【わろてんか】107回視聴率は21.1%で4連続大台!解散危機はてんの説明不足?

わろてんか107

【わろてんか】107回のあらすじと視聴率、感想まとめ!

葵わかな主演の大人気NHK朝ドラ。女興行師の企画としてリリコ(広瀬アリス)を売り出すが、四郎(松尾諭)と上手くいかなくて…

「最高のコンビ」の週タイトル通りの結末となるか。

【わろてんか】全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ! 葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説、愛称:朝ドラ【わろてんか】 …
スポンサーリンク

【わろてんか】107回の視聴率

【わろてんか】107回の視聴率は21.1%の高視聴率!

月曜から4日連続の21%台キープです。

「わろてんか」視聴率一覧、単日と週間の平均視聴率ランキング! NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、葵わかなさんがヒロインで、…

【わろてんか】107回のあらすじ

てん(葵わかな)は、リリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)に、四郎がしゃべらない漫才を提案をした。

しかしバカにされたと感じた四郎は大反対し、てんとの間に溝ができてしまう。

四郎はしゃべる練習に励む。翌日、てんは謝罪する。四郎はしゃべくり漫才の完成を約束する。

楓は、一人がしゃべらない台本に苦心するが、万丈目もそれは漫談だと一蹴する。

一方、隼也(成田凌)は売店の売上げを伸ばすために似顔絵入り饅頭をはじめ、アイデアを次々に考え、実行していく。

夜中まで練習する四郎に見かねた風太(濱田岳)は、おなごの道楽といわれるから自分に預けろ、とてんに意見する。しかし、てんはおトキとのケンカに夫婦漫才の魅力を再確認する。

てんはリリコに謝罪しつつ、真剣な気持ちであること、新しい漫才にかけたい思いを伝えた。リリコは了解して、四郎に相談する。

が、リリコにもバカにされたと感じた四郎。ついに解散を言い出して…

【わろてんか】107回の感想

【わろてんか】107回のまとめ

てんは、いい加減の気持ちではないのですけど、明らかに説明不足。

プレゼンが下手ともいえますね。

四郎に同情する視聴者も多数です。頑張ってますから。

努力と面白いは別ですけど…。

有働アナは「男って」と朝ドラ受けをしていましたが、四郎が頑なになるのも仕方ない?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク