【相棒16】16話視聴率14.8%!幸子(鈴木杏樹)の恋に視聴者感涙!

2018年2月14日

相棒16第16話4
【相棒16】16話のあらすじと視聴率・感想!

国民的刑事ドラマ【相棒】シーズン16の16話が2月14日(水) に放送されました。

  • 幸子(鈴木杏樹)とデートをした烏丸(からすま)はなぜ、無関係な金融会社で乱闘騒ぎを?
  • 幸子が取った行動は?
  • 過去の呪縛が翻弄する大人の恋の行方とは!?
スポンサーリンク

【相棒16】16話の視聴率

相棒16第16話3

【相棒16】16話の視聴率は14.8%!

前回の拡大スペシャル16.9%から大幅ダウンとなりました。

【相棒16】16話のゲスト

池田成志(役:烏丸晃司)

guest16

烏丸晃司(からすま こうじ)…20年以上前に前科があるが、ボクサーとなる。日本チャンピオン前に引退した。

【相棒16】16話のスタッフ

脚本:真野勝成
監督:橋本一

【相棒16】16話のあらすじ

相棒16第16話2

第16話「さっちゃん」

消費者金融で乱闘騒ぎがあり、社員の男性一人が死亡。乱闘を仕掛けた烏丸(池田成志)という男が刺され、意識不明の重体に陥るという事件が発生した。烏丸は最近、花の里の常連客になり、幸子(鈴木杏樹)とも親しくしていた人物だった…。

事の発端は三週間前にさかのぼる。ふとしたことで幸子と知り合い、花の里に通うようになった烏丸。何者か気になった亘(反町隆史)が調べると、彼は元暴力団員で傷害の前科があると判明。

しかし、20年以上前に足を洗ってプロボクサーとして活躍し、引退後は肉体労働で汗を流しているという。幸子と烏丸が意識し合っていることを察した亘は、静観している右京(水谷豊)を尻目に、二人の仲を取り持つ。

そのデート中、チンピラとトラブルになった烏丸が逆上し、相手にけがを負わせてしまう騒動が起きて…!?

出典テレビ朝日

相棒16第16話1

【相棒16】16話のネタバレあらすじ

右京たちは真相を追う。状況から烏丸は冷静だった。靴があったため女性もいたと推理。事務員の上山来未には合わなかった。

元自衛官の赤城が死亡。葛西は剣道、八尋は空手

幸子は愛人の組の元構成員、田村と会った。

右京たちは現場の足跡から女性はバレエ経験者とにらむ。ラブリーファイナンスの顧客の中でバレエ経験者は渡辺真子だが、一足遅く、葛西たちに連れ去られた。

幸子は、烏丸を守るため、撮影現場へ拳銃を持ってのりこんだ。「本当のことを言えって!」

右京たちはがやってきた。モデルガンだった。…アダルト動画は渡辺真子も了解した合法だった。

幸子は、一生苦しめることになる、と説得すると渡辺真子は泣きついた。

実は、渡辺真子がビデオカメラの本体を持ち去った。そこには烏丸の正当防衛が証明される動画だった。

意識が回復した烏丸は、事件の日、幸子の言葉の意味を考えていた。そのとき金のためにアダルト作品に出る渡辺真子と幸子を重ねて、助けに入った。右京は、拳を使わず女性を助けたのは「ボクサーだった」と伝えた。右京は幸子に自分のせいで人を不幸にさせたなんて傲慢と諭す。

幸子は烏丸の面会に行った。「立ち続ける意味はあるよ。さっちゃん、ファイト」

右京たちは今日も花の里へ寄った…

【相棒16】16話の感想


相棒ファンが胸を撫で下ろした回となりました。

まさか泣かされるとは!

よかった、ほっとしたの声が多いのも納得の回でした。

Posted by Jima