけてきていたバイト先のスタッフに襲われかけた音を、追いかけてきた晴が助ける。

そこにたまたま車で通りがかったライバル校の生徒会長・天馬(中川大志)が現れ、音はうっかり天馬がフィアンセであることを晴にバラしてしまう。

ドラマ【花のち晴れ】1話の感想

「花より男子」の新章といいつつ、キャラ設定とストーリーが「花男」とかぶった感が否めない「花のち晴れ」。

キャストも全体的に「花男」よりかなり弱いので、感想も松潤の道明寺登場に関するものが中心となってしまいました。

ドラマ【花のち晴れ】1話のまとめ

まさかのホログラムからの、回想シーンでリアル道明寺の登場。

後ろ姿や横顔中心でしたが、間違いなく松潤=道明寺のパンチやキック炸裂でカッコよかったですね。

道明寺のトレンド入りとともに、Twitterのサーバーがダウンしてしまいました。

道明寺と道明寺邸、道明寺がつくしと待ち合わせした恵比寿ガーデンプレイスが次回に登場するので、次回はどうなるのでしょうか。

音とC5。メインキャストが「花男」のつくし&F4に比べて弱すぎるので、演出に期待していましたが、演出や劇伴、カメラワークも「花男」ほどの臨場感がなく…、残念です。

「花男」の新章らしく、英徳や道明寺家の世界観はもっと濃厚に表現してほしいですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク