ドラマ【遙かなる山の呼び声】のキャストとあらすじ!阿部寛、常盤貴子で高倉健の名作復活!

遥かなる山の呼び声

ドラマ【遙かなる山の呼び声】のキャストとあらすじ!

主演はドラマ・映画に主演を張る人気俳優・阿部寛、数々のヒロインを演じてきた常盤貴子

「男はつらいよ」の山田洋次監督が高倉健主演、倍賞千恵子ヒロインで撮った名作が38年ぶりに復活します。

オール北海道ロケで今秋放送のスペシャルドラマ「遥かなる山の呼び声」の基本情報、キャスト、あらすじをまとめます。

スポンサーリンク

ドラマ【遙かなる山の呼び声】の基本情報

放送予定:2018年秋・BSプレミアム(89分)

原作:山田洋次

脚本:山田洋次、坂口理子(映画「メアリと魔女の花」)

制作統括:出水有三(NHK)、亀井威(松竹)

演出:朝原雄三(映画「釣りバカ日誌」「武士の献立」)

撮影予定:5月~6月 ※オール北海道ロケ

ドラマ【遙かなる山の呼び声】のキャスト

阿部寛(役:田島耕作)

遥かなる阿部寛

(出典NHK

田島耕作…悲運な宿命を負った男

阿部寛(あべ ひろし)…1964年6月22日生まれ。1987年に映画『はいからさんが通る』で俳優デビュー。ドラマ『結婚できない男』『TRICK』『新参者』『下町ロケット』ほか多数主演。山田洋次映画のドラマ版では『幸福の黄色いハンカチ』(2011・日テレ)でも主演を務めた。

常盤貴子(役:風見民子)

遥かなる常盤

(出典NHK

風見民子…夫を失いながらも酪農に夢と生涯を掛ける女性

常盤貴子(ときわ たかこ)…1972年4月30日生まれ。20代は連ドラの女王と呼ばれるほど主演を数多く務めた。代表作にドラマ『愛していると言ってくれ』『ビューティフルライフ』『真昼の月』『最後の恋』などがある。

ドラマ【遙かなる山の呼び声】のあらすじ

そんな折、嵐の夜にバイクが故障して動かなくなり、風見牧場へ一晩の宿を求めに来た男(阿部寛)が民子の前に突然現れた。ぶっきら棒に男は言った・・「ここで働かせてください!」

ときは2018年春。

舞台は、北海道・東部に広がる根釧原野の酪農の町、中標津。

風見民子(常盤貴子)は、一人息子の武志(キャスト未定)を育てながら、亡き夫の残した土地で牛飼いをしている。

民子は夫がこだわり続けた完全放牧酪農を周囲の反対にも負けずに続けていた。

が、昨年、風見家は大幅な赤字へ転落した。今年は黒字が必達の課題。

しかし、民子をとりまく環境は厳しい。義父(キャスト不明)は持病が悪化し、主な労働役は民子ひとり。

そんなある日の激しい雨が降る嵐の夜。バイクが故障して動かなくなり、一人の男(阿部寛)が民子の家を訪れ、納屋に泊まっていった。その晩、牛のお産があり、男はそれを手伝うと、翌朝、去った。

・・・時が過ぎ。夏のある日、その男がまたやってきて、ぶっきら棒に働かせてくれというが!?

ドラマ【遙かなる山の呼び声】のみどころ

遥かなる山映画

日本映画の名作がテレビドラマとしてよみがえります。

主演の田島耕作役は、原作映画では名優・高倉健さんが演じました。

風見民子役は、倍賞千恵子さんが演じていました。

本ドラマは、名作映画のテーマを踏まえつつも、原作には無いキャラクターの登場や要素を加える予定だそうです。

武志役は、映画では吉岡秀隆さんでしたが、ドラマで誰が演じるかも注目。

東京オリンピックに向けて4K対応テレビも普及し始める中、本作は4Kの美しい映像で収録した大作感もみどころのひとつです。

※テレビドラマ版「遙かなる山の呼び声」は今秋放送!

Posted by Jima