【西郷どん】4話の視聴率は14.8%!斉彬様(渡辺謙)のお国入りのシーンは、もはや最終回!

【西郷どん】4話の視聴率は14.8%!斉彬様(渡辺謙)のお国入りのシーンは、もはや最終回!
出典:NHK

NHK大河ドラマ【西郷どん】4話のあらすじと視聴率!

前回は、お由羅騒動で赤山靱負(沢村一樹)に切腹が命じられるというまさかのラストとなりました。

4話は、斉彬(渡辺謙)のお国入りに感動が止まらない神回となりました!

スポンサーリンク

【西郷どん】4話の視聴率

【西郷どん】4話の視聴率は14.8%!斉彬様(渡辺謙)のお国入りのシーンは、もはや最終回!

【西郷どん】4話の視聴率は、14.8%!

3話の14.2%を上回る視聴率となりました!

出典:NHK ドラマ【西郷どん】全話視聴率と最終回ネタバレ! 三度結婚し二回島流しになるなど、謎多き男“西郷隆盛”を、林真理…

【西郷どん】4話のあらすじ

赤山(沢村一樹)の切腹が決まったと聞いた吉之助(鈴木亮平)と大久保ら仲間たちは、城に行き、久光(青木崇高)に切腹の取りやめてくれないかと頭を下げるも、自分には何もできないと取り合ってもらえない。

江戸では、由羅(小柳ルミ子)は妾の呪いだという瓦版が出回っていた。

半次郎が、西郷の元へやってきて、侍を辞めなくて済んだとお礼に芋を持って来る。

赤山の弟、歳貞(井戸田潤)から手紙を預かる吉兵衛。

明日、吉兵衛(風間杜夫)に介錯をお願いしたいという赤山からの手紙を受け取る。

赤山は吉之助たちを家に招き、昔話に花を咲かせたあと、立派な侍になってくれと思いを伝える。

吉之助が家に帰ると、吉兵衛が刀を振り、介錯の練習をしていた。

吉之助も立会いたいと願い出た翌日、赤山は切腹した。

「あの妾、決して許せんど」大切な人を失い、由羅を叩き斬るほど怒りに狂う吉之助を必死に止める吉兵衛。

粛清はまだ終わらず、大久保正助(瑛太)の父・次右衛門(平田満)も島流しの刑となり、正助も謹慎処分に。

斉彬に、赤山の血がついた服を送り、早く薩摩の藩主になってくれと助けを求める吉之助に応え、ついに立ち上がった斉彬。

斉興(鹿賀丈史)と話し合った後、どちらが藩主にふさわしいか天に委ねようと銃に弾を一発入れる。

先に斉彬が引き金を引き、弾は出ず。

斉興は引き金を引くことが出来ず、隠居することになった。

斉彬が藩主になったという知らせを聞き、泣いて喜ぶ吉之助と正助。

皆で、赤山の墓に手を合わす。

藩主として帰ってきた斉彬に、村人たちは喜びの雄叫びをあげるのだった!

【西郷どん】4話の感想

斉彬様が、新藩主としてお国入りするシーンに感動したという声が多くありました。

最終回といってもいいような感動が押し寄せました。

渡辺謙さんがまたカッコイイし、優しい。

子供が行列に飛び出してきても、「子は国の宝だ」という言葉を聞き、あのときの斉彬様のままだと安心した途端、涙がこぼれてました。

感動で震えることってあるんですね。

鳥肌が止まらない最高の回となりました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク