【わろてんか】134話のあらすじと視聴率!真田丸ファン騒然!叔父上の信尹が島左近を調略?

出典リアルサウンド

【わろてんか】134話のあらすじと視聴率!

  • NHK連続テレビ小説「わろてんか」第24週「見果てぬ夢」134話が3月12日(月)に放送されました。
  • てん(葵わかな)は国から勲章を授与されることになった。
  • 伊能(高橋一生)は制作中の映画が次々と国の検閲に引っかかり修正を拒否したため、上映中止を余儀なくされて…。
スポンサーリンク

【わろてんか】134話の視聴率

わろてんか134話2

出典リアルサウンド

【わろてんか】134話の視聴率は20.1%!

大台超えの月曜日となりました。

関連記事:わろてんかの視聴率一覧

【わろてんか】134話のあらすじ

昭和14年(1939年)秋になった。慰問団「わろてんか隊」は亀井が団長となり、国内にも派遣。

一方、伊能(高橋一生)の会社では恋愛映画が検閲に引っかかっていた。

キース(大野拓朗)が主演した作品のチラシが北村に届く。アサリは北村笑店の映画部を風太(濱田岳)に提案。

てん(葵わかな)は「わろてんか隊」の貢献が国から認められ、勲章を授与されることに。てんはみんなに感謝。社員たちはなぜか風太を胴上げして喜ぶ。

てんは「女太閤」と新聞記事のに載った。その知らせは隼也にも届く。

東京・内務省にて。伊能の映画は、接吻を連想する場面など12箇所をカットするよう指示される。自由恋愛は命を惜しまず戦う若者に悪影響だからだ。

キースの映画も公開直前に大幅な修正を要求された。恋愛映画を下劣だと見なす国に対し、伊能は修正を拒否。キースの映画も上映中止を選ぶ。

伊能商会の山下専務は社長に不満。新世紀キネマの工藤隆一郎(栗原英雄)に一人で会う。工藤に伊能社長のやり方は国の反感を買うと指摘され、早く手を打つよう言われる。

工藤は北村笑店にも提携を提案に行く。しかし、てんは伊能フィルムとの提携を守る。

しかし、てんは伊能が退職したと知る…。

【わろてんか】134話の感想

134話の感想①真田丸ファンがざわついた!?

第24週「見果てぬ夢」がスターする月曜日。

今回の134話は2016年の大河ドラマ「真田丸」ファンがざわつきました!

一体、どういうこと?

「叔父上」「信尹」「調略」「島左近」のワードを順に見ていきましょう。

134話の感想②叔父上(栗原英雄)が話題!

「叔父上」とは・・・

栗原英雄さんが演じた「真田丸」の真田 信尹(さなだ のぶただ)のこと。真田信繁(のちの幸村)の父・昌幸の弟。信繁の叔父さんですね。

信尹は、真田の分家として昌幸と別行動。徳川家康に仕えます。

石川数正が出奔し(しゅっぽん=脱藩して姿をくらますこと=ここでは徳川家から豊臣家へついたこと)、真田討伐が中止になった際、叔父上が数正を調略しました。(これは脚本家の創作のようです)

※「調略」とは政治的工作のことで、はかりごと、敵をまかしたり内通させたりすること。歴史用語のひとつ。

大坂の陣の際、徳川家康が信尹に命じたのも調略。「十万石で寝返れ」と豊臣方の真田信繁を誘います。ドラマでは叔父上が信繁に手紙を「読まんでいい」と言っていました。


「わろてんか」134話では新世紀キネマの工藤隆一郎社長を演じています。

伊能(高橋一生)社長の経営を危惧し、社長の座から降ろすよう山下専務を間接的な言葉で助言。これも調略の一種か。いわゆる、そそのかしていましたね。

134話の感想③「島左近」も登場!

「真田丸」では、石田三成の誠実な部下、島左近役を演じた玉置孝匡さん。

伊能商会専務・山下勝利を演じているのも玉置さんです。

「真田丸」関連で今でも盛り上がれるなんて、なんて愛されたドラマなのでしょう。

しかし134話ラストには見ていて「え!」と驚きました。電話で伊能が辞めたと知らされるてん。理由は明日!巧い演出でした。

関連記事:【わろてんか】全話あらすじと最終回ネタバレ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク